ONE BATTLE(製品版簡易感想)

ONE BATTLE
ONE BATTLE[えむうん]
村人とドリアードの1戦のみ100円のお手軽逆レイプゲーム。RPG風の演出をしたノベル系でエロは手コキ射精1シーンのみの実験的ゲーム。男性を初めて見たドリアード娘が色々とチ〇ポを触って試すという内容。3分もあれば終わります。ただし、その1戦で描かれるLive2Dを使った演出はかなりの高クオリティ。

製品版は村から森に移動し雑魚を1匹倒すと、女の子が触手に捕まっており「助けて?」と、そして「助ける」か「怪しむ」かの選択肢がでます。
ONE BATTLE_オープニング1 ONE BATTLE_オープニング2 ONE BATTLE_オープニング3

戦闘はオーソドックスでエロ系攻撃も無し。だけどここまではただの前フリ。その後戦闘で敗北して動けない主人公を組み敷いた上で服を脱がせてエロシチュ開始。
ONE BATTLE_戦闘

Live2Dを使ったのか大画面でヌルヌル動くアニメーションが魅力。女の子の顔を画面いっぱいに出した状態から開始。自然体で顔輪郭が動き、顔の動きと風を考慮したような髪の動き、大きな目のまばたき。そして無邪気に男性の身体を観察する仕草。序盤からM嗜好をくすぐるような演出の後に画面はおっぱいと男性のチ〇ポが映っている場へスライド。ここでも心臓の鼓動のようになめらかな胸のアニメーションがあります。(動きに過剰な不自然さが無く、自然体であることもアニメーションレベルの高さが伺えます)
ONE BATTLE_エロアニメーション1 ONE BATTLE_エロアニメーション2 ONE BATTLE_エロアニメーション3
▲影で暗くなった顔のドアップシーン。スクショじゃわかりにくいのですが、動きがスムーズで可愛らしさがよく分かる構図です。

ONE BATTLE_エロアニメーション4 ONE BATTLE_エロアニメーション5 ONE BATTLE_エロアニメーション6 ONE BATTLE_エロアニメーション7
▲胸が揺れるシーン、チ〇ポが大きくなるシーン。それぞれアニメーション差分は非常に多く揺れる様も大きくなるところも自然体です。

この辺りまでのアニメーションは体験版でも確認できます。その後はいじられてチ〇ポが大きくなったり小さくなったり、竿以外もいじられたり、そして手コキもアニメーションを駆使することでスローな手コキとスピード感のある手コキを演出しています。また、体験版は別物なので分からないのですが、製品版のテキストがライトM嗜好系に合いそうな無邪気さと強引さがまざっていて良い感じ。

時間をかけて作ったと思われるアニメーションにテキストが混ざって素晴らしいシーンになっています。欲を言えばこのシリーズ、もっと続いてほしいなと思ったり。あと、テキストいらないやって方は体験版でそれなりのアニメーションを堪能できちゃいます。

販売はこちら
DLSITE:ONE BATTLE

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする