【エロRPGレビュー】Stray Wizard (製品版)

Stray Wizard_顔表情エロRPG


Stray Wizard[らたららす]

異世界の日本に転移してしまったファンタジー世界の魔法使い女子もちこが元の世界に戻るため、とある島を調査するRPG。百合ゲーと恥辱段階差分エロの2種類の要素が混じったエロRPG。もちこは最終的に恋愛は百合、エッチは両刀でばっちこいみたいなキャラになる。

管理&棄民のディストピア日本が舞台の百合&対人男段階差分RPG

学生時に何度かテストを行い、一度でも落選すると外れ者と認定され、流刑島に送られるディストピア日本な世界観。流刑島は本土の男の性的発散の場とされており、外れ者は拒むことができない。住居や販売物などでも差別を受けている。いわゆる民族による優生思想を持ったヒ●ラー政策の能力版。

主人公は事故で日本に転移した魔法使いだが、この島に自世界の偉大な魔法使いがいた痕跡を発見、その魔法使いはすでに自世界に戻っていることを知っているため、逆説的に元の世界に戻るための手法がこの島にあると確信。外れ者のフリをして島に忍び込むことに。
Stray Wizard_オープニング Stray Wizard_オープニング Stray Wizard_オープニング Stray Wizard_オープニング

ゲーム内には、ディストピア日本な世界観が理解できるフレーバーを用意している。オープニングの他、博物館の展示物、もちこが探す偉大な魔法使いの資料などを収集し理解していく。実はもちこも含め島の人間は男女共にエッチな思考を持ちやすくなるのだが、これも世界設定の一つ。表から見える姿は激しく差別されている外れ者の扱い、本土の閉塞感など実態はかなり重々しい。

ただし、実態は本作で扱う範囲の島民やサブキャラは非常に平和に暮らしている。もちこはエッチに拒否感ないし、島民とも共存。島民も以外とたくましい。おそらくエロ特化のゲームにするため、重苦しい話は省略している。なので、世界観はエロを味付けするためのスパイスとして考える方が正しいのかなと。重厚感のある設定だが、世界観はフレーバーに徹している。
Stray Wizard_世界観 Stray Wizard_世界観

着衣エロ、タイツへのこだわりと丁寧な作りのエロイベント作り

この中で、もちこはだんだん淫乱になり、エッチにのめり込んでいくエロ重視のRPGとなる。エロ無しメインイベントもあるが本筋ではなく、あくまで本作の作り込みは百合恋愛系エロとシナリオ、及び男相手とのエッチに関するサブイベントの数々。ゲーム開始時は処女なもちこも、エッチな思考を持ちやすくなったため、エッチな依頼やお願いに積極的に参加していく。エッチに慣れることでさらに過激なエッチにも参加していく。
Stray Wizard_エロ
▲だんだんエロに耐性がなくなっていく

エロフェチは「タイツ」、又は「着衣エロ」。エロシーンは100%全てタイツ装着済み且つ身体を露出していない。エロゲ系では珍しいが乳が露出している画像さえも無い。顔と手以外の露出場所はエッチする時のマ●コぐらいだ。タイツエロを重視するため、美脚にはこだわっている。足の格好は各エロシーンで変更させ、さながらスケート選手や体操選手ぐらい柔軟な足の美を見せている。
Stray Wizard_エロ

ただし、反対に、生足が見たい、おっぱいが見たいとの需要は一切満たせない。パイズリは無い。あとはタイツ越しの足の形を見せるための多種な体位で様々なエロシーンを作っている。

もちこは名器だ。名器ゆえに関係を持った男はもちことのセックスに溺れる。溺れた男は否応なく絶倫になり、一回のエッチで再現なく出そうとする。もち子はそれに飲まれて何度もイくことになる。さらに男は再度もち子と関係を持とうとする。画像差分はそのあたりのこだわりがあり、仰け反る首差分、事後のぼぉっとした顔差分があるCGも多い。
Stray Wizard_名器 Stray Wizard_名器
▲男が骨抜きになり、もちこも暴走した男とのセックスにはまる。ほとんどの竿役でこの傾向がある。
Stray Wizard_顔表情 Stray Wizard_顔表情
▲顔表情の差分が、とてもえっちぃく描けている。着衣エロの一番の魅力は表情のエロさなので、そのあたりがしっかり描けている点が良い。

テキストはストーリー部もエロ部も分かりやすさを心掛けている印象だ。空白などを多用し非常に読みやすい。ストーリーの理解は言うまでもなくエロシーンでもち子に卑猥な言葉を喋らせたり、心理状態を表現する時なども読みやすい。

CGや立ち絵は、美麗に描くというよりはポップンミュージックやパワプロみたいにポップ且つ可愛らしいデザインをしている。エロ同人ではなかなか見ない絵柄。キャラの特徴をとらえて少ない線でキャラを魅力的に描いている。そのため、細部を細かく描いていないがキャラとしての見栄えは抜群で可愛い。そのためか、一部CGのチ●ポはモザイクがついていない(つけなくてもDLSITEに認められるぐらい細部を描いていない)。

ちなみに、私はこの種の描き方が好きでもっと増えてほしい。

各エロイベントのほとんどが2段階で、且つ各段階をもう1回実行すると差分テキストもあるような作り。一部は4種ほどのエロシーンがあったり、1回こっきりだけど下記の機能があったりシーンによって扱いの差がある。

シーンによってはイベント以降、もちこが経験した内容、及び竿役の情報がキャラクタープロフィールに書き込まれる。ちょっとしたエロに半特化したキャラ図鑑で、読み応えあり。また、もちこは「NTR被害者の会」なる団体に講演を行うイベントがあり、その中で過去のエッチ体験談を報告する。全てのエロシーンが対象ではないが、「過去のイベントをヒロイン本人が作中で他人に話す」という内容は他エロRPGでも実例が少なく、興奮するイベントだ。エロCGすらないが、エロイベントの事後イベントとしてはかなり理想的だと感じた。
Stray Wizard_図鑑 Stray Wizard_図鑑
▲いわゆる図鑑、エッチになると別人物扱いで追記されていき、内容も読みごたえがある。

Stray Wizard_講演 Stray Wizard_講演
▲過去のCGありイベントの内容を詳しく講演。CGとか一切ないのに、めちゃくちゃエロい。ちなみに本編に加えて、こちらの講演も回想に含まれる。

もちこと男との絡みは主に男にお願い、又は誘惑され、エッチな気分になっているもちこが誘惑に応じる形でエッチがはじまる。淫乱度的なパラメータかフラグがあるため、イベント順はだんだんもちこがエッチに変化している順だ。ゲーム序盤は手コキ、足コキ、視姦だが、比較的その系統の間接エロは少なめ。序盤、具体的には体験版範囲から処女喪失が可能で、以後、膣挿入系、いわゆるセックス系エロが多め。
Stray Wizard_イベント

エロシーンの百合はふたなりのみだが、百合関連の話は多め

もち子以外のヒロインは2人おり、一人は冒頭で地球に転移した直後にお世話になるOL。島移動後も転移で戻ってこられるため交流がはじまる。雰囲気的にはだんだん精神的百合関係になっていくが、もち子とのエッチは一切無し。もち子が彼女の日記をこっそり読むことでOL視点での本土のエッチ関係の話が語られる。主に痴漢にイかされる話と元カレとセフレになっていく話でそれぞれ2,3段階。
Stray Wizard_OL Stray Wizard_OL

もう片方はフタナリ女性。本命女性でだんだんと精神的にも肉体的にも関係が深まっていく。エッチシーンが一番多く、全てもち子との絡み。最初のおっかなびっくりからはじまり、少しづつ性にはまっていく様子が描かれる。エッチ時も90%はマ●コ無視で、フタナリチ●ポが攻められる。
Stray Wizard_ふたなりちゃん Stray Wizard_ふたなりちゃん
▲ヒロイン的ポジにあたり、エロシーンは充実している。
Stray Wizard_ふたなりちゃん
▲メインイベントでもがっつり一番関わるキャラ。

他にも、島内には立ち絵さえないのに百合までいかなくても親友的な扱いでなかよくなる女性が数人いる。その一方、もちこにとって男との関係はセフレみたいな扱いになっている。且つそんな理由だから、はじめは男から迫っても悲壮感みたいなものは一切ない。
Stray Wizard_百合
▲あくまでエロはサブキャラだけど、本編では重要な役割の一人である女性。

プレイ時間は2時間ほど、エロシーンは41(ふたなり15、その他8名1~4の段階差分、NTR被害者の会へのエロ発表6、OL関係2人×2,3段階差分)。イラストの性質(着衣オンリーなど)に癖がある作品だが、エロテキストはなかなか良いし段階差分系が好きな方は試してほしい作品だ。

購入はこちら
DLSITE:Stray Wizard

コメント

タイトルとURLをコピーしました