ミリアと幻影の魔女(体験版簡易感想)

ミリアと幻影の魔女
ミリアと幻影の魔女[めのもっそ・げーむ] (DMMはこちら)
マウスで操作可能な3Dアクションエロゲ。UE4で製作されており、Unityとはまた異なる質感の3Dで表現されています。UE4製らしい非常に美しい3Dフィールド素材の中を可愛らしい女性主人公ミリアがチョコチョコと動き回ります。アクションの難易度は低め。

操作はマウスで位置を指定して左クリックで移動、右クリックでナイフによる直接攻撃、そしてホイール押しで魔力を溜めて離すと魔法を発射という単純な構成。魔法は切り替えができます。敵によるダメージや魔法を使うとスタミナな減少します。スタミナは時間と共に回復します。万が一0になった後、敵に攻撃を受けたら拘束エッチが発生、ボタン連打で切り抜けますが、それまでHPにダメージを受けます。ダメージを受けるごとに脱衣。

基本は見下ろし方の3Dアクションですが、イベントシーンやエッチシーンではスムーズにカメラ移動をします。ミリアのポリゴンモデルがとても可愛いのでイベントシーンは和みます。

体験版は1面のボスまで行えますが、ボス戦は本体+4つの蔦のドリアード戦。4つの蔦を全て倒すと本体に攻撃が可能で、しばらくすると蔦が復活し再度本体が無敵化、また蔦を倒して……etc。拘束されると巨大なボスに比べて小さな身体の股間に蔦が突き刺さり、ドリアード本体にテンプテーションキスをされるシーン。雑魚敵だとキノコに後背位で犯されたり、蔦に犯されたり。敵拘束時は画面左下の顔絵が凌辱専用の顔に変わる他、画面では視点を変化させながら、ズッポズッポされてしまいます。特にポリゴンモデルは目がぱっちりして大きな造形で、表情変化が可愛くエロく仕上がっています。

ちなみに自PCのPCはGPU「GeForce GTX 1050 Ti」、メモリ8GBですが、ところどころ悲鳴を上げて一時的にマウス操作を受け付けなくなることが何度か(挙動から推測するとおそらくメモリの少なさ?)。動作確認のため、体験版で必ず確認を。

DLSITE24時間ランキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする