【エロRPGレビュー】状態異常 =Abnormal Condition= ~淫紋/禁書/寄生蟲編~

状態異常 =Abnormal Condition= ~淫紋/禁書/寄生蟲編~_ゲームオーバーエロRPG


状態異常 =Abnormal Condition= ~淫紋/禁書/寄生蟲編~[オクトピグ]

状態異常バッドエンドに特化したエロRPG。本編では「淫紋・禁書・寄生蟲」の3種だが、催眠系シチュで言い直すと「発情」、「肉体操作」、「人形化」系エロシチュだ。実際は催眠ではなく、魔具と呼ばれる道具を使われる。あるバッドエンドフラグが確定してしまうと、その後の選択肢によって、決して正規ルートには戻れず様々な結末のバッドエンドに向かう、いうなればバッドエンド収集系。
状態異常 =Abnormal Condition= ~淫紋/禁書/寄生蟲編~_ゲームオーバー
▲本作で一番見ることになるだろうCG

人見知りぼっちの優等生な女の子が一人奮闘して事件を追う

魔法学校に通う雫は人見知りで恥ずかしがり。周りからは高嶺の花と思われており友人は1人のみ。彼女はある有名な一族の娘であり、魔法も優秀。ただの学生である彼女に魔法犯罪を取り締まる組織から「10名の行方不明が発生した学校での囮潜入捜査による犯罪調査」依頼がくる。雫は依頼を受け、知人が一人もいない学校に転校する。ところが、トラブルにより全生徒に犯罪の犯人は雫だと疑われ初日からいじめられるようになる。この最悪の状況の中で、学生達の信頼を取り戻しながら、事件を追うことになる。
状態異常 =Abnormal Condition= ~淫紋/禁書/寄生蟲編~_オープニング 状態異常 =Abnormal Condition= ~淫紋/禁書/寄生蟲編~_オープニング 状態異常 =Abnormal Condition= ~淫紋/禁書/寄生蟲編~_オープニング 状態異常 =Abnormal Condition= ~淫紋/禁書/寄生蟲編~_オープニング

オープニングで、雫の人見知りさはかなり強調されており、重症度が伺える。その性格のまま、いじめられている状態から開始し、だんだん認められていき友人が出来ていくサクセスストーリー。
状態異常 =Abnormal Condition= ~淫紋/禁書/寄生蟲編~_いじめ 状態異常 =Abnormal Condition= ~淫紋/禁書/寄生蟲編~_助ける
▲序盤はこのように面と向かって、およびヒソヒソと攻撃される
状態異常 =Abnormal Condition= ~淫紋/禁書/寄生蟲編~_人気 状態異常 =Abnormal Condition= ~淫紋/禁書/寄生蟲編~_人気
▲だんだんと雫を認めていく人が増えてくる。

ギャグ等を一切挟まず、シリアスに真面目に話が進むスタイル。途中で何度か危機に陥る場面もあり起承転結がしっかりしている。また、陰謀的に潜入捜査をすることになった雫だが、成績優秀は伊達ではなく、捜査面でも頭脳を発揮したり、土壇場で危険を試みず人を救おうとする正義感などを見せる。人見知りと、この土壇場の力・頭の良さ、そして親切にする人柄が彼女の魅力となる。

ゲームとしては、学校内にいる学生と話し、彼らが困っていることを解決するお使いイベントをこなすことになる。

魔法による力技で解決する方法と物探しなどプレイヤー自らがフィールドを歩いて解決する方法があり、学内の雫に対する信頼度が上がる。フィールドは校庭、廊下、教室1つ、職員室、屋上、トイレと6つのみであり、それぞれのフィールドも広くはなく、物探しなどは虱潰しに学内を周っても時間を取られない。プレイヤーが解決すると装備を貰える。
状態異常 =Abnormal Condition= ~淫紋/禁書/寄生蟲編~_助ける
▲各生徒の問題を解決して学内の評判を上げていくことが流れとなる

人助けを繰り返すうちに、敵の罠らしきいくつかの選択に遭遇する。間違えるとバッドルートに進行。また、敵が怪物化して襲ってくるボス戦もあり、敗北すると別のバッドルートに進行。

ボス戦は自動で移動するゲージを任意の場所で止める要素が混じったバトル。雫が魔法を使った時、スキルを使った時、そして敵が大技を繰り出した時にゲージが発生する。こちらからの攻撃時は大ダメージを与え、逆に敵の攻撃時はダメージを完全回避したり敵に跳ね返したりできる。逆にゲージストップに失敗すると敵へは全然ダメージが与えられず、敵の攻撃は致命的なダメージを受けかねないほどダメージ倍率がある。また、敵の体力がこちらの攻撃力と比べて異常に高いため、持久戦になる。
状態異常 =Abnormal Condition= ~淫紋/禁書/寄生蟲編~_戦闘ゲージ

持久戦になるとは言え、ゲージミスさえなければ簡単に勝利することができる難易度。

全年齢部分とエロ部分は完全に分離しており、エロ分岐に入ってからはひたすら凌辱だが、分岐に入らなければ全年齢ゲームとしても成り立つ。全年齢もメインストーリーの進行とお使いクエストをこなす日常モードが交互に進む。メインストーリーも長めでしっかりと読ませてくれる。なお、お使い場面を除くと全年齢部分もお話を読むことが続くため、ノベル系統に近い作り。

ちなみにタイトルに~編となっており、クリア時は本当の黒幕みたいな謎を匂わせているため、続編があること前提のエンドになる。ただし学内の事件はしっかりと解決する。

バッドエンドフラグの確定で破滅エロ的な結末に向かってしまう

タイトルからすると状態異常全般を扱っていそうだが、本作は発情(淫紋)、人形化(禁書)、肉体操作(寄生蟲)の3つに特化している。

エロイベントは大枠で4つのみ。「淫紋」は2種類イベントがあり、「禁書」「寄生蟲」は1種類づつ。

重要どころの選択肢で間違えるとエロルートに発展し、最終的なバッドエンドが決定する。一度エロイベントに入ると正規ルートに戻ることは無い。さらにエロイベ中に何度も選択肢が出てきて、それぞれで内容が全く異なる結末へ向かってイベントが変化していく。結末で重要な点は全てで雫がエロエロで不幸な結末を迎えることだ。1人に毎日おもちゃにされる系、もしくは複数人のオナホになるような結末が多いがそれぞれ凝っていて、全てのバッドエンドにシコポイントがある。

淫紋(発情)を例とすると、雫は女子生徒と男子生徒がエッチしている現場を目撃してしまう。実は売春中で零が声をかけると男子生徒は逃げ出してしまう。ここで、お詫びに「手伝う」と選択してしまうと騙されて常時媚薬を盛られたようになる「淫紋」を付けられて売春を強制される。解除条件は25人の男に最低1回中出しをしてもらうこと。ただし、解除時に処女も元通りになり、妊娠もしない。
状態異常 =Abnormal Condition= ~淫紋/禁書/寄生蟲編~_罠

人見知りの雫に男を用意することはできず、不祥ながらも女子生徒に男を斡旋してもらうことになる。そして女子生徒の手引きにより男を斡旋され、淫紋に支配された雫はトイレで初エッチを済ませてしまう。
状態異常 =Abnormal Condition= ~淫紋/禁書/寄生蟲編~_淫紋 状態異常 =Abnormal Condition= ~淫紋/禁書/寄生蟲編~_淫紋

初エッチ後、この男で沢山エッチして淫紋解除の回数を稼ぐか、男と別れるか選択肢が出る。解除の条件は別の男25人のため、1人では意味が無いのだが、雫が知らずにこの男とばかりエッチすると、最終的にこの男に依存するようなバッドエンドに進んでいく。
状態異常 =Abnormal Condition= ~淫紋/禁書/寄生蟲編~_淫紋 状態異常 =Abnormal Condition= ~淫紋/禁書/寄生蟲編~_淫紋

逆に男と別れた場合、翌日以降、複数人の男と売春することになる。一人一人プレイヤーが公園で話しかけてエッチを進めていく。それぞれとエッチすることで雫はエロへの耐性がついていく。ところが最後の客が実は女子生徒の用意した客ではなく自分勝手なホームレムであり、何度も中出し、後ろも奪われ体力が無くなってしまう。
状態異常 =Abnormal Condition= ~淫紋/禁書/寄生蟲編~_淫紋 状態異常 =Abnormal Condition= ~淫紋/禁書/寄生蟲編~_淫紋
▲プレイヤーが一人一人話しかけて数回エッチする。エッチシーンは1回目とは異なるCG。

ここで選択肢が現れ、魔法を使って回復して逃げるか、休憩して逃げるかを選ぶ。休憩した場合は、最終的にホームレスに捕まってしまい、拘束された上で何度もセックスされ、さらにホームレスにお金が入るよう拘束された上で売春を強制され、最終的に廃人になるバッドエンドを迎える。
状態異常 =Abnormal Condition= ~淫紋/禁書/寄生蟲編~_淫紋

魔法で逃げた場合、魔法を使った淫紋の副作用で、ただでさえ淫乱で苦しいのにさらに淫乱になってしまう。そこで……とどんどんエロイベントが続いていく。
状態異常 =Abnormal Condition= ~淫紋/禁書/寄生蟲編~_淫紋 状態異常 =Abnormal Condition= ~淫紋/禁書/寄生蟲編~_淫紋

他のアイテムも紹介しておこう。禁書(人形化)は、読むと周りのことが分からないほど没頭してしまう本だ。例え服を脱がされたりセックスしても気づかない。無意識のまま周りの命令も聞いてしまうらしく手コキなども可能。
状態異常 =Abnormal Condition= ~淫紋/禁書/寄生蟲編~_禁書 状態異常 =Abnormal Condition= ~淫紋/禁書/寄生蟲編~_禁書

寄生蟲(肉体操作)は、いわゆる宿主を操る蟲だ。展開しだいで効能が少し変わるが、基本は肉体操作系だ。零の意識はあるままに、寄生蟲を仕込んだ男の命令に身体が抗えず、強制的に身体が動いてしまう。
状態異常 =Abnormal Condition= ~淫紋/禁書/寄生蟲編~_寄生 状態異常 =Abnormal Condition= ~淫紋/禁書/寄生蟲編~_寄生
これに、別のキャラが淫紋を使うシーンが4つ目に用意されている。

禁書と寄生蟲は淫紋ほどではないが、複数のバッドエンドが用意されていて見応えがある。淫紋2は敗北バッドのみな。シンプルだけど一番凌辱感があるシーンとなっている。

エッチ時の演出としては、射精時の独特の文字描写が少し変わっている。発射の擬音文字の中が透明になっており、液体がたまっていく演出が加わる。そして満タンになった時にはみ出すような演出と共に射精することになる。スタイリッシュでかっこいい射精演出。ただ、私の場合はツクールエロRPGはフラッシュ系統後に射精のパターンに慣れたせいか、この演出はシコ的には物足りなかった。
状態異常 =Abnormal Condition= ~淫紋/禁書/寄生蟲編~_射精文字 状態異常 =Abnormal Condition= ~淫紋/禁書/寄生蟲編~_射精文字
▲びゅるるの文字が最初は透明になっており、時間経過で「びゅ」の文字からだんだん白くなり、最後に「る」の文字から垂れだすような演出になる。

さらに特徴的なのは全般的にエロシーンの一部にCG集で見かける卑猥な文字描写がある。ループになっており、この描写が数秒ごとに切り替わっていく仕組み。通常の(表情や体型)差分やCGの変化はクリックでテキスト進行と共に変更することに対して、文字描写差分は自動であるところ。
状態異常 =Abnormal Condition= ~淫紋/禁書/寄生蟲編~_文字描写 状態異常 =Abnormal Condition= ~淫紋/禁書/寄生蟲編~_文字描写 状態異常 =Abnormal Condition= ~淫紋/禁書/寄生蟲編~_文字描写 状態異常 =Abnormal Condition= ~淫紋/禁書/寄生蟲編~_文字描写

プレイ時間は4時間ほど、回想はシーンが淫紋1が21、禁書が9、寄生蟲が13、淫紋2が5。バッドエンド数は淫紋1が7、禁書と寄生蟲が4,5くらい、淫紋2が1。実際シーンが大きく変わるのはバッドエンドごとなので、購入の判断はバッドエンド数で判断するとよいかも。バッドエンドの数はしっかり数えてなかったので細部数は間違っているかも。

1つのバッドエンド大枠だと、淫紋1が45分ほど、禁書と寄生蟲が30分ほど、淫紋2が10分ほど。1つの大枠で基本CG約5枚ほど、1つのエロシーンでは1,2。エロシーンは1つの大枠で5~10を用意している。CGは大枠内で使いまわしになるが、衣装差分や落書き差分などの外見が大幅に変わって見える変化やシーンでの扱いが全く異なるなど印象は変わる。

道具による催眠エロ(発情・肉体操作・人形化)をメインに据えている作品だが、それだけではなく、バッドルートのさらなるバッドルートみたいなシチュ、輪姦などの描写から堕ちていくなどが好きな方にも特に楽しめる作品かと。

購入はこちら
DLSITE:状態異常 =Abnormal Condition= ~淫紋/禁書/寄生蟲編~

コメント

タイトルとURLをコピーしました