【エロRPG感想】蒸気都市の探偵少女(製品版)

蒸気都市の探偵少女_男湯2 エロRPG

蒸気都市の探偵少女_タイトル
蒸気都市の探偵少女[クリメニア]

攻略は以下のページに記載しています。

「蒸気都市の探偵少女」の攻略
「蒸気都市の探偵少女」の攻略ページです。メインイベント、サブイベントのフローチャート、スキル・ガジェット、回想回収などの説明をしています。

魔改造した19世紀ヨーロッパを舞台にした探偵少女のフリーシナリオ型ミステリー

架空の19~20世紀、電気の代わりに蒸気の力で産業革命が進んだ蒸気都市ロンドン、有名な探偵の娘であるソフィーは親が植民地の遺跡調査のため海外主張中に名を上げるため、事件の解決に向けて動き出します。本作はソフィーとなって、ロンドン市内を探索して事件を解決するゲーム。様々な依頼を解決して評価を上げる探偵業と警察からの依頼を受けて大きな事件を追う警察ルート、スラム地区で対立する2組織の抗争に介入するギャングルートに分かれます。
蒸気都市の探偵少女_オープニング1 蒸気都市の探偵少女_オープニング2

スチームパンクな世界観を根本から丁寧に作っており、特に19世紀ヨーロッパの政治情勢・文化・世情は相当下調べをした形跡があります。「電気」→「蒸気」の違いでファンタジーを出しつつ、町マップや室内、調度品などの小物、歩行キャラからテキストの用語までアンティーク・ビンティージな雰囲気の世界観が整っています。町マップは広めですが、屋内・ダンジョンの通常ダッシュと比較して2倍以上の超速ダッシュで移動に不便はありません。

前作に比べてエロボーリュームが多少減っていますが、代わりに雰囲気に関する作り込みは徹底しており、工数は前作以上にかかっていると思わせるほどの丁寧な作り。
蒸気都市の探偵少女_世界観1 蒸気都市の探偵少女_世界観2 蒸気都市の探偵少女_世界観3 蒸気都市の探偵少女_世界観4
▲相当に時代考証をして世界観設定を練りやをしたと思われるテキストが次々と出てきます。

蒸気都市の探偵少女_マップ 蒸気都市の探偵少女_マップ4

主人公のソフィーは、エロRPGものとしては珍しく中性っぽい言動や服装をしており、髪もショートカット。裸になると貧乳であることも併せて男に見える女性として描かれています。綺麗に整った髪形のおしゃれさ、服装の清潔さでファッションセンスがあり、モデルっぽさもあります。中世っぽいエロさが前面に出ています。シャーロック・ホームズのように、依頼を受けた時に服装や挙動から相手の依頼を推測したり、冷静に相手を観察する能力、時に皮肉ったセリフを喋ります。

話はソフィーの事務所に届く様々な依頼を受ける形のミニフリーシナリオ形式です。依頼は館での殺人事件、行方不明になった娼館の娼婦、詐欺師の逮捕、決闘をする二人の仲介、囚人を虐待している疑いのある刑務所の潜入調査などなど。依頼内容は、単純なお手伝い系も含めてどれも世界観を大切にしています。

科学が発達した現実の19世紀欧とは異なる点も興味深くて、魔改造した機械が登場することもあります。また、各依頼の依頼者や関係者にも個性があり、事務的なイベントが一つもありません。魔改造ヨーロッパらしい変な発明をしている男性、童貞をこじらせた男、男のおしっこを飲むのが好きな女性などなど、クレイジーな野郎から変態女まで様々。
蒸気都市の探偵少女_依頼1 蒸気都市の探偵少女_依頼2 蒸気都市の探偵少女_依頼3 蒸気都市の探偵少女_依頼4
▲全ての依頼に、そのスチーム世界で生きる人々の軽めのドラマがあります。

また、着かず離れずの尾行ミッション、聞き込み捜査、屋敷内の調査など、事件ごとに異なるプレイヤーインタラクティブなミニゲームが用意されています。簡単にクリアできるけど、わざとミスもできる点が大事。実際にミニゲームの結果で成否が変わり、一部のミニゲームはエロイベントとの融合も果たしています。

メインイベントは、警察のお手伝いとして探偵にはお約束の怪盗と対立する話。通常の依頼に紛れて警察依頼が舞い込むキャンペーンシナリオです。各依頼の達成手段で成否が分かれ、奪う・奪われるの攻防が描かれます。選択肢やミニゲームの結果で成否が判定されるため、シナリオ上で負けがあることも特徴。最終的に警察ルート結末に向けて一気に話が進みます。小綺麗な小プロットですが、一つの大きな事件が綺麗にまとまっており、プロットを練ったと感じられるシナリオが楽しめます。
蒸気都市の探偵少女_怪盗1 蒸気都市の探偵少女_怪盗2 蒸気都市の探偵少女_怪盗3
▲他の依頼と比べて、1つの依頼が長く、ミニゲームも多数あります。ソフィーと彼女との裏の読み合いも面白い。

一方のギャングルートは純粋なダンジョン攻略。スラムの各地点を順々に制圧すると話が進みます。ただし、こちらは最終編を除いてシナリオ関係は最小限、ダンジョン探索に特化しています。特徴は雑魚戦を全て行うとボス戦時に瀕死でまともに戦えなくなるバランスであること。

ここで生きてくるのが自称探偵であるソフィーが持つ「話術」「探知」「解錠」「隠密」「医療」「誘惑」からなる6つの特殊スキルと3つのガジェット。通常の依頼でも「探知」で重要物を発見したり、「解錠」で普通は開けられない扉を開けたり、特定スキルが一定以上あると追加選択肢が現れたりと活躍します。
蒸気都市の探偵少女_ワイヤー1 蒸気都市の探偵少女_ワイヤー2
▲ワイヤーによる高所移動。ツクール的には特定場所でスルーっとジャンプするだけの単純な挙動ですが、実際に自分で操作する気持ちがよかったりします。
蒸気都市の探偵少女_暗視 蒸気都市の探偵少女_暗視ゴーグル2
▲視界が狭い地下ダンジョン。レベルが1つ上がるだけで一気に見やすくなります。
蒸気都市の探偵少女_ガジェット担当
▲ガジェットをパワーアップしてくれる女性。

ギャングルート方面では専ら戦闘回避のために使います。ワイヤーを使ってスルーとビルの上に登って隣の華麗にジャンプ、解錠できる扉を開けるなどのショートカット、隠密を取得して敵の後ろから一撃必殺、はてまた話術や誘惑を駆使して戦闘回避などなど。プレイヤーが好みで覚えたスキルやガジェットによって柔軟に攻略方法も変化します。
蒸気都市の探偵少女_スラム3 蒸気都市の探偵少女_世界観4
▲推理は終盤以外特に無く、力業に頼った暴力と硝煙のギャングルート。探偵って何?という疑問が常につきまといます。個人的にはこちらのシナリオも練ってほしかったけど、さすがに製作期間的には厳しいかな。

また、ギャングルートと警察ルートはある程度独立していますが、クリアには交互に平行して進める必要があります。探偵依頼、スラム解放を含めたクリア依頼数により、スキルを覚えるためのポイント増加があり、さらに依頼達成数で商店で売る新たな装備品が増えること。ギャングルートのみだと装備が不十分になり、探偵ルートだけだとスキルが不十分で選べない選択肢が出ます。

推理ミステリーと融合した中性的な女性の恥辱シチュ

エロ方面は、今回シナリオとの融合具合が上手いなと感じます。特に、推理や証拠集め中で自分の身体を使ったり、その依頼に登場する女性がエロに巻き込まれたり。エロ+ミステリーに焦点を当てた作品と言えます。

ソフィーの中性らしさを意識した構図やシチュが多く、「男装が好き!」、「男か女かよく分からないけど、よく見たら女性だった」みたいな性癖にはドストライクです。骨が見えそうなほど細い身体にAカップ(構図によってはAAAカップにも見える)のお胸、オシャレに決めた髪形。クリメニアの過去作から見ても特殊な主人公(ファッションセンスがオシャレな点は共通しています)。

自分の身体を使ったシチュは、男湯に逃げた犯人を捕まえるため、男のフリをして男湯に侵入したり、刑務所の犯罪捜査のため、わざと隙を見せて囮捜査をしたり。その他、睡眠姦、ヌード撮影、箱の中は何かなマジックショー、調教クラブに侵入など。スラム方面では雑魚・ボス敗北や誘惑など。少々マニアックなものとしては、(主人公が望んで)全身に尿を浴びたり飲んだりするシチュがあります。
蒸気都市の探偵少女_ミニゲーム1 蒸気都市の探偵少女_ミニゲーム2 蒸気都市の探偵少女_囚人エロ1 蒸気都市の探偵少女_囚人エロ2
▲虜囚の身で衛兵の命令に従わなかった場合、人権侵害が著しい罰を受けるソフィー。この時、わざと従わない選択肢をしなければイベントは発生しません。
蒸気都市の探偵少女_男湯1 蒸気都市の探偵少女_男湯2
▲捜査中に風呂まで逃げ込まれたために取った手は…。この後からは事件に関係無く男湯に入ることができるあたり、ソフィーには元々才能があったのでしょうね。

蒸気都市の探偵少女_レイプ1 蒸気都市の探偵少女_レイプ2
▲戦闘での処女喪失ってエロRPGの定番ですが、淫乱度(理性度)が減っていない状態からはクリメニアRPGでは珍しい気が。

もちろんクリメニア恒例、3~4の段階差分となっています。ほとんどのエロイベントは最初の1段階目が依頼から派生し、2段階目以降は淫乱度に該当する値によって新たに発生。解決に全ての段階を経ないといけない依頼もあれば、クリア後にその快感を忘れられず、自ら2段階目以降を発生させに行く場合もあります。最初は無関心だけど仕方ないから程度のエッチだったのに、最後は積極的に精を受けて堕ちそうになる場面も。

蒸気都市の探偵少女_立ち絵エロ
▲過去作と比べると現在のシーン数は少ないのですが、後半は立ち絵エロのミニイベントも増え始めます。

また、常にクールさを出そうとしており、エッチした後も何でもない、ちょっと痛かったなぐらいのセリフを吐きます。(プレイヤーから見ると不自然さがあるけど、それが良い)。淫乱度が高くなると、平気で淫語を含む、それでいてクールなセリフを吐くため、こちらも個性的。
蒸気都市の探偵少女_クールセリフ
▲軽い出来事だったかのように振る舞います。最初は事後エロがあまり感じられずあれっと思いましたが、淫乱になってからのギャップが本番ですね。

サブキャラに関しては、館殺人事件では推理ものの定番で、犯人の自供で被害者と売春関係にあり脅されたことを自供します。失踪した娼婦を捜索したソフィーは監禁強姦されている娼婦を目撃します。この他、立ち絵ありのサブキャラ(怪盗とソフィーのガジェットを強化してくれる女性)に関していくつかエロシーンがあります。シチュ数は少ないのでおまけに近いのですが、この世界を端的に表しているシチュです。
蒸気都市の探偵少女_町_メイド1 蒸気都市の探偵少女_町_メイド2
▲館の主人にお金と引き換えとして身体を求められるメイドの回想。いわゆる探偵もので言う犯人の自白場面で描写されます。
蒸気都市の探偵少女_下水道監禁1 蒸気都市の探偵少女_下水道監禁2
▲失踪した娼婦を発見した時の状況。

プレイ時間は6時間ほど。回想は段階基本12(含めて40)、単発3、立ち絵エロ単発12、サブキャラ7の計62です。私のプレイしたソフィーも最後には男にセックスを強請る女性に変わっていますが、それを差し引いてもかっこいい女性らしさがあります。前作も含め、近年のクリメニア女性主人公は、性的には恥辱に貶められ男に媚び捲りですが、生き方やエッチ以外の方面は独り立ちした女らしいかっこ良さを追求しているように感じます。

購入はこちら
FANZA:蒸気都市の探偵少女

攻略ページはこちら

「蒸気都市の探偵少女」の攻略
「蒸気都市の探偵少女」の攻略ページです。メインイベント、サブイベントのフローチャート、スキル・ガジェット、回想回収などの説明をしています。

クリメニアの他作品感想はこちら

【エロRPGレビュー】民間正義会社2(製品版)
民間正義会社2 (FANZAはこちら) 以前、クリメニアはヒロインが悪の組織と戦ういわゆる変身ヒロインアニメもの、そして簡易的なヒロイン会社運営SLGを取り入れたエロRPGとしては異色のゲームを発売していました。「民間正義会社」で...

他サークルの19世紀ヨーロッパ魔改造作品

【エロADV感想】VOYAGE-崇高を俯瞰するための手引-(製品版)
架空のスチームパンク感溢れる架空の19世紀ヨーロッパを舞台に、自動人形の女の子がダークメルヘンな童話の世界に入り物語を改変するツクール製ノベルゲーム「VOYAGE-崇高を俯瞰するための手引- / スレイヴ・カンパニー」の製品版感想です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました