【エロACT感想】アユラクライシス!(製品版)

アユラクライシス!
アユラクライシス![ダメージ床の上で]

連続コンボで爽快感溢れる横スクロールアクションゲーム

本作はウディタ製の女主人公横スクロールアクションゲームです。ジャンルとしてはBeat ‘em up系(1ラインのファイナルファイト)に近く、その場にいる敵を全て倒すと先に進めるゲームです。ステージは拠点となる教会、それにアイテムを購入する町(トイレや相撲みたいなごろつきもいます)以外は5つのステージ(体験版は2つのステージ)が遊べます。
アユラクライシス!_ステージ1 アユラクライシス!_ステージ2 アユラクライシス!_ステージ3 アユラクライシス!_ステージ4

まず、真っ先にアクションとしての長所を挙げておくと、自キャラの操作感がとてつも無く気持ちよいこと。攻撃ボタンと左右方向キーの組み合わせで簡単にコンボが実現できます。コンボ時の動きがダイナミックでありながらスムーズです。コンボ後の事後硬直の隙も適度に緊張感を与えてくれる適切な時間。そして、雑魚が数体いても全員にまとめてダメージ。そして雑魚敵に関してはどんな攻撃に対しても仰け反ってくれます。非常に快適なコンボプレイを決めることができます。ジャンプ中に攻撃でジャンプキックなども。
アユラクライシス!_攻撃1 アユラクライシス!_攻撃3
▲細かいモーションの動きもきっちりしています。

また、敵にダメージを与えるとMPが上昇、任意のタイミングでボタンを押下でオーバードライブが発動します。ダメージ力アップや無限コンボ可能、敵攻撃によるのけぞり無視などの強力な支援効果が付属します。そして移動や攻撃で赤い残像が付きかっこ良さもアップ。特に敵攻撃ののけぞり無視がでかく、敵を一方的に攻撃できる謎の爽快感があり、本作のアクション面を面白くしている最大のポイントでもあります。

ただし、発動時にMPとLim(オーバードライブ発動時間)が変換され、発動後は時間経過、攻撃、被ダメージ時に減少していき0になると通常状態に戻ってしまいます。発動時のMPがLim量に大きく影響。また、任意のタイミングで戻ることができ、その時はLimの余りでHPを回復させる仕様。つまり、通常時で敵にダメージ、MPが溜まり敵の攻撃でダメージを受けたあたりでオーバードライブ化、受けたダメージを回復できる分量のLimになるまで敵に攻撃してからオーバードライブ解除という流れで進みます。
アユラクライシス!_オーバードライブ1 アユラクライシス!_オーバードライブ2
▲残像がかっこいい。

また、ゲーム性としては、それぞれの硬直時間を考慮しなければいけません。通常時の最終コンボ時、オーバードライブ発動時には短い硬直時間が、そして、オーバードライブ終了時にはそれなりの硬直時間があります。この時、敵近くにいると思わぬ攻撃を受けてしまうことも。また、自分から発動するこれらの硬直時間は予測可能ですが、敵の特定攻撃でもスタン状態になります。矢印連打で治りますが、敵が密集していたりすると、この間に次々攻撃を食らってしまい、HP満タンだったのが一気に瀕死になる場合も。そして敵から離れてオーバードライブ発動→すぐ解除でHPを回復することが気持ちよかったりもしますが。

その他、ボスキャラ達は装甲という概念を持っています。装甲を破壊しないと与えるダメージが小さくなり、仰け反りもしません。装甲は時間と共に回復するため、一定時間に攻撃を集中する必要があります。破壊すると通常敵と同じように仰け反るため一方的に攻撃できるように。ただし、装甲は破壊しても一定時間で完全復活します。
アユラクライシス!_ボス1 アユラクライシス!_ボス2 アユラクライシス!_ボス3 アユラクライシス!_ボス4
▲攻撃方法も1ボスにつき3,4種存在し多彩です。単純な物量責めでは勝てません。

レベル制となっており、敵を倒した経験値でレベルが上昇。他、入手したお金を使って町で道具を購入できます。道具は回復系の便利なアイテムもありますが、発情系などエロステータスを悪化させてしまうようなものも。
アユラクライシス!_ステータス
▲ステータス画面、主人公の状態によって立ち絵ドットも変化します。

いずれにしても、範囲が広い攻撃射程やキャラのアニメモーション、心地良い打撃音などアクションを快適にプレイするために必要な要素が組み合わさって、EASYでのプレイだと三国無双系のなぎ倒す爽快感の高いプレイを実現しています。ハードにするとこれまた、敵の動きを見切って慎重にプレイするテクニカルなプレイに早変わり。敵を殴るだけでも面白いゲームになっています。また、主人公は衣服着用以外にいくつかの部位に分けて着脱が可能であり、その全てがモーションに反映されます。

状態異常に尖っているエロアニメーション

ここまでの要点としては、コンボゲー横スクロールとしても面白いゲームであることです。その上で本作の良さは状態異常エロとドット絵アニメーションの高品質さ。
アユラクライシス!_クネクネ
▲羞恥心でクネクネする通常時の動きもエロい

まずは単純に敵のエロ攻撃。敵に拘束された際に矢印キーで振りほどかないとお尻を叩かれたりレイプされるなど、その敵固有のエロシーンに移動します。ドットアニメーションですが、動きのヌルヌルさに加え、いわゆるフェチをくすぐるような動きと表情をすることがポイント。特に目元や口などの動きにいやらしさが存分に込められています。
アユラクライシス!_雑魚エロ1 アユラクライシス!_雑魚エロ2

この動きのエロさはトラップでも同様。トラップはその場に置かれており一定秒毎に発動しますが、その時に自キャラがトラップの前にいると捕まってしまいます。木馬に拘束されて股をしごかれたり、洗脳装置で頭と胸と股を刺激されるようなシーンが用意されています。
アユラクライシス!_トラップ

なお、HPが0になった時点で、その魔物に敗北したとして、2,3クリックほどのテキストで敗北エロその後が語られます。
アユラクライシス!_雑魚敗北

その上でエロシーンには様々な状態異常が付加されることがポイント。敵のエッチ攻撃を受けると基本的に発情値が上昇します。また、媚薬風呂トラップに浸かってしまうと発情値が勝手に上昇します。さらに発情値マックスの状態でさらに発情状態になると変態発情になったり。発情状態が高いと戦闘中であれ、移動中であれ勝手にオナニーを開始、オナニーは矢印ボタン連打で終了しますが、ほうっておくと絶頂してしまい、MPが0に、そして矢印回避不可なスタン状態にもなってしばらく動けなくなります。
アユラクライシス!_媚薬

その他に恥辱、魅了など様々な状態異常が発生。場合によってはボス敗北(後述)の単一エロ用のみに作用する状態異常も存在します。そして、エッチなことを続けると性感開発度や性癖進行度など各種エッチステータスがどんどん増加。プレイヤーは初期状態だと恥ずかしがって装備で衣服を脱ぐこともできませんが、次第に簡単に脱ぐようになります。
アユラクライシス!_エロガキ
▲ちなみに町にて小僧が脱衣いたずらをするイベントがあるため、初期状態でも裸プレイは可能。

アユラクライシス!_トイレ2 アユラクライシス!_トイレ1
▲町のトイレには危険がいっぱい。特定条件化では特殊なイベントも

アユラクライシス!_実績
▲それぞれエロい状態を繰り返していくと、エロ実績が溜まっていきます。

驚きと工夫に満ちたボスの敗北エロシーン

計5つのステージは、それぞれ最奥にボスがいます。雑魚敵に敗れた際もそれぞれ敗北エロシーンが用意されていますが、ボスに敗れた場合もエロシーンは別格です。そして、各ステージで赴きが全く異なっていることも特徴。

最初の2ステージはアクション用とは別の巨大ドットを利用したアニメーションシーンが売り。ですが、2ステージ目は破れてしまう洞窟から逃げるというアクションパートが用意され、逃げようとするも敵のエッチ攻撃に囚われて自ら捕まってしまったような演出を実際にプレイヤーが操作して行います。
アユラクライシス!_花1 アユラクライシス!_花2
▲1ステージ目敗北のドットアニメーション。

また、3,4ステージでは特殊な部屋が用意されていることが特徴。一種類紹介すると3ステージ目は科学者の実験室にて状態異常「ふたなり」を付与された状態で投入されてしまいます。実験室には3ステージ目に登場する雑魚女の子モンスターも一緒にいます。最初は我慢する主人公ですが、実験室には媚薬草トラップに媚薬があり、吸ってしまうと発情。この状態で女の子モンスターに話しかけると「オナホール」「セックス」などの選択肢が現れて、同じくふたなりになっている女の子モンスターと一緒に器具を使ったりセックスをして発散してしまいます。

また、「射精を我慢する」の選択肢があり、選択すると、その間はオナホールでもセックスでも射精ができなくなってしまいます。最終的に「射精したい」で解除。このように部屋内で淫蕩に耽る敗北エッチとなります。4ステージ目も状態異常の嗜好などは異なりますが、似たような傾向。
アユラクライシス!_フタナリ1 アユラクライシス!_フタナリ2 アユラクライシス!_フタナリ3 アユラクライシス!_フタナリ4

5ステージをクリアした後はおまけ要素とやり込み要素が解禁されます。と言ってもある意味こちらが本番。やり込み要素はステータスがレベル1の状態から開始する高難易度ダンジョン。そしておまけ要素は様々なデータが収録されているモードです。ギャラリーではアクション系の全アニメーション、H系の全アニメーション、各敵キャラやエフェクト、そしてボス系敗北で閲覧できるEvアニメも全て収録されています。又、各状態異常ステートやスキルの説明欄も。いわゆる鑑賞モードです。それぞれ現在の主人公衣服にあわせているため、衣装の脱衣をするとギャラリーモードも全て脱衣差分に切り替わります。

そして、コマンドでは主人公の状態異常付加や遠景・マップを切り替えた上で好きな敵やトラップを出現させることができます。ボス敵を同時に出現させたり、女雑魚キャラを画面一杯に出現するようにしたりと好きなように敵キャラをどんどんと現れるようにできます。

アユラクライシス!_おまけ1
▲同じボスを2体出現させてみました。

アユラクライシス!_おまけ2
▲女の子を出せるだけ出してみました。

私の現在プレイ時間は4時間ほど。クリアそのものは1時間30分ほどですが、その後にごにょごにょ様々なことをしていました。アクションとしての面白さやドットアニメーションの品質も保っており、全般的にクオリティの高いエロアクションゲームとなっています。その上で状態変化エロとアクションを融合した稀有なゲームであると思います。あと、個人的にはこのアクションをウディタで一から作り上げていることに驚きがありました。ウディタも要素を分解すればひらがらとツールで行うプログラミング言語みたいなものなので、理論的にどんなゲームでも作ることができますが、当然RPG用ツールなのでアクション用のアセットやコモンなどはほとんどありません。この何も無い状態から、ここまで爽快感のあるゲームを作っていることに作者の技術力と情熱を感じました。

購入はこちら
DLSITE:アユラクライシス!

DLSITE24時間ランキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする