討魔の乙女(体験版簡易感想)

討魔の乙女
討魔の乙女[吹溜] (DMMはこちら)
現代マップとランダムダンジョンRPGを兼ねそろえた現代RPGです。主人公は討魔師の銀髪ロングのクール系お姉様キャラな乙女ちゃん。奥手な恋人がいます(寝取られフラグ?)。クールな美少女がアヒることがエロのテーマとしてありそう。主人公は学園の学生で討魔部に所属しており、仲間と共に彼女達しか倒せない「蝕獣」を倒す目的を持っています。また蝕獣の討伐依頼以外に奉仕活動や依頼もあり、顧問の先生(可愛い)から確認しながらサブミッションという形式でイベントを熟します。

まず凄いなと思ったのは広大なマップ。良い意味で広大でタイルセットの使い方が上手いので色鮮やかな学内や町の様子が目で楽しめます。学校の敷地内に校舎、部室棟、テニスコート、学生寮があります。街中はコンビニ、公園、病院、ホテル、ゲームセンターetcなど。それぞれの建物1つ1つに色使いやタイルの種類を変えており、1つ1つ作り込んでいることがわかります。もちろんそれぞれの建物の内部もあり、計算されつくした景観があります。そしてスラム街などアンダーグラウンドさがある地区、駅移動による別地区もあり、ドットマップ移動の現代RPGとしては世界観が広め。

タカシの夏休み」をプレイ済みの方は似たマップ構成なので想像しやすいと思います。「The 現代ファンタジー」なRPGの雰囲気がバリバリ出ています。その中に無数のNPCが住んでおり、歩いてNPCと話すだけで楽しいですよ。

サブミッションは、この広大なマップを探索しながら行います。ある例だと部室棟が騒がしいと依頼があり訪れると筋肉同好会とパソコン部が諍いを起こしていて主人公達が仲裁を取ることに。パソコン部の男性に立ち絵があるのですがキモオタキャラ。その他、蝕獣に犯された女の子のお見舞いや科学部のロボと共に実験材料探しなどNPC達の生活や衝突、ドラマが演じられつつ、そこに関わる討魔部の面々のやり取りが楽しめます。

他、学内にいる用務員おじさん的なキモおじキャラ。色々と期待させてくれます。

メインイベントはランダムダンジョン最奥のボスを倒すこと。特殊な仕様は経験値を消費してスキルを覚えること。つまりレベルを犠牲にしてスキルを覚えるため、何もかも覚えるとレベルが上がらず困ってしまいます。かと言って覚えないのも難しそう。というのも戦闘は敵がちょっとタフに感じたため、スキルで弱点を狙う等が有効になりそうだからです。そのあたりは各個人のプレイで変化しそうですね。

体験版のエロは巣の奥で触手姦された女の子、そして巣奥にいた催眠術師に敗北して乙女ちゃんが催眠中に手淫されてしまうシチュです。また、討魔師の力を貯めるという名目のオナニーイベントもあります。体験版範囲ではあまり傾向が見えませんが、ボス戦敗北と単発イベント構成かな。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

『討魔の乙女(体験版簡易感想)』へのコメント

  1. 名前: 投稿日:2017/11/21(火) 10:44:37 ID:ef2f29eb3 返信

    やっぱりゲーム内スクショも何枚かないと寂しいっすね・・・・

    • 名前:さたける 投稿日:2017/11/21(火) 12:58:13 ID:bea62d642 返信

      私も入れたいなと思いながらどのようににしようか迷っています。
      ゲーム内スクショを取るなら作者さんに許可を求める必要があるのですが、長文感想と異なり「感想書きました」とサークルに直接声をかけるのも恥ずかしくて。