人外の夢(体験版簡易感想)


人外の夢[ブラックメガネ研究所]
ショタな男の子が夢の世界に閉じ込められて脱出のため夢ダンジョンを進んでいくRPGです。魔物娘逆レイプ系でミニゲーム+ノベル風味な作風。現実の方では何者かに襲われ衰弱している男性達が病院で倒れており働き手が減っており、その折に眠ったところ主人公は夢の中に連れ込まれました。夢でのスタート地点は夢魔の家。非常に強力的な夢魔(サキュバス?)の女の子と共に脱出を目指して進みます。

基本はミニゲームを解くことで魔物娘のお願いを聞くと先に進める仕組み。戦闘は一切ありません。魔物娘との会話中に何度か斬るコマンドが出現しますが、警戒している時に斬ると失敗してしまいその魔物娘に逆襲され搾精ゲームオーバーコースです。1匹の魔物娘に対して結末は3通りあり、1つ目は上記ゲームオーバー、2つ目は隙を見つけて斬り殺すこと、3つ目はミニゲームをクリアしてお友達になることです。ちなみに切り殺しはコマンド選択のみです。特別な戦闘やミニゲームはありません。

ただ、本作は魔物娘達の性格が全員元気一杯で可愛く描かれています。表情もショタ主人公、魔物娘を含めて全体的にふに~~っとしており、可愛さが全面的に出ています。プレイヤーもきっと愛着を持つことでしょう。その状態のキャラを切り殺すわけです。その後、その魔物娘は二度と現れませんし二度と喋ってくれません。プレイヤーの中でも言いしれない虚無感のようなものを感じると思います。体験版で登場した魔物娘はヒロインの夢魔とスライム娘、ヘビ娘、カエル娘など。

エッチシーンは拘束した上で優しい口調で逆レイプするスタイルです。その後は搾精死、永久に飼うなど結末は魔物娘らしい結末。男主人公系は初のサークルさんですが、エッチシーンは魔物娘逆レイプ系が好きなら堪能できる実力はあります。

斬った時は残念な心を入手し、魔物娘と友達になった時は幸せな心を入手して次のステージに移動します。幸せな心の入手量がエンディング条件に絡んでくるようです。

全般的にテキストが読みやすく、逆レイプも手軽に発生させながら魔物娘の魅力を引き出しており、その系統が好きなら楽しめそうなゲームです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする