【エロRPG感想】働くアイリがキリ斬りス(製品版)

働くアイリがキリ斬りス_ブラックジャック3 エロRPG

働くアイリがキリ斬りス
働くアイリがキリ斬りス[トリプルプレイ]

圧倒的強者側で我儘な女主人公アイリが、弱者の身分になりアルバイトで貶められていくシチュと立ち絵エロ+カットインエロ系の5段階を基本とした段階差分システムが売りのエロRPG。様々なシチュに衆人環視や複数人鑑賞の恥辱を組み合わせたシチュがほとんど。

RPGツクールの歩行と会話テキスト、カットインの組み合わせを駆使したエロイベントが特徴で、1エロ最低3分ほどのエロシーンがあります。自ら歩行しながら、沢山のNPCにエッチしてもらう系統のエロシーンも大量に用意されていることも特徴(おそらく、プレイヤー自立型歩行エロがここまで大量に用意されたゲームは初)。立ち絵エロ恥辱シーンの段階差分系では間違いなくトップクラスの出来でボリュームもたっぷり。

私のプレイ時間は10時間ほどですが、うち9時間がエロシーンです。コスパもかなり良く、少なくとも販売数4桁後半でもおかしくないレベルのゲームです。立ち絵エロに問題無く、当サイトの「女主人公エロRPGまとめ」に好きなゲームが多い方は是非チェックしていただきたい作品です。

働くアイリがキリ斬りス_ステータス1 働くアイリがキリ斬りス_ステータス2

強者として君臨していた女の子が、力を使えず屈服していく恥辱エロを追求

本作の主人公は強者でありナルシストである女主人公アイリ。ギルドトップクラスの成績を誇る腕前を持ちつつ、好き勝手に生き、お金のためなら冤罪者も容赦無く殺害、弱者にはいじめ・たかりが当たり前と他では類を見ない強烈な主人公像です。傍若無人な振る舞いをしても実績があるためお咎めなしで、周囲の人物は彼女に対してヘイトを溜めていきます。

前作「アジャイル戦記~AI of Humans~」と強者で崇められていてナルシストである点は共通ですが、前作は周りに頼りにされていたのに対し、とにかく自分勝手で周りに嫌われている点が大きく異なっています。
働くアイリがキリ斬りス_暴言1 働くアイリがキリ斬りス_暴言2 働くアイリがキリ斬りス_暴言3 働くアイリがキリ斬りス_暴言4
▲とにかく過激な発言が目立つアイリ。
働くアイリがキリ斬りス_嫌悪1 働くアイリがキリ斬りス_嫌悪2 働くアイリがキリ斬りス_嫌悪3
▲そして作中人物も心の中でアイリに反感。

そんな彼女がとある理由で借金を背負い、真っ当な方法で稼ぐ手段と愛用の武器を失なってしまいます(現代社会で口座凍結と身分証明ができなくなったような状態を想像して頂ければ)。周りの助けが必要なのに、周囲は彼女を嫌っており、今までの性格も治らない
まま、アイリは真っ当でないアルバイトを探すことになります。

アイリが借金を返済するため、町中でアルバイトを探す段階差分系の恥辱エロRPGです。シナリオメインである前作と異なり、ゲーム本編は完全にエロ特化しています。序盤とTrueエンドまでの結末はシナリオ関係も力を入れていますが。

オープニングは、人権を剥奪された人達が集まる難民キャンプに住むサリュが主人公として物語が進みます。彼女達は知らずに犯罪組織から物資援助を受けており、そこにギルドが強襲。ギルドメンバーは様子がおかしい事に気づくも、アイリは弱者に人権は無いと、難民達を物資強奪犯として殺害していきます。合わせて難民のメンバー達はサリュも含めて犯罪組織に囚われることに。
働くアイリがキリ斬りス_オープニング1 働くアイリがキリ斬りス_オープニング2 働くアイリがキリ斬りス_オープニング3 働くアイリがキリ斬りス_オープニング4
▲アイリのせいで不幸になるキャラ側を描いたオープニング

と、別視点にてアイリの恐怖や傍若無人さを出しつつ、アイリ視点の1章へ。ここでは、アイリがギルドメンバーや行き付けの武器屋などに脅しやたかりをしている場面を描きつつ、医者との会話ではアイリが暴言で値切りを行うも医者側は、鉄槌の名目で彼女を催眠で操って身体を好き勝手します。
働くアイリがキリ斬りス_催眠医師1 働くアイリがキリ斬りス_催眠医師2 働くアイリがキリ斬りス_催眠医師3 働くアイリがキリ斬りス_催眠医師4
▲医者にまで値切ろうとするアイリとタダより怖いものは無いと催眠にかけて好き勝手する医者

その後、身分証を無くしお金を卸せなくなったアイリはギルドメンバーを脅したりして身分証発行のためのお金を得ようとするも全て失敗。仕方無しにエッチなアルバイトをするも、客のセクハラに耐え切れず暴力を奮い衛兵のお縄に。そのまま衛兵達に身体を好き勝手された後、罰金をも背負ったところから本格的なゲーム開始です。
働くアイリがキリ斬りス_酒場1 働くアイリがキリ斬りス_酒場2 働くアイリがキリ斬りス_酒場3 働くアイリがキリ斬りス_酒場4 働くアイリがキリ斬りス_酒場5 働くアイリがキリ斬りス_酒場6
▲酒場でのセクハラに暴力を。店員は全て客が何もしていないのにアイリがと証言し、お縄につくことに。
働くアイリがキリ斬りス_取り調べ1 働くアイリがキリ斬りス_取り調べ2 働くアイリがキリ斬りス_取り調べ3 働くアイリがキリ斬りス_取り調べ4 働くアイリがキリ斬りス_取り調べ5 働くアイリがキリ斬りス_取り調べ6
▲裸で牢の中に捕まり隣の囚人から見放題。その後囚人の牢直前でヌードの披露を強制された後、取り調べにて多くの衛兵に見られ・触られつつ連続絶頂の罰。今まで好き勝手生きてきたアイリが初めて涙を見せ絶望した瞬間。

体験版でプレイできるのが、ここまでなので一見すると一本道に見えるのですが、ここから先は完全に好きな仕事を探す段階差分系エロRPGになります。各仕事や段階でそれぞれ必要淫乱度が異なり、ある仕事を特定まで進めると別の仕事が発生することも。基本は1日1仕事(1エロ)をこなすと疲れて就寝。ただし、「浴場」や「カジノの賭け」、「マッサージ」など一部のエロは仕事と関係無しに1日1回可能(マッサージは仕事の疲れを回復する効果もあり)。
働くアイリがキリ斬りス_混浴1 働くアイリがキリ斬りス_混浴2
▲混浴イベントと言えばやっぱり。

就寝すると夜のパートに。アイリは夜になるとリリスという別人格が現れます。アイリはリリスを知らず、リリスはアイリの記憶も保持しているパターン。このリリスはエッチを趣味の一環と捉えており、アイリが悲惨な目にあった後も見守るような気持ちでおり、そして自由に動ける夜は町に徘徊してスリルやエッチを楽しむ淫乱気質。また、夜の町はオープニングで登場する女性や、ライバル的なギルドメンバーとの会話などメインシナリオに大きく絡むイベントが多数用意されています。こちらもエロイベント、又はシナリオイベントを1回こなすと翌日の朝になり人格もアイリに変更。
働くアイリがキリ斬りス_リリス1 働くアイリがキリ斬りス_リリス2
▲セクハラにも耐性があるリリス。
働くアイリがキリ斬りス_リリス3 働くアイリがキリ斬りス_リリス4 働くアイリがキリ斬りス_リリス5
▲夜パートはシナリオやエンディング分岐に直結するキャラ達との交流も大事。
働くアイリがキリ斬りス_事後1
▲アイリエッチ後の夜パート開始時にリリスがそのエッチの感想を述べる点も良かったです。

つまり淫乱度をじょじょに上げていくアイリパートと淫乱度が高い状態でエッチを楽しむリリスパートを同時に進めていくことになります。日にちの制限は無いのでゆっくりプレイできます。

その他、難民キャンプにいたはずの少女をアイリ・リリス共に目撃したり、オープニングで登場したサリュは、脇役となり特定のイベント時に闇組織に調教される場面も。徐々に思い出す過去の記憶によりリリスの秘密に近づくなどもあります。本編はリリスパートの一部以外、全てのイベントがエロ系であり、これらの謎の提示もエロと密接に関わっています。とにかくエロ塗れ。
働くアイリがキリ斬りス_サブキャラ

エンドは6種。いずれも各段階差分を好きなように進めればエンド分岐で選択肢が出るので1周での回収も可能かと。ただし、選択肢は必ず逮捕されるようにするなど一部条件もあります。

竿役の手の動きに臨場感ある立ち絵エロを駆使した5段階差分

5段階を基本とした段階差分エロなのですが、他の段階差分エロRPGより大きく差別化をはかっています。まず、一般的な点として、全てが立ち絵とカットイン、歩行キャラの組み合わせで作られている点。立ち絵はたぶん基本10~15枚ぐらいで若干少なめですが、全く気にならないほどの多彩なシチュと衣装、そして竿役の肉棒や手の動き。

手や肉棒はシルエットで身体中を這うのですが、この動きが素晴らしいです。手だけで複数の差分があり適宜配置し、テキストや状況に合わせて上下・左右・円を描くように・楕円を行き来するようになど数種類の動き方が用意されています。手の位置もピンポイントに乳首をこするような動きだったり、太ももを撫で回す適切な角度と動き方だったり。這う位置と動きの角度が絶妙です。それらが1つだけでも複数でも、フェラやキスと同時でも大きく印象が変わります。

この動きにエロさを感じるかは大事な点だと思いますので体験版での要点チェック項目。
働くアイリがキリ斬りス_手1 働くアイリがキリ斬りス_手2 働くアイリがキリ斬りス_手3
▲手の動きは滑らかでいやらしい。
働くアイリがキリ斬りス_指1 働くアイリがキリ斬りス_指2
▲こするように動きます。

また、立ち絵とカットインに合わせてツクール系歩行の動きも適切です。CGエロでは実現できない映像効果を表現しています。大量の人間に見られて行う恥辱シチュが非常に多く、拍手や歓声などの効果音もあり、ツクールの動きを多用したエロはゼヴェンの孕姫に通づるところがあります。1シチュの時間が3~5分と長い点もゼヴェンとの共通項です。

また、挿入を伴うような過激なセクハラが2,3段階目と比較的初期段階から出現。セックス含む恥辱を多くの人に見られることがほぼ前提となっています。

一部のエロはシナリオ上繋がった段階差分から別の段階差分に派生します。例示すると、本作のカジノイベントはまず通常の賭けで数日分のイベントがありますが、次に野球拳系の賭けイベントが発生、その後、何回か繰り返すと大勝負イベントが発生して借金を負ってしまい、金貸屋のイベントが派生。その後、そのままカジノではアルバイトが可能になり、今までのお客側とは全く異なる段階差分イベントが展開するという形式で繋がっていきます。客側・アルバイト側合わせてカジノだけでも8段階。

また、カジノも含めて、いくつか大イベントの最終段階は、選択肢が現れて複数の後述する歩行型エロイベントに分岐。全てでNPCのセリフが変化するため、実質的にシチュ数で言えばカジノでも10段階を超えます。

最初は嫌々拒否できずセクハラに耐える日々を送るアイリちゃんですが、最終段階ではちゃんと自ら求めるようになります。段階が多いので、その変化が少しずつであり、わずかな変化にエロさがあります。
働くアイリがキリ斬りス_噂1 働くアイリがキリ斬りス_噂2 働くアイリがキリ斬りス_噂3 働くアイリがキリ斬りス_噂4
▲アイリがエッチな目に遭うと、リリスがビデオを売却する(回想が見れるようになる)設定のため、エロシーンを行うほどビデオが流出し噂が広まります。

シチュは、医師による催眠治療、オナニー、酒場アルバイト、闘技場(必ずエッチな目に遭います)、風俗、カジノ、取調べ、金貸し、倉庫整理、広場での痴漢、マッサージなど。ただし、実際にゲームでプレイすると言葉からは伝わらない驚きの発想があります。例えば闘技場は何等かで衣装が破れたりしてエッチな格好で衆人環視の元、対戦相手と戦うのですが、段階が進むと敵の(エッチな)攻撃方法が多彩になり観客への見せ方も変化していきます。
働くアイリがキリ斬りス_オナニー1 働くアイリがキリ斬りス_丸見え2 働くアイリがキリ斬りス_丸見え3 働くアイリがキリ斬りス_丸見え4
▲オナニーは前作もなのでサークル特有ですが、自分の身体に見惚れるナルシスト的な言動があります。
働くアイリがキリ斬りス_闘技1 働くアイリがキリ斬りス_闘技2
▲第一段階では薄着でポロり程度ですが……。ちなみに勝利後はグラウンドを1周して自分を見せて回るきまりがあります。

本作は6回、「逮捕」される可能性があります。逮捕後は留置所の衛兵による凌辱タイムとなっており、その後罰金刑10万を負います。罰金刑は期日以内に収めないと罰則があります。
働くアイリがキリ斬りス_痴漢1 働くアイリがキリ斬りス_痴漢2 働くアイリがキリ斬りス_痴漢3 働くアイリがキリ斬りス_痴漢4
▲痴漢に切れると逮捕。逮捕時は選択で分かるようになっています。この町はおかしな決まりで性犯罪者に優しいため、アイリのみ連行。
働くアイリがキリ斬りス_取り調べ7 働くアイリがキリ斬りス_取り調べ8 働くアイリがキリ斬りス_取り調べ9 働くアイリがキリ斬りス_取り調べ10
▲2回目の逮捕時は、穴にバイブまで入れられてしまいます。段階差分系の強みである少しづつ過激に……。

段階差分内にプレイヤー主導歩行型のエロシーンを大量に用意

もう1点の差別化は特定イベントにて自ら動いてエロいことをされるためにNPCと話すミニゲームが非常に多いこと。これは上記で例示した「ゼヴェンの孕姫」以上に用意されています。そして、段階差分の途中や最後に組み込まれることが多いため、例えばその次が普通のイベントであっても感情移入度が凄まじくなります。
働くアイリがキリ斬りス_丸見え1 働くアイリがキリ斬りス_丸見え2 働くアイリがキリ斬りス_丸見え3
▲チュートリアルイベントではサブキャラにいたずらされ、スカートを固定された後に町をウロツクことができます。移動できる場所全員に追加のセリフが。嫌われているので、だれも注意してくれません。

カジノのイベントを紹介します。「脱衣ブラックジャック」で敗北すると服を脱ぐミニゲームが発生。この時は賭けで負けるたび、自動で脱いでいきます。そして、全部負けると裸のまま、衣服をカジノ内に隠され、客や店員が見守る中、裸で衣装の入った宝箱を探すことに。一人一人セリフが用意されている他、複数ある宝箱を開けるたびにエロトラップ風の仕掛け+それを店員が見た反応のコンボ。
働くアイリがキリ斬りス_ブラックジャック1 働くアイリがキリ斬りス_ブラックジャック2
▲プレイ中にどんどん観客が増える脱衣ブラックジャック
働くアイリがキリ斬りス_ブラックジャック3 働くアイリがキリ斬りス_ブラックジャック4
▲そして、観客が道を塞ぐ中、順々に宝箱を開け着替えを探すことになります。

このイベントが終わっても再度「脱衣ブラックジャック」が行われますが、今度は負けるたびに脱ぐ部位を選択できます。順当に靴下、手装備などから外し、ブラ・パンティと脱ぎ最後に上着でも可能。でも、最初にブラ、上着、パンティ、スカートと脱ぐと順当の場合とは客や対戦相手の反応が全く異なるセリフになります。
働くアイリがキリ斬りス_ブラックジャック5 働くアイリがキリ斬りス_ブラックジャック6
▲序盤から他を無視して下半身すっぽんぽんにすると……。

カジノではその後、アルバイトとしてバニーガールになって接待が3段階ほど。その全てで衣装が異なったり、いじめにあったりで全く内容が異なり、当然全てのNPCもセリフが変化。それぞれに個性がついており、アイリがエッチに変化するほどセリフもその個性でエッチに煽る点もエロい。カジノのNPC数は30超えており、テキストも最低4,5クリック分あるし男キャラなら高確率で立ち絵エロまで移行します。そして、歩行型エロの中、個別に賭けイベントなど大掛かりなネタも仕込んでいます(各段階で内容が異なる点も上手い)

また、それぞれの段階で衣装が異なるのですが、最終段階ではアルバイト開始時に衣装を選択できるように。各衣装ごとに最終段階用のテキスト差分が用意されています。

他の例でいくと、倉庫管理の手伝いというアルバイトがあるのですが、その裏は働いている人への性奉仕。アイリを歩行させて一人一人に奉仕しにいきます。依頼をこなすまで帰れないと知ったアイリは一人づつ応援と言う名の性的奉仕をすることに。
働くアイリがキリ斬りス_倉庫1 働くアイリがキリ斬りス_倉庫2 働くアイリがキリ斬りス_倉庫3 働くアイリがキリ斬りス_倉庫4
▲ちなみにこれは第二段階で、第三段階になると屈強な男達の巣に放り込まれ、さらに悲惨なことに。

また、最終段階は複数の選択肢が用意されていることも特徴。酒場の場合は体験版でも確認できるのですが、客に注文を届けながら客からセクハラされる歩行エロになります。これが様々な衣装や主人公の状態で行うのですが、最終段階はそれまでに無い5種類のエロ衣装から選択。それぞれで客や店員の反応が全く異なります。また、基本的には酒場で客に話すだけなのですが、やはりこちらも創意工夫で満ちており、とんでもないエロ系ゲームが発生することも。
働くアイリがキリ斬りス_酒場9
▲酒場イベント。段階によっては、それまでの趣向と全く異なるようなことも。
働くアイリがキリ斬りス_酒場10
▲最終段階での選択肢。全てにおいて、各段階と同じ程度のNPC分テキストが用意されています。

ちなみにこの種のイベントはほとんどが約10~15分ですが、一つだけ45分ほどかかる特大イベントが用意されています。強制露出+ギルドで今までアリスに虐げられてきた人間達が関わるシチュ。作者が気合を入れて作っただけにシコ度も一番高いもの。

5種類あるそれぞれのエンドでも、特定の場所内をうろついてエッチをするマップで終了します。それぞれアイリの境遇だけでなく、思想の変化、アイリ以外のキャラや政治内容まで大きく変わるエンドであり、どれも見応えあり。さらにTrueエンドの場合は熱血展開の章を経て舞台となる町のエンド後を歩きまわることが可能になります。この時、通常の歩き回り以外に全裸徘徊も可能に。通常時・全裸時とも全てのNPCのセリフが変化しており、見応え充分(エンド後のマップ回るだけで30分以上かかりました。)。

購入時の注意点は、やはりアイリの性格です。オープニングや本編開始前の序盤は暴言を吐くアイリ。本編に入るエッチ時はほとんどアイリが性的に貪られる被害者であるため、暴言も正当性があるし、境遇が変わるため、セリフもマイルドになり弱まります。終盤も暴言を吐くのですが、暴言の中にもコミカルさがあるなど序盤と異なります。

エンディングまで見た感想として、最後まで唯我独尊を貫くアイリの挫折と成長がテーマだと思います。特にエンド後は相変わらず我儘全開なのに序盤とは大きな違いが感じられて、成長が嬉しくなります。他のエンドも大なり小なり自分の生き方を貫いています。私は好意的に見ましたが、きっと特に序盤の生き方を許せず、成長はいらず反省が必要と思う方もいるでしょう。その他、今回は文字分量の関係から紹介が短くなったのですが、夜担当のリリスもビッチさの中に落ち着きがある独特のエロとして良いシチュでした。

回想はアイリ15(2~7段階(ほぼ5)差分含み68)、リリス3(段階差分含み10)、その他1(段階含み5)、エンディング8の計94です。上述した通り、歩行エロ内のエロや最終段階の選択肢を含めるとさらにあります。衆人環視恥辱・段階差分・強者が力を出せなくて性的にいじられるシチュ、そして歩行イベントや立ち絵エロが好きな方全てに是非チェックしてもらいたいゲームです。

購入はこちら
DLSIET:働くアイリがキリ斬りス

サークルの他作品感想

【エロRPG感想】アジャイル戦記~AI of Humans~(体験版)
エロRPG「アジャイル戦記」の感想です。VR世界に閉じ込められた主人公が脱出するため、ハッキング側の敵勢力下の街であれこれする話。輪姦を中心とした凌辱がシチュの基本。テキスト力が非常に高いため、世界の中に浸りやすく感情移入しやすい物語中心のRPG。

感想は体験版のみのため、製品版の補足をするとシナリオ重視系統。一部サブイベの恥辱エロもありますが、ほとんどがメインイベント中で発生するもの。そのため、今作とエロの雰囲気は全く異なります。

似たゲームの感想

【エロRPGレビュー】ゼヴェンの孕姫(製品版)
エロRPG「ゼヴェンの孕姫 / ラブリープリチー超愛してる」の製品版感想です。最終的に強制露出から妊娠・出産まで発展する8段階差分と各段階に用意された大量のエロシチュでエロさ・ボリューム共満点の恥辱エロ進行形ゲームです。

ツクール歩行キャラを駆使した立ち絵エロを多用している点と衆人環視の恥辱エロである点

コメント

タイトルとURLをコピーしました