リリアクエスト(体験版簡易感想)

リリアクエスト
リリアクエスト[鈴屋] (DMMはこちら)
借金のため娼婦として働くことになったリリアが遠く離れた帝国までデリバリーすることになりました。帝国までの旅費は売春で稼ぎながら帝都に向かって冒険するRPGです。

冒頭で涙ながら家族に売られて娼婦業に身を寄せることになるのですが、1年後、噛み癖がありフェラをするとチンポを噛んでしまう駄目娼婦に化けました。娼館がある町の人々も彼女の噛み癖はご存知のようで、噛まないでと言いながらも彼女の人柄故か愛されています。冒頭からギャグコメディが混ざったようなノリで最後まで続きます。

戦闘はフィールドでの敵接触。また、敵の数も多くないためほとんど戦闘はありません。敵を倒しても経験値、ゴールドはありませんが、町の人達との会話が中心となります。娼婦業を行うことでゴールドを入手する他、娼婦レベルが増加し、それに伴って体力増加などの恩恵があるようです。つまり、戦闘はあくまでRPG的な雰囲気を出すためのおまけ要素として徹しています。また、各町の宿屋では場所代を払って娼婦業を営むなどメインは「冒険をしながらの娼婦巡業」が前面に出ています。

体験版だけでも町の数は5つ、ダンジョン1つ(イベントダンジョンで戦闘無し)、各町では娼婦業を初めメインイベントがあります。戦闘がメインでないだけで、町イベントに関してはしっかり中編RPGのそれです。また、出会いと別れのようなものも意識しており各町で一時的に仲間になるような立ち絵ありキャラも。戦闘方面での手助けはありませんが、イベントではがっつりと仲間も活躍します

忍者見習いの女の子と試験を受けるために盗賊のアジトに潜入したり、力自慢の女の子と共に遺跡で魔物を倒したりと何故か娼婦と関係の無いイベントも盛りだくさん。でも色仕掛けであったり、オナニーであったりと娼婦らしい解決方法を見つけます。終始コメディ全開でエロを使ったお笑いがテーマにありそうです。町の人達との会話も面白いし、とあるイベントで服を盗まれて全裸になった際などは、全裸で移動できる全ての町でNPCの反応が変化します。中には全裸専用のレイプイベントなども(お金を払わない同意のないエッチ = レイプ)。あわせて主人公の娼婦としての成長もテーマの1つとして盛り込まれているため、終盤はシリアスな何かがありそう。

エッチ関係は力技による基本CG130枚を使った1シーンでの基本CGの多用。例えば上記盗賊アジトイベントでは娼婦として親分とエッチするのですが、アナル舐めからセックス、そしてフェラと連続でイベントが進行。フェラ・噛み癖と聞いてお察しの展開もあります。これだけで5,6枚の基本CGを惜しげも無く利用。他、エッチとしては宿屋での娼婦エッチ、パイズリ小屋、膣オナニーで地面から抜ける聖剣などがあります。

おとなの遊びの開拓者」や、「ランジェリカ Vol.1 ~パンティーの冒険~」もそうですが、今回のようなエロを含めたバカゲーはもっと人気になってほしいと個人的には思います。今のところ3作とも100DL以下なんですよね……。

DLSITE24時間ランキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする