アスモディウスの召喚(体験版簡易感想)


アスモディウスの召喚[PinkPeach]
海外サークルによる2.5D横スクロールアクションゲーム。が、Unity3D製でアクションとしてはまずまずの面白さがありそう。

直接剣攻撃+敵を倒すと入手できるバーが無くなるまで撃てる銃がメイン武器。操作感には3Dポリゴン特有の癖があります。序盤から2段階ジャンプあり。剣は3コンボ後、銃は2発射後ぐらいに硬直時間があります。この硬直時間が厄介で、敵の遠距離攻撃でダメージを受けてしまう要因。しかも1回の攻撃でHPゲージがごそっと奪われるため、あまりミスは許されません。また、敵を避けて強引に先に進むのもこのダメージの高さでリスクがあり不可能。私は難易度の高さにより体験版クリアは断念しました。具体的にはミスが許されない体力関係とミスが発生しそうな敵攻撃のバランスコンボでアクションが得意で無いと細かい作業でダメージをちくちく受けてしまうためです。

そこまで難しいわけでは無く、操作と敵攻撃のバランスが私に合わないだけで、クリアできる方は簡単にクリアできるかと。プレイヤーの動きに癖があるため、敵の攻撃を避けながらチマチマ攻撃するテクニカルプレイが好きな方は楽しめると思います。

ゴブリンやオークなど特定の敵と接触した場合はアクション中のエロ発生。腰振り中に一定の大きさになるまでズームアップし、矢印方向連打の回避に成功した後に射精がはじまるという仕様。そのため、捕まったら絶対に種付けされます。(ただし、回避に成功してから射精まで多少の時間があるので、連続して何度も見ると飽きるかも)

また、敵敗北時には、ものすごくヌルヌル動く高クオリティの敗北エロ動画が用意されています。私が見たのは凡用敗北エロ系ですが、挿入前の怯え、挿入中、事後までをいくつかの段階に分けて動画で表現しています。

DLSITE24時間ランキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする