【エロRPG感想】ナイトメアガールズ(製品版)

ナイトメアガールズ
ナイトメアガールズ[月の水企画] (FANZAはこちら)
月の水企画はレズ、触手、異種姦を主体としたエロRPGをコンスタンスにリリースするサークルです。それぞれ同一のファンタジー世界を舞台にしており、過去作のキャラがおまけレベルで登場し設定が絡むことが特徴です。今回はそれら世界観を一新し、現代RPGとなります。

でもゲームをプレイすると一安心、コメディ調のレズ会話、エッチの初心さが薄く、それでいてビッチではない匙加減、ストーリーと絡めたCG鑑賞モードなど月の水企画らしさが凝縮されたかのような面白さとエロさの集大成と思えるようなゲームです。また、月の水企画のキャラは意に沿わないセクハラやエッチも妥協しちゃったり、エッチ後は気持ち良かったしいいかという後腐れの無い性格が独特のエロさを産むと思っているのですが、本作も健在です。

冒険RPGとしての面白さと町を散策しながらエッチなイベントを探す町探索系が融合したかのようにハイブリッドなシステムとなっています。

2組のレズカップルが怪異に立ち向かう現代RPG

武術を習っている女主人公「八ツ葉」と恋人である「シグレ」が異界に迷い込み、その後の縁で異界を調査する組織に入りメアと呼ばれる怪物と関わっていく話です。目的は出現した異界の封印、メアの調査・破壊。会話はコメディなノリが強く、そのわりにメインストーリーはシリアスさがありメリハリがきいています。異界には怪異や都市伝説が関わっているため設定上はちょっとホラーちっくです。ただ、都市伝説の相手が可愛く微笑ましかったりコメディでホラー要素を薙ぎ倒すので全く怖くありません。
ナイトメアガールズ_メインキャラ1 ナイトメアガールズ_メインキャラ2 ナイトメアガールズ_メインキャラ3 ナイトメアガールズ_メインキャラ4
▲個性的で百合百合しいメインキャラの面々。

ナイトメアガールズ_ステータス1 ナイトメアガールズ_ステータス2

4人パーティーで内訳は2組のレズカップル。その他にも研究所の職員、八ツ葉の姉、敵キャラ女の子の四天王など10名以上の立ち絵ありサブキャラが登場。女の子中心の会話は月の水企画らしい百合百合しい展開も健在でストーリー部分を楽しんで読むことができます。町は自宅、研究所、駅前や繁華街、神社、病院など複数のエリアから選択して移動する方式です。町の中にも映画館や美術教室、コンビニなど一通りの施設が存在。
ナイトメアガールズ_フィールド ナイトメアガールズ_町1 ナイトメアガールズ_町2 ナイトメアガールズ_町3
▲様々な場所で様々なイベントが発生。街並みは繁華街など現代らしさとダンジョンや寺など和風らしさ昔ながらを混合したような現代ファンタジーっぽいイメージです。

ゲームの目的は異界の奥にあるコアを倒して異界を封じること。そのために異界を探すことになります。ゲームはメインイベントを進めながら合間に町の探索をしてサブイベントを進めます。サブイベントはメインとは異なる異界の調査。淫気の影響により怪異や変な噂(エッチ関係)がある場所に異界が隠されている統計が取れているため、町中に溢れる(エッチな)噂を調査することがサブイベントの内容になります。

サブイベントは、基本的に3,4段階の恥辱差分系イベント。ただし、一気に解放されずにメインイベント進行と共にサブイベントの段階が1つ解放されていきます。また、メインイベントは全10~15種あり、その合間にどんどん新たな噂も増えていくため、メインイベントとサブイベントは並行して進めていくことになります。そして、サブイベントもほとんどがメインイベント並みにボリュームがあり、段階差分終了後に新たなフリーダンジョンやボスが出現します。これらのボスは強力な守護石(メアにある装備品と思ってください)などを所持しているため、「サブイベントエッチを見る=報酬あり」の図式が成り立ちます。また、段階差分エッチを見るだけでなく、起承転結のある一つのストーリー短編としてもまとまっています。中にはメインイベント並みにボリュームたっぷりのお話も。
そのため、複数のお話を同時進行で進めていくフリーシナリオのようなRPGをプレイしている感覚になります。
ナイトメアガールズ_イベント1 ナイトメアガールズ_イベント2
▲キャラ設定や世界観を活かしたサブイベントとして作り込んでいますのでサブイベントも話が面白いです。

エロ無しの例としては町に怖い7匹の幽霊がいるとなればコンビニの本で怪異を調査してトイレに1匹目がいるという情報。トイレでノックをすると出てきたのは花子さん……ではありませんが怪異の女の子と戦うことに。倒した後はパーティー内で会話。

また段階差分エロに関しては絵画モデルや更衣室の覗きイベントなどを確認。絵画教室は恋人が潜入して1段階目は一見普通のヌードモデル(バスタオル)ありですが男の視線が胸や股に集中しています。そして2段階目は明らかに短めで隠せていないバスタオルでのモデル。
ナイトメアガールズ_モデル1 ナイトメアガールズ_モデル2
▲月の水企画のキャラは意に沿わないセクハラやエッチも妥協しちゃう性格が独特のエロさを産むと思っているのですが、今回も乳首見えても妥協しちゃうシグレちゃんに納得。

覗きの場合は更衣室で覗かれていることに気づいた主人公(凄腕)がわざと半ケツになったりパンツを脱いだりして覗き男を油断させつつ、正体を探ろうとするイベント。全3段階で犯人を見つけつつ、覗くことができた理由に怪異が混じっており最後に戦闘するイベントです。
ナイトメアガールズ_覗き1 ナイトメアガールズ_覗き2
▲犯人を捕まえるために「わざと見せる」行為も月の水企画らしさがあります。その後下半身スッポンポンのままに説教するため犯人達も気が気ではなくその後は……。

ナイトメアガールズ_サブイベント1 ナイトメアガールズ_サブイベント2 ナイトメアガールズ_サブイベント3
▲その他、様々なサブイベント。

また、メイン・サブ共にクリアしてお話終了というパターンは少なく、新たなエロイベント発生の場になることも。シナリオが進むととある事情により淫気が増し、町の中にエッチな変化が。

ある事件後には学内を中心にふたなり薬が出回り、それ以後は町中にふたなり女関連のイベントが多発、八ツ葉ががモデルを引き受けると主人公達の拠点も含めた町中の様々な場所にポスターが貼られ、それを調べるとそれぞれの場所で異なる八ツ葉テキストが用意されています。海辺で際どい水着女性のみ襲うクラゲが現れるとそれを鑑賞するための男や見せびらかしたい女性がその海辺に集めることも。

このようにエッチ用のイベントやメインイベントが発生した場合、イベント時だけでなく、それ以後の町の環境や人々に変化を与えます。さらに後半はサブイベントとは別の単発エッチだけのイベントが大量増加します。このほとんどが以前にこなしたイベントに関連するものに。

例えば更衣室の覗き関連。最終差分は八つ葉がショタに「もう覗かない」ことを条件にフェラや手コキをしてあげるのですが、そっこで一旦段階差分は終了したかのようになります。しかし、一定のメインイベント終了後にこのショタ達が女体の味を忘れることができず、町中でエッチなことを興味深そうに覗こうとしています。そこで話しかけると簡易的なエッチイベントが発生。さらに町中にいるショタ達全員を探してから更衣室に戻ると新たなエッチイベントの条件になるなど、さらにさらにと言った具合でイベントが増えていきます。
ナイトメアガールズ_ビデオ
▲最終的にはどうなっちゃうのでしょう。
ナイトメアガールズ_絵画12
▲絵画モデルイベントに関しても、続きが用意されています。

その他、異界調査として一度クリアしたダンジョンに裸で訪れるという調査イベントがあります。そのダンジョンでのエッチイベントの続編的な内容が用意されていたり、敵女ボスキャラを倒した後は味方拠点で絶頂を繰り返させるなど「終了した小イベント」の後を(特にエッチ方面で)しっかり描いている点は、本作の抜きどころだと思います。
ナイトメアガールズ_絵画1
▲研究員に頼まれ異界に裸で再侵入するイベント。一度エロトラップやエロイベントで傾向の分かった異界で異なるエロシーンが発生します。

また、特定のフラグ条件で風呂内イベント・拠点での一泊が発生することも。風呂場では裸を晒しながらの日常会話。スキルを覚えたり世界観にかかわる面白い話が聞けたりとニヤりとするイベントです。お風呂用の回想あり。また、拠点一泊では、メインイベント後その事件がどうなったかなどが語られることに。

流石に1つ1つが濃いため大枠のサブイベント量に関しては体感で10~15ぐらいですが、これら単発を含めた小枠やサブ・メインの続きを入れると分量も膨大。

ナイトメアガールズ_シャワー1 ナイトメアガールズ_シャワー2

ナイトメアガールズ_エロ
▲サブイベントに限らず、メインイベントの中でも頻繁にエロイベントが発生。

エロトラップと頻繁に状態が変化する戦闘でダンジョンもエロさ抜群

メインイベントは異界の最奥のボスを倒すことが目的となるのですが、この部分がダンジョンとなります。ダンジョンの種類は学校が迷路化、工場が複雑化と言った現実が作用したダンジョン、和風・SF・雪など何かに特化したダンジョン、そして異なる世界観のため種類という観点から言えばその世界の住人が住んでいて戦闘が無いダンジョンも。また、現実世界の住人がカスタマイズしたエッチに特化した戦闘無しダンジョン、VRMMOの世界が異界に浸食された状態のデバッグプレイという面白いものもあります。なかなかカオスな空間ばかりでダンジョンそのものについても想像を膨らませる魅力あるものばかりです。
ナイトメアガールズ_ダンジョン1 ナイトメアガールズ_ダンジョン2 ナイトメアガールズ_ダンジョン3 ナイトメアガールズ_ダンジョン4
▲綺麗なマップチップ配置でカオスな空間を作っており、見栄え良いダンジョンばかりです。
ナイトメアガールズ_メインイベント1 ナイトメアガールズ_メインイベント2 ナイトメアガールズ_メインイベント3 ナイトメアガールズ_メインイベント4
▲主にダンジョンで発生するメインイベントはシリアスさ充分。(メインよりサブをプレイしている方が時間が長いので新鮮なスパイスとなります。)

ダンジョンの大きな特徴としては、月の水企画が近年得意としているエロトラップが多数仕掛けられています。エロトラップは各ダンジョン1,2個ぐらいですが、それぞれ段階差分となっていてエロトラップにひっかかる毎に段階的に進行します。初期は鎧が防御しますが、肝心の場所が剥がれ、そして剥がれた隙間からエロトラップが作動して、さらに作動したトラップが止まらず絶頂を底上げするように。
ナイトメアガールズ_エロトラップ1 ナイトメアガールズ_エロトラップ2
▲最初はこすれる程度ですが、何度もひっかかると……

必ず通らなければならない場所・イベント上必ず触れなければいけない物にもトラップが仕掛けられており、トラップは回避するものではなく積極的にぶつかっていけば良さそうです。TP替わりになる淫気が増えます。触手などが多いのですが、中には妊娠トラップもあり、さらに妊娠していなければ通れない場所があるなど、トラップを使って一工夫したギミックも。そして拠点に戻った時は出産イベントも発生し、出産した魔物は拠点で飼うことに。さらに終盤になるとその出産した魔物と戯れるようなミニイベントまで用意されており、この例だとトラップから始まった息の長い連続イベント群が用意されています。
ナイトメアガールズ_戯れ1 ナイトメアガールズ_戯れ2
▲拠点で意図的にパーティーの誰かが出産した触手と戯れるようなイベントも発生。(一応アイテムを抽出するという名目もありますが、まあ見ている限りはオナニー的に楽しんでますね。

成長関連で特殊な仕様は「守護」という石です。各石にはそれぞれメアが眠っており、キャラ固定で力を引き出すことができます。いわゆる職業・ジョブに該当するアイテムで、何を装備するかで攻撃技が変化。スキルはキャラレベルや守護で固定ですが、イベントで覚えることもあり、その中でリンクスキルと呼ばれるスキルがあります。これは恋人と組んで強力技を放つというもの。また、メアの魂を浄化?することで御霊と呼ばれる装備を入手できます。これはいわゆる装飾品に該当。このように装備や職業までも独自の世界観を作り上げていることは一つの特徴かと。
ナイトメアガールズ_守護1 ナイトメアガールズ_守護2
▲守護を変更する時はそれぞれ守護してくれる女の子のカットインがあります。

戦闘はキャラ立ち絵の頻繁な変化、エッチな戦闘カットインを駆使して目の保養ができるよう大量の画像を用いています。カットインでは、オナニーや胸を露出するといった一瞬の演出、そして立ち絵は通常時、攻撃時、敵から攻撃を受ける時などでそれぞれ異なるようになっています。それていて魔物や女の子モンスターも全て自作絵なんですよね。ボスはトイレの花子さんや白雪姫などおとぎ話や都市伝説キャラをモチーフにしており、異界が単純に触手や怪物だけでなく人間っぽい何かも混じっていることを示唆しています。

あと地味にすごいのは複数パーティーですが、全員の差分が複数用意されているんですよね。そのため、1つのエロに対しても誰が受けるか、衣装が破れてしまうタイミング、オナニー絶頂のタイミングなどのランダム性が高くなっています。
ナイトメアガールズ_バトル1 ナイトメアガールズ_バトル2 ナイトメアガールズ_バトル3 ナイトメアガールズ_バトル4
▲本当に頻繁に立ち絵がエロく変化するので、見ているだけで楽しくなる戦闘です。

ナイトメアガールズ_モンスター
▲モンスター図鑑も説明欄を読みたくなってくる面白さ。

難易度は(EASYでプレイしましたが)後半になってくると高めで、経験値稼ぎ、守護石集め、合成など様々な強化方法で強くなりながらプレイしていました。ダンジョン・戦闘共に完成度が高く、面白さがあります。ダンジョン数がおそらく20以上はあるので、戦闘嫌いの方には勧めにくい作品ですが、RPGとしても面白いゲームです。

ゆるゆる貞操感のレズカップル達に襲い掛かる異種姦・ふたなり女・その他様々なエッチ

エッチに対してまず述べたいのは、月の水企画系の性癖をより特化させてきたなと。ふたなり・触手などが思いつきますが、私にとって月の水企画の他サークルとの差別化できる嗜好は「女の子の性感覚に対する許容度の大きさ」だと思っています。女の子が性に忌避感をあまり抱かないというのは恥辱系エロRPGで目立つ特徴ですが、月の水企画の女の子は、かなり振り切れています。清純派女優を唄うAVと言えばいいのかな、表面上は清純だけど、よくよく考えるとビッチという女の子像は月の水企画の魅力です。

知らない人に犯されたくない人並みの感覚はあるようですが、それでもいざ初対面の触手やふたなり女とエッチが始まると流され体質気味にエッチを堪能します。終わった後は犬に噛まれた程度にしか思っていなさそう。痴漢を探すため、敢えて痴漢にひっかかりやすい服装にしたり、ヌードモデルを引き受けたりと異界探しでエッチな出来事に遭遇してもそこまで取り乱さず、積極的に誘惑もします。それでもあくまで仕方なくという体を取っているので、ビッチさもあまり感じません(よくよく冷静になるとビッチだと気づくけど)。
ナイトメアガールズ_オナニー
▲触手でオナニーする恋人の姿を覗き見る主人公。そして暫くした頃主人公も……。

ナイトメアガールズ_エロトラップ回想1 ナイトメアガールズ_エロトラップ回想2
▲エロトラップは受けた時の感想を本人がレポート提出する決まり。月の水企画の回想はこれがあるから良い。

いちおう今回はレズカップル2組パーティーですが、パートナーが犯されても、「犯されて可哀想ね」「犯されて気持ちよさそうだった」ぐらいの感覚でそのあたりの嫉妬は無し。パートナーが触手オナニーで気持ちよくなっているビデオを見たら自分も触手オナニーしちゃう主人公。後半、拠点に触手生物を住まわせる施設ができるのですが、そこで積極的に触手に犯されにいくメンバー達。

パーティー4人は触手・ふたなり・レズなどそれぞれで月の水企画特有のシチュを満遍なく振り分けていますが、それでも各キャラの性格や環境に合わせた分別をはかっています。

しぐれは触手担当。というより町中イベント関連が体験版でも体験できる絵画モデルなどぐらいでダンジョン中のイベントが多いキャラとなっており、必然的に触手になってきます。触手による出産、触手による快楽愛撫、そして触手によるオナニーなど。

ゆえはいじられっ子&見せたがり。見せたがりに関してはエッチなことに興味津々なのか積極的に危ないことにチャレンジします。メア関連捜索とは一切関係無しにエロチャットを趣味で行っており、自分の裸を見せたりオフイベントでもエッチな格好にチャレンジしたり。そして痴漢が発生するから異界がある可能性と分かりゆえのとった行動は痴漢に狙われやすくなる恰好。つまり痴漢に遭うため積極的に行動します。
ナイトメアガールズ_ユエ5 ナイトメアガールズ_ユエ6

そしてゆえのいじられ体質に関しては、罠があるダンジョンで敵の意向によりゆえだけ罠を体験させたり、ゆえを露出状態で町中の徘徊を強制したり。いずれも専用歩行イベントで罠を踏んだり裸で人と話したり。このいじり担当のキャラは、いじり方を心得ていてゆえが心の奥底で実は望んでいるような性癖を開拓するような内容。
ナイトメアガールズ_ユエ1 ナイトメアガールズ_ユエ2 ナイトメアガールズ_ユエ3 ナイトメアガールズ_ユエ4
▲ダンジョンを歩きながら罠にかかっていくスタイル。

コキアは流されっ子体質あり、そして女の子達から狙われているためかふたなりシチュが数多くあります。特にふたなり薬が出回ってからはユキアのターン、生やされたり逆に生えている女の子の相手をしたり。ふたなり薬とは関係ありませんが、ある敗北イベントでは股間に感覚のある触手を生やされ、その触手をオナホール型の触手で抽層を繰り替えすようなシチュもあります。
ナイトメアガールズ_コキア3 ナイトメアガールズ_コキア4

そして主人公の八つ葉は主人公らしくバランスよく様々なシチュ。ジムで覗き相手を探すため自らヌードを見せたり、キャットファイトで負けて衆人環境の中痴態を晒したり、はたまたふたなり薬を堪能したり、モデルになったり。いちおう町中を歩く時の歩行キャラなので、アルバイトや調査関連も彼女が担当することが多いです。しぐれ、ゆえ、ユキアもそれぞれの専門シチュ以外を用意されていますが、八つ葉は本当に膨大な量が用意されています。
ナイトメアガールズ_ヤツハ ナイトメアガールズ_ヤツハ2 ナイトメアガールズ_ヤツハ3

さらに研究所の職員を初め、敵キャラ四天王など、立ち絵ありキャラ全てに最低1種類の濡れ場が用意されています。敵女の子については守護関の奪還ということで何度もイかせる処置を施し、八つ葉の姉はアルバイト中の先輩女子からのセクハラなど。

プレイ時間は18時間ほど、イベント回想80、トラップ回想21、ミニイベント回想22、風呂場イベント回想28、言うまでも無くボリュームたっぷりでコストパフォーマンスも最高です。

まとめるとメインベント以外サブイベント・ミニイベント・風呂内会話・拠点宿泊を含めて様々なイベントが発生する見かけ以上の自由度が本作の特色です。その上でメイン・サブ共に様々なエロイベントを用意し、戦闘エロも十分、ダンジョンではトラップエロを用意し、シコリティの実用さでは十分、そして話もコミカル・シリアスが入り混じって面白くキャラの個性も強め、ダンジョンの見応えがあり戦闘バランスもなかなか良し。RPGツクール製のRPGとしては高い次元で面白さとエロさが保障されているゲームです。現代RPGという新しい分野に挑戦しながらも、過去積み上げてきたシステムやシチュの雰囲気が全面的に出ており、一際面白さもエロさも一段上なエロRPGに仕上がっていると感じました。

購入はこちらから
DLSITE:ナイトメアガールズ
FANZA:ナイトメアガールズ

『【エロRPG感想】ナイトメアガールズ(製品版)』へのコメント

  1. 名前: 投稿日:2018/10/28(日) 20:01:54 ID:24ed5577f 返信

    戦闘中におっぱいに吸い付いてくる敵もしくは出産した魔物に授乳するシーンはありますか?

    • 名前:さたける 投稿日:2018/10/29(月) 15:01:47 ID:5d40a3ea4 返信

      戦闘は覚えていません。出産した魔物への授乳はCG付きでいくつかありますが、どれも簡易イベントなので5クリックほどの短めテキスト量です。