【エロRPGレビュー】ナイトメアガールズ(体験版)

ナイトメアガールズ_タイトル
ナイトメアガールズ[月の水企画]
月の水企画はレズ、触手、異種姦を主体としたエロRPGをコンスタンスにリリースするサークルです。それぞれ同一のファンタジー世界を舞台にしており、過去作のキャラがおまけレベルで登場し設定が絡むことが特徴です。今回はそれら世界観を一新し、現代RPGとなります。

でもゲームをプレイすると一安心、コメディ調のレズ会話、エッチの初心さが薄く、それでいてビッチではない匙加減、ストーリーと絡めたCG鑑賞モードなど月の水企画らしさが凝縮されたかのような面白さとエロさの集大成と思えるようなゲームです。また、月の水企画のキャラは意に沿わないセクハラやエッチも妥協しちゃったり、エッチ後は気持ち良かったしいいかという後腐れの無い性格が独特のエロさを産むと思っているのですが、本作も健在です。

冒険RPGとしての面白さと町を散策しながらエッチなイベントを探す町探索系が融合したかのようにハイブリッドなシステムとなっています。

レズカップルが怪異に立ち向かう現代RPG

武術を習っている女主人公「八ツ葉」と恋人である「シグレ」が異界に迷い込み、その後の縁で異界を調査する組織に入りメアと呼ばれる怪物と関わっていく話です。目的は出現した異界の封印、メアの調査・破壊。会話はコメディなノリが強く、そのわりにメインストーリーはシリアスさがありメリハリがきいています。異界には怪異や都市伝説が関わっているため設定上はちょっとホラーちっくです。ただ、都市伝説の相手が可愛く微笑ましかったりコメディでホラー要素を薙ぎ倒すので全く怖くありません。
ナイトメアガールズ_メインキャラ1 ナイトメアガールズ_メインキャラ2 ナイトメアガールズ_メインキャラ3 ナイトメアガールズ_メインキャラ4
▲個性的で百合百合しいメインキャラの面々。上2人は恋人。下2人が恋人かは現時点で不明ですが息はぴったりです。

ナイトメアガールズ_ステータス1 ナイトメアガールズ_ステータス2

八ツ葉とシグレのレズレズコンビ以外にも退魔師の仲間や研究所の職員、八ツ葉の姉など10名以上の立ち絵ありサブキャラが登場。女の子中心の会話は月の水企画らしい百合百合しい展開も健在でストーリー部分を楽しんで読むことができます。町は自宅、研究所、駅前や繁華街、神社、病院など複数のエリアから選択して移動する方式です。町の中にも映画館や美術教室、コンビニなど一通りの施設が存在。
ナイトメアガールズ_フィールド ナイトメアガールズ_町1 ナイトメアガールズ_町2 ナイトメアガールズ_町3
▲様々な場所で様々なイベントが発生。街並みは繁華街など現代らしさとダンジョンや寺など和風らしさ昔ながらを混合したような現代ファンタジーっぽいイメージです。

ゲームはメインイベントを進めながら合間に町の探索をしてサブイベントを進めます。怪異や変な噂がある場所に異界が隠されているため、町中に溢れる噂を調査することがサブイベントの内容になります。町探索RPGで言い換えれば噂 = 段階差分イベントの発生場所です。サブイベントも話を楽しめるように工夫して作られています。エロ無しの例としては町に怖い7匹の幽霊がいるとなればコンビニの本で怪異を調査してトイレに1匹目がいるという情報。トイレでノックをすると出てきたのは花子さん……ではありませんが怪異の女の子と戦うことに。倒した後はパーティー内で会話。
ナイトメアガールズ_イベント1 ナイトメアガールズ_イベント2
▲キャラ設定や世界観を活かしたサブイベントとして作り込んでいますので話も面白いです。

また段階差分エロに関しては絵画モデルや更衣室の覗きイベントなどを確認。絵画教室は恋人が潜入して1段階目は一見普通のヌードモデル(バスタオル)ありですが男の視線が胸や股に集中しています。そして2段階目は明らかに短めで隠せていないバスタオルでのモデル。
ナイトメアガールズ_モデル1 ナイトメアガールズ_モデル2
▲月の水企画のキャラは意に沿わないセクハラやエッチも妥協しちゃう性格が独特のエロさを産むと思っているのですが、今回も乳首見えても妥協しちゃうシグレちゃんに納得。

覗きの場合は更衣室で覗かれていることに気づいた主人公(凄腕)がわざと半ケツになったりパンツを脱いだりして覗き男を油断させつつ、正体を探ろうとするイベント。全3段階で犯人を見つけつつ、覗くことができた理由に怪異が混じっており最後に戦闘するイベントです。
ナイトメアガールズ_覗き1 ナイトメアガールズ_覗き2
▲犯人を捕まえるために「わざと見せる」行為も月の水企画らしさがあります。その後下半身スッポンポンのままに説教するため犯人達も気が気ではなくその後は……。

これらサブイベントの報酬が装備や大量の資金などダンジョンを進行する上であった方が便利なものばかりなので、難易度によっては全てこなしていきたいところです。

ナイトメアガールズ_エロ
▲サブイベントに限らず、メインイベントの中でも頻繁にエロイベントが発生。体験版は触手関連が目立ちました。

エロトラップと頻繁に状態が変化する戦闘でダンジョンもエロさ抜群

メインイベントは異界の最奥のボスを倒すことが目的となるのですが、この部分がダンジョンとなります。ダンジョンの大きな特徴としては、月の水企画が近年得意としているエロトラップが多数仕掛けられています。エロトラップは各ダンジョン1,2個ぐらいですが、それぞれ段階差分となっていてエロトラップにひっかかる毎に段階的に進行します。初期は鎧が防御しますが、肝心の場所が剥がれ、そして剥がれた隙間からエロトラップが作動して、さらに作動したトラップが止まらず絶頂を底上げするように。
ナイトメアガールズ_エロトラップ1 ナイトメアガールズ_エロトラップ2
▲最初はこすれる程度ですが、何度もひっかかると……

必ず通らなければならない場所・イベント上必ず触れなければいけない物にもトラップが仕掛けられており、トラップは回避するものではなく積極的にぶつかっていけば良さそうです。TP替わりになる淫気が増えます。

成長関連で特殊な仕様は「守護」という石です。各石にはそれぞれメアが眠っており、キャラ固定で力を引き出すことができます。いわゆる職業・ジョブに該当するアイテムで、何を装備するかで攻撃技が変化。スキルはキャラレベルや守護で固定ですが、イベントで覚えることもあり、その中でリンクスキルと呼ばれるスキルがあります。これは恋人と組んで強力技を放つというもの。また、メアの魂を浄化?することで御霊と呼ばれる装備を入手できます。これはいわゆる装飾品に該当。このように装備や職業までも独自の世界観を作り上げていることは一つの特徴かと。
ナイトメアガールズ_守護1 ナイトメアガールズ_守護2
▲守護を変更する時はそれぞれ守護してくれる女の子のカットインがあります。

戦闘はキャラ立ち絵の頻繁な変化、エッチな戦闘カットインを駆使して目の保養ができるよう大量の画像を用いています。カットインでは、オナニーや胸を露出するといった一瞬の演出、そして立ち絵は通常時、攻撃時、敵から攻撃を受ける時などでそれぞれ異なるようになっています。それていて魔物や女の子モンスターも全て自作絵なんですよね。ボスはトイレの花子さんや白雪姫などおとぎ話や都市伝説キャラをモチーフにしており、異界が単純に触手や怪物だけでなく人間っぽい何かも混じっていることを示唆しています。

あと地味にすごいのは複数パーティーですが、全員の差分が複数用意されているんですよね。そのため、1つのエロに対しても誰が受けるか、衣装が破れてしまうタイミング、オナニー絶頂のタイミングなどのランダム性が高くなっています。
ナイトメアガールズ_バトル1 ナイトメアガールズ_バトル2 ナイトメアガールズ_バトル3 ナイトメアガールズ_バトル4
▲本当に頻繁に立ち絵がエロく変化するので、見ているだけで楽しくなる戦闘です。

ナイトメアガールズ_モンスター
▲モンスター図鑑も説明欄を読みたくなってくる面白さ。

回想は月の水企画お馴染みのあれ

回想やエロシーンのシステムもいつもの月の水企画らしい仕掛けがあります。まずお風呂での会話。ダンジョンクリア後は清める必要があるためお風呂に飛ばされるのですが、ここでイベントが発生することも。エッチなイベントではありませんが、裸を晒しながらの日常会話。スキルを覚えたり世界観にかかわる面白い話が聞けたりとニヤりとするイベントです。お風呂用の回想あり。
ナイトメアガールズ_シャワー1 ナイトメアガールズ_シャワー2

また、ダンジョン攻略中、町での探索、メインイベントなどで頻繁にエロが出現します。それらのエロや上記で紹介したサブエロは全てメアによって記録されて動画でネット配信されているという設定で後から見返すことが可能です。つまり回想ですが、動画に撮られているため主人公が見ていない他キャラのエロを見るというイベントが発生することも。
ナイトメアガールズ_オナニー
▲触手でオナニーする恋人の姿を覗き見る主人公。

他、ダンジョンのエロトラップは全てレポートという形で映像が記録されています。ここには研究所のきまりで感想を書く必要があり、主人公は恥ずかしがりながら色々とその時を思い出して感想を述べます。後からエッチを思い出すってまたエッチ時以外のエロさがありますよね。
ナイトメアガールズ_エロトラップ回想1 ナイトメアガールズ_エロトラップ回想2
▲エロトラップの感想。通常の回想や画像閲覧もあります。

現代RPGという新しい分野に挑戦しながらも、過去積み上げてきたシステムやシチュの雰囲気が全面的に出ており、一際面白さもエロさも一段上なエロRPGに仕上がっていると感じました。

予約はこちらから
DLSITE:ナイトメアガールズ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする