【エロRPGレビュー】NoTearsRebirth(製品版)

NoTearsRebirth
NoTearsRebirth[NoTearsRebirth] (DMMはこちら)

今回、体験版(終盤除く)と製品版では雰囲気が全く異なります。そのため、今回は体験版と製品版の感想を分けて掲載します。

ショタ勇者の純愛ハーレムRPG

異次元王(魔王ポジ)に攫われた王女を助けるためショタ勇者が義姉さんや主人公の事が好きな騎士団長(女)と共に冒険する物語。女の子がどんどん仲間になるハーレムものでいわゆる全年齢冒険RPG+エロの形態。そして作品テーマが「純愛」。純愛と聞くとエロが和姦で淡泊になる場合もあるのですが、本作はそんなエロ方面でもフェチを感じられるゲームです。というよりそこはかとなく香ばしいので和姦ゲーかどうかも不明。

イラストにどくアリスを起用し、おっぱいフェチの描写を強くアピールしながら和姦に関しても、特殊な前フリを入れるなどの工夫を感じられます。そして、最後に後述しますが純愛和姦の皮を被った別ゲーの可能性もありそうなんですよね。

序盤で義姉さんと騎士団長が仲間になり、城下町から出て冒険、そして途中からは変態貴族に売られようとしている女の子を助け出して仲間に。……と純愛ハーレムを築きつつあります。それぞれ主人公を想っているのは外から見ると丸わかりですが、そこまで仲間同士で喧嘩するわけでもなくわいわいと旅をしています。それぞれ個性的な性格で彼女達の会話テキストもコメディちっくで面白いゲームです。
NoTearsRebirth_仲間1 NoTearsRebirth_仲間2 NoTearsRebirth_仲間3 NoTearsRebirth_仲間4

街中や城、ダンジョンでも仲間達との交流やその他イベントが頻繁におきます。NPCの会話も一言会話ですが、風習に則た豆知識を教えてくれたりニヤっとすることもあり、しっかり考えて作っています。ダンジョンも適度な長さです。
NoTearsRebirth_モブ1 NoTearsRebirth_モブ2
▲女の子達に出会う前のNPC会話。住人の感情を感じさせつつ、プレイヤーにも情報をしっかりと与えてくれます。

また、単なる純愛で終わりそうにない点も気になります。「今後も出番がありそうな下衆兵士」「権力を盾にしてハーレムや悪政を行っていそうな下衆な王様」など。兵士も王様も妙に悪役用の個性を主張して性格付けしているんですよね。主人公以上に目立っています。
NoTearsRebirth_悪役1 NoTearsRebirth_悪役2 NoTearsRebirth_悪役3 NoTearsRebirth_悪役4
▲味方が敵の状況。これ、異次元王倒した後もイベントありそうですよね。

戦闘は主人公1人 Vs 複数モンスター。ですが仲間もパーティーにいる設定でランダムながら仲間が支援を行うことがあります。その効果はキャラによって異なりますが仲間のカットイン演出後に毎ターン回復&能力アップ、HP・MP全回復など絶大でな支援能力です。戦闘難易度はほど良いぐらいですが、敵シンボルが多く一度ぶつかると連続エンカウントになってしまう点とデフォ戦闘でテンポが悪い点は少々気になりました。
NoTearsRebirth_戦闘1 NoTearsRebirth_戦闘2
▲カットインが表示されたら勝ったも同然。

和姦だけど、おっぱいフェチを感じるCGやシチュにこだわったエッチ

でも、本作で評価したいのは実はエロ関連です。おそらくほぼ8割が和姦で、一部は軽度の凌辱あり。とにかくエロの導入が丁寧なことが挙げられます。

例えば騎士団長(女)が好きな兵士が主人公と共に旅立とうとする彼女をレイプするため、酒場で媚薬を混ぜて飲ませます。兵士がノリノリの言葉でエッチを働きはじめという前フリを酒場、酒場の裏、ゲスな兵士を交えて長文のドラマ展開をしてて、「これはやばい」感が非常に漂っています。そこで騎士団長も抵抗して難を逃れますが火照った身体はどうしようもなく主人公の元までよって……という素股イベントです。本番に移行する前に主人公が「こんな方法で処女を奪うわけには」と魔法で眠らせる紳士っぷりです。
NoTearsRebirth_媚薬1 NoTearsRebirth_媚薬2 NoTearsRebirth_媚薬3 NoTearsRebirth_媚薬4
▲実は後半のCGありイベントと同じくらいの長さで酒場での媚薬イベントが進みます。媚薬を飲むか飲まないか、こちらもCG無しなのに妙にエロいイベントでした。

他、奴隷商人が感情の薄い娘を金持ち貴族に売る時に貴族が胸をいじくったりして感情をむき出しにさせるような描写の後、主人公一行が助ける描写も。どちらも基本的に凌辱方面はCG無し(媚薬の方は主人公との方にCGあり)ですが、とにかく竿役のテキストがすっごいねちっこくて仲間になるキャラがヤラれちゃいそうって具合で興奮します。
NoTearsRebirth_奴隷1 NoTearsRebirth_奴隷2 NoTearsRebirth_奴隷3 NoTearsRebirth_奴隷4
▲いくら触られても無反応ですが、親を馬鹿にした途端に悔しそうな表情に。それを見た商人は……。CGもエロ立ち絵も無しのイベントですが、個人的には何故かシコかったです。

また、攫われた姫と通信するアイテムを主人公が所持しており、たまに姫側の状況を知ることができるのですが体験版範囲では姫が自前の傲慢さで魔族を困らせていました。
NoTearsRebirth_プリンセス1 NoTearsRebirth_プリンセス2
▲体験版範囲はギャグで済んでいますけど、これ製品版だと捕らわれ状態でエロシーンありそうですよね。

おっちょこちょいな魔族少女がモンスターを怒らせて股間を攻められるなどの内容があります。その一方でオナニーしている主人公を見てから興奮して主人公が捨てたティッシュを取り出しオナニーしてしまう義姉やスライムに胸を露出させられるラッキースケベなどハーレム主人公系のライトなエロが直々。
NoTearsRebirth_スライム1 NoTearsRebirth_スライム2 NoTearsRebirth_スライム3
▲このスライムハプニングはそのまま夜の主人公オナニーイベントに続きます。おかずはこれ。

NoTearsRebirth_エロ1
▲その他エッチイベント

あとハーレムものですが1人を除いて皆巨乳。そしてエロ関連はその乳にスポットを当てたCGが多くありました。角度による見え方や重力を意識した形など美乳巨乳系が好きな方のフェチ心をくすぐるCGです。個人的にはエロ関係の満足度が高いゲームです。

その他、主人公がいない間に女の人達が何をしているのかが分かるようなモードがありました。体験版では女同士でお風呂に入っているイベントがあります。これが製品版でどう生きてくるのか……。

最後に、たぶんその筋のジャンルが好きな方は気づくと思うのですが、実は全力で騙しが入っていて和姦の皮を被った別ジャンルのエロが仕込まれている可能性があります。そういう純愛もありますからね。実際は製品版をプレイしないことには分かりませんが先の読めない体験版です。ただし、恋愛ゲー特有のシチュとは異なったフェチを感じるゲームであることは確かです。

製品版世界へようこそ

さて、製品版ということで体験版からは心機一転、新しい大陸に渡るわけですが……なんか不穏な気配。ある程度体験版から、たぶんこういうエロなんだなと想像が付いていたためドキドキで進むと無人宿屋、部屋が4つ。そして1人1部屋で休むパーティーメンバー。ドキドキ。
NoTearsRebirth_製品版初期1 NoTearsRebirth_製品版初期2
▲ここまでは体験版のノリですが、

NoTearsRebirth_宿1
▲こんな展開になりました。
ということで本作は和姦の皮を被った凌辱寝取られゲームでした。タイトル「NoTearsRebirth」の大文字を切り取るとNTRなんですよね。体験版範囲で登場した下心満載で騎士を媚薬で犯そうとした兵士、ロリ娘をいたずらした成金親父も物語にバシバシと関わってきます。
NoTearsRebirth_悪役1 NoTearsRebirth_悪役2
▲ヒロイン2人と悪役が会話しています。さて、どう関わってくるのでしょうか。

製品版以後は体験版とはゲーム性を等しくしながらも物語の内容は一変し、各村やダンジョン内で主人公以外のヒロインが凌辱されることになります。そしてそれに主人公が気づくことはありません。冒険を進めるごとにヒロインはどんどん変化していってしまいます。
NoTearsRebirth_村1 NoTearsRebirth_村2 NoTearsRebirth_村3
▲いつも以上に主人公に抱き着くヒロイン。こういう些細な違和感を出しつつ、「善意で泊めてくれる村長」「近隣の盗賊」などもうフラグにしか見えないイベント群。

メインとなる寝取られヒロインは騎士と幼馴染みの2人。そして他の立ち絵ありキャラもシーン数が少ないながら他の男達の慰み者になっていきます。寝取られとしてはちょっと変わっていて「純愛」というコンセプトがあるため、ヒロインの心が主人公から離れることはありません。その変わりヒロインの身体は徹底的に汚され続けてしまう身の上になります。

なお、寝取られと書きましたが、寝取られに抵抗が無く、女の子が不幸になっていくシチュが好きな方にもお勧めしておきます。エロテキストは女の子主観のため、むしろこちら方面が好きな方向けのゲームかも。私も最初は寝取られ的な興奮にやられましたが後半になるとだんだん凌辱系でシコるように変化しました。

とことん救いが無い「BAD・END・SLAVES」にも似たような絶望感があります。あとジャンルが全く異なりますが、当サイトで感想を書いたゲームだと以下も女の子が壊れていく感覚や文章の書きかたに似た雰囲気があります。

【エロADV感想】アミィの催眠間違い探し(製品版)
エロADV「アミィの催眠間違い探し」の製品版感想です。特徴「女の子が自らの心を改変していく間違い探し」「眠っている主人公に対して行われるセクハラ」「セックス = 訓練? 常識改変された主人公の異常な日常」「百合、逆レイプ、NTR……催眠姦に関係のないシチュもマニアックな高品質さ」女の子が催眠によって堕ちていく様をじっくりネットリ描いたゲームです。

本作のテーマは「純愛」。他の男達に凌辱されながらも主人公を一途に想い続けることが一つのテーマとなっています。それはつまり、相手を好きになるという選択肢が無いということを意味します。そこは主人公を想いながらも違う男に犯され続ける地獄。

そして凌辱テキストがものすごく上手なんですよね。女への他の人にも相談できない逃げられないようにする追い詰め方、エッチへの恐怖を煽るようなセリフ、そしてもう二度と戻れないという絶望感、そういう心情や男への恐怖が女性視点から感情たっぷりに伝わってくるのです。相まってCGも女の子の恐怖が表情に滲み出ていて体験版範囲とは全く異なってきます。感情が麻痺して消える表情、嫌だけど逃げられない嫌悪感これらがCGからも一発で伝わってきます。
NoTearsRebirth_宿2 NoTearsRebirth_宿3 NoTearsRebirth_宿4 NoTearsRebirth_宿5
▲上記宿での凌辱シーンの他差分。女の子の嫌がる表情が本作でしか見られないような独特さ。

NoTearsRebirth_キャラ1 NoTearsRebirth_キャラ2
▲サブキャラも活躍します。ちゃんと寝取られますがちょっと分量が少なく急展開で進みます。どちらのキャラも良キャラだけにメイン2人と同じくじっくり堕とされる過程が見たかったのでちょっと残念。

二重にも三重にも施した不意打ちでのシコリティ高し

「寝取られ」というジャンルは不意打ちに極度の興奮を与えるという性質があります(寝取られに限ったことではありませんが)。そのため、第一の仕掛けは上述の通り、一見和姦ハーレムゲーという印象を持たせた本作の実態が寝取られだったという展開です。体験版範囲である程度匂わせているため、どっちなんだ?という状態からいきなり凌辱が始まる不意打ちはシコネタとして高いものがあります。

そして体験版範囲で彼女達の性格描写はしっかりできているので、主人公ヒロイン含めて幸せ状態から絶望に落とす落差をしっかりと表現できています。そこからセックスまで至らなくても胸や口で凌辱され続け、そして内容はどんどん過激になっていき……。並行して主人公の冒険中、遠隔で覗けるオーブを確認すると姫もどんどん凌辱が進んでしまいます。

このような不意打ちをゲーム中にいくつか仕込んでいます。例えば主人公が知らない彼女達に何があったか見るオーブ。無理に倒さなくてもよい強ボスを倒すことで入手しアイテム欄から調べることで閲覧が可能ですが内容は衝撃的です。普通のメインシナリオ中に女の子が凌辱されて、「もうプレイヤーのライフはゼロよ」という状態なのに、さらにそれを上回る状態の凌辱劇が行われます。
NoTearsRebirth_秘密
▲本作で衝撃を作る仕掛けの多くは、女の子が知らない間に凌辱側が過去に何かしら罠を仕掛けていることです。ある日、その罠が急に発動してしまいます。オーブで閲覧可能なイベント以外にもこういう展開がいくつもあります。

欠点は難易度が低いことによる弊害だけど、この強ボスが弱すぎて簡単にオーブを入手できてしまうことかな。これからプレイする方に助言しておくと、パーティーメンバーが手分けして情報を集める町があるので、そこに至るまで見ないことをお勧めします。
NoTearsRebirth_オーブ1 NoTearsRebirth_オーブ2
▲メインイベントで戦うボスと同グラで強化された敵がオーブを守っています。

最後の町まではRPGですが、最後の町はほぼツクールらしい歩行キャラの動きも利用したノベルパートになります。メンバーが個別に分かれてそれぞれのエピソードが少しづつ語られていきます。RPGパートでRPGらしいエロシチュを見せた後で今度はノベルという形式で連続的に見せるエロ、マンネリ化が無く楽しめます。各キャラのエピソードが全て終了すると、各キャラの主人公への想いがわかるような過去話の日記が読めます。敢えて最後に見せることで涙を誘ってきます。

このノベルパートがまた、驚きの連続です。なんというか、この作者さんが作るシチュ、他ではあまり見る事ができないような斬新なシチュが多く含まれています。言葉だけで言えば「催眠・淫紋・操り……etc」と簡単に書けるのですが、実際はもっと衝撃的なエロシチュと驚きの連続で凌辱系が好きならシコリティは強いものでしょう。どこまで女の子が堕とされるかはDLSITE上の本作につけられているタグを見ればある程度想像がつくと思います。(厳密にはそれよりさらに先がありますが)

NoTearsRebirth_フレア1 NoTearsRebirth_フレア2
▲ヒロインは主人公を想いつつもどんどん堕ちてしまうのに主人公は全然気づかない、そんな寝取られ&凌辱シーンが満載です。

シナリオ上も、この悪役と別の悪役2人はこんな関係だった、悪役どうしの寝取られシナリオの真相など隠されたネタが後からどんどん判明してきます。ただ、いくつか解明されていない伏線もあります。そして最後の町でのイベント後衝撃のラストダンジョンへ。
NoTearsRebirth_決戦1 NoTearsRebirth_決戦2
▲何故か仲間達がいないのですが、仲間達を危機に晒すまいと一人最終決戦へ。

プレイ時間は4時間、回想は幼馴染み:10、騎士:8、ぺったん娘:2、王女:5、魔族:4の計29です。1つ1つのエロシーンはかなり長め。とにかく竿役が強烈な個性を放っているため凌辱され追い詰められていく感覚がじっくりときます。主人公を愛しながらも、主人公が彼女らを仲間と思いつつもどんどん彼女達は堕ちていってしまいます。悲劇の連続で精神が擦り減りながらも、プレイ中の興奮度はそれはもう高くエロ的に先が気になってプレイしていました。ちなみに、これでもかなりネタバレしないように感想を書いています。プレイするとエロ的にも驚いてシコってしまう展開がいくつもあると思いますよ。

購入はこちらから
DLSITE:NoTearsRebirth
DMM:NoTearsRebirth

DLSITE24時間ランキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする