かなちゃんは魔法少女~もしも変身シーンを見られたら~(体験版感想)

かなちゃんは魔法少女~もしも変身シーンを見られたら~_学校3 体験版感想(スクショあり)

かなちゃんは魔法少女~もしも変身シーンを見られたら~_タイトル
かなちゃんは魔法少女~もしも変身シーンを見られたら~[ESORA-T]

ツクール製の魔法少女変身パズルアクションゲームです。魔法少女といっても変身姿は何故か浴衣(作中主人公もツッコミ)。怪獣が出現したら変身する必要があるのだけど、「魔法少女は正体がバレると不味い→変身を見られてはいけない」ため、人から隠れて変身します。具体的にはマップで歩行キャラが特定規則に従って動いているので、一定距離を離れてから変身します。あくまで変身に主軸をおいたアクションであり、変身後は勝手に怪獣を倒してクリア。

前作として「ちえちゃんは魔法少女」をフリーゲームとして公開しており、その正当続編となります。アクションパズルのルールについては前作の感想を参考に。

主人公がちえちゃんからかなちゃんに変更、お供のマスコットも新キャラとなったためやり取りは全く異なる内容になります。かなちゃんの立ち絵パターンが多く、会話のたびにクルクルと入れ替わります。前作ではチュートリアル的なイベントのみだったメインシナリオも、立ち絵とコメディさを強め、一本道のシナリオとして用意。テキスト量はアクションに配慮して控えめだけど、物語性やかなちゃんと妖精のやり取りなどクスっとなる話を楽しめます。良いスパイス。
かなちゃんは魔法少女~もしも変身シーンを見られたら~_オープニング1 かなちゃんは魔法少女~もしも変身シーンを見られたら~_オープニング2 かなちゃんは魔法少女~もしも変身シーンを見られたら~_オープニング3 かなちゃんは魔法少女~もしも変身シーンを見られたら~_オープニング4 かなちゃんは魔法少女~もしも変身シーンを見られたら~_オープニング5 かなちゃんは魔法少女~もしも変身シーンを見られたら~_オープニング6
▲オープニング、立ち絵が大胆に変化しており、見ているだけでも楽しめます。
かなちゃんは魔法少女~もしも変身シーンを見られたら~_変身1 かなちゃんは魔法少女~もしも変身シーンを見られたら~_変身2 かなちゃんは魔法少女~もしも変身シーンを見られたら~_変身3 かなちゃんは魔法少女~もしも変身シーンを見られたら~_変身4
▲ヘンシーン。通常ステージの敵は変身さえしてしまえば瞬殺。
かなちゃんは魔法少女~もしも変身シーンを見られたら~_身バレ1 かなちゃんは魔法少女~もしも変身シーンを見られたら~_身バレ2 かなちゃんは魔法少女~もしも変身シーンを見られたら~_身バレ3
▲変身がバレると脅されてしまいます。
かなちゃんは魔法少女~もしも変身シーンを見られたら~_選択
▲前作はエリア→ステージとカテゴリ化しており、内容が見やすくなったステージ選択画面
かなちゃんは魔法少女~もしも変身シーンを見られたら~_一般
▲エロに関係ない部分でもかっこいいCGがあります。

パズルのルールは体験版範囲では前作と同一。相変わらず敵シンボルに見つからないように変身。チュートリアル以外は新ステージであり、ギミックは前作と異なります。エリア1の後半に出現する獣のような怪人は固定方向を動きますが、主人公を見ると突進。新たに「体力」パラメータが追加され、0になってもゲームオーバーとなります。
かなちゃんは魔法少女~もしも変身シーンを見られたら~_獣1 かなちゃんは魔法少女~もしも変身シーンを見られたら~_獣2
▲獣によるタックル攻撃。
かなちゃんは魔法少女~もしも変身シーンを見られたら~_獣3
▲ステージにも工夫があり、このステージは時間が進むごとに巣から獣が出てきてどんどん不利になっていきます。

エリア2は前作では舞台とならなかった学校の廊下。生徒シンボルが廊下隅や教室から一定時間ごとに出てきて、特定の方向に移動する挙動を示します。
かなちゃんは魔法少女~もしも変身シーンを見られたら~_学校4

そして、一番の本作独自となるのはボス戦。前作は省かれた怪人戦も本作ではエリアの最終ステージにボスを用意しています(相変わらず雑魚戦はショートカット)。ステージ2は海のタコ触手が前方から迫ってくる中、シューティングのような前方扇状での射撃攻撃でボスの体力を減らします。

その後、体験版ではステージ3~6までのボス戦で核となるシステムを紹介しています(ほとんどデモであり、ステージのレベルデザインそのものはまだ練られていません)。ステージ3も射撃攻撃ですが、ボス前に手下の敵シンボルが立ちふさがり、下方に向かってきます。接触するとダメージの他、シンボルに当たった射撃は無効化します。
かなちゃんは魔法少女~もしも変身シーンを見られたら~_ステージ3

ステージ5は下から敵が迫ってくる中、上へ上へと逃げる、体験版唯一のスクロールイベント。
かなちゃんは魔法少女~もしも変身シーンを見られたら~_ステージ5

このように各ステージで緩急や特色を付けており、発想を公開するのみで物足りなさのある前作の問題点を克服しています。まず、アクションパズルとして普通に楽しめそうであることは一つの重要な点であると思います。公証では、「60ステージ以上、且つ高難易度の裏ステージもあり」となっています。
かなちゃんは魔法少女~もしも変身シーンを見られたら~_プール1 かなちゃんは魔法少女~もしも変身シーンを見られたら~_プール2
▲ステージ2ボスの裏ステージ。大量の触手で動きが制限される中でボスにダメージを与えていきます。

前作との大きな違いは敗北後のゲームオーバーが、18禁エロの追加とその後もナリオが継続してゲームが続くこと。そのため、悲惨なゲームオーバーよりも境遇や精神的リョナ度はマイルドになっています(それだけ前作は全年齢で濃いリョナを提供していた裏返しでもあるのですが)。
かなちゃんは魔法少女~もしも変身シーンを見られたら~_前作
▲前作のワンショット。全年齢ですが、精神的リョナ全開です。興味が出てきた方はフリーゲームなので前作も是非。

敗北バッドは前作と同じく各エリアにて、「変身中に見つかる」「時間制限で強制的に変身して見つかる」に加え「体力が無くなる」のうちから2つ抜粋して2種のエロシーンがあります。(エリア1はステージ5以上以下で内容が変わるので実質4)。

一般ステージ系(エリア1の前半部とエリア2)は「変身中に見つかった」場合が3,4段階差分。最初は手コキまでで終わって助けがくる等ですが、だんだん過激になっていくようになります。そして最終段階で処女喪失。対して時間制限オーバーの強制変身やボス戦は段階差分無しで一発で処女喪失。単純に考えると一般ステージだと3,4回目までは失敗を認めますというゲームデザインです。また、凌辱されるたびに受精カウントがたまり、最大値(5)になると何らかのイベントが発生するようです(体験版では省略)。

内容は1ステージ目前半が、おじさんに見つかってバラさない代わりに身体を触らせろとの要求を飲むことに。内容は凌辱ですが、精神的に攻めたてるようなテキストが特色。手コキ→フェラと段階を経るごとにエスカレートする内容に恐怖を覚えつつ最終段階ではセックスまで至ります。テキスト関係の煽り方が上手く、未知の行為を強制的に行われる恐怖が直に伝わってきます。
かなちゃんは魔法少女~もしも変身シーンを見られたら~_表情1 かなちゃんは魔法少女~もしも変身シーンを見られたら~_表情2 かなちゃんは魔法少女~もしも変身シーンを見られたら~_表情3 かなちゃんは魔法少女~もしも変身シーンを見られたら~_表情4
▲表情差分もこの通り。この嫌がる表情はリョナ関係の方に突き刺さりそう。
かなちゃんは魔法少女~もしも変身シーンを見られたら~_エロ前後シーン1 かなちゃんは魔法少女~もしも変身シーンを見られたら~_エロ前後シーン2
▲上記イベントは第一段階ですが、この前後に1,2枚目が挟まって計3枚を使って進みます。第一段階から豪華。
かなちゃんは魔法少女~もしも変身シーンを見られたら~_犯す1 かなちゃんは魔法少女~もしも変身シーンを見られたら~_犯す2 かなちゃんは魔法少女~もしも変身シーンを見られたら~_犯す3 かなちゃんは魔法少女~もしも変身シーンを見られたら~_犯す4
▲そして最終段階では、このように無残に。こちらも表情が恥辱系ではあまり見ないガチです。

相反して2ステージ目は学内で大人しめの男子生徒に見つかった内容。ちょっとだけ触らせてとお願いされ、少しずづ段階を経て触る内容が変化して最後には……との内容。こちらは正反対で、かなちゃんも相手もドギマギしながらの和姦っぽいロリショタ系。
かなちゃんは魔法少女~もしも変身シーンを見られたら~_学校1 かなちゃんは魔法少女~もしも変身シーンを見られたら~_学校2 かなちゃんは魔法少女~もしも変身シーンを見られたら~_学校3
▲1段階目はハグで2段階目は胸モミモミ。お互いが意識して……と脅されている関係だけど、お互いに初々しさがあるシーンです。ステージ2はプールに怪人が出たとのことで、水着+上着の立ち絵。こちらも何枚か立ち絵が変化します。

イベントによって、処女・非処女、保険知識、ち〇こ知識などが変化しますが、体験版範囲だけで一番淫乱状態になります。ただし、オプション方式であり、序盤以外はプレイヤーの気分次第でいつでも状態を変えられます。ある意味時系列的な矛盾は出ますが、処女喪失が好きなプレイヤーが常に処女を選択するなどのプレイも可能です。
かなちゃんは魔法少女~もしも変身シーンを見られたら~_騎常位1 かなちゃんは魔法少女~もしも変身シーンを見られたら~_騎常位2 かなちゃんは魔法少女~もしも変身シーンを見られたら~_騎常位3
▲脅されて筆おろし場面。例えばこの文言、淫乱ステータスが無知関係に割り振っていると、知らないから知っているフリをして聞く場面になります。ところが経験豊富だと、男子をからかう意味で聞いています。同じ文だけど前後の文脈によって意味合いが変化。逆レイプ風味ですな。実は一番のお気に入り。

また、今回もバッドエンドにて、魔法少女とは何か、怪人の目的は?などの世界観に関する内容が分かってくる仕掛けが施されています。例えばある人間はかなちゃんを凌辱する際に怪人から貰った力を使ってスライムとなります。つまり「怪人は人間の協力を得ている」「人間に力を与えている」ことがわかります。
かなちゃんは魔法少女~もしも変身シーンを見られたら~_スライム1 かなちゃんは魔法少女~もしも変身シーンを見られたら~_スライム2 かなちゃんは魔法少女~もしも変身シーンを見られたら~_スライム3
▲単純にスライム姦として楽しむもよし、怪人の背景を探るもよし。

パズル系統は前作の面白さを維持しつつ、通常クリアは良問をそして、クリア後は高難易度を楽しめることが予想できます。また、エロシーンもCG差分やテキスト分量が多く、体験版でも掲載した以外にもエロシーンは計6(うち2つは3,4差分)あります。エロ方面にもウェイトを大きく割り振っている作品です。エロ系の恐怖を煽る表情やテキストは凌辱リョナ系好きには突き刺さると思います。私個人はロリショタ系も微笑ましくて好きでした。

予約はこちら
DLSITE:かなちゃんは魔法少女~もしも変身シーンを見られたら~

コメント

タイトルとURLをコピーしました