VREA 少女と仮想世界の秘密(体験版感想)

VREA 少女と仮想世界の秘密_ダンジョン3 体験版感想(スクショあり)

VREA 少女と仮想世界の秘密_タイトル
VREA 少女と仮想世界の秘密[感謝祭ソフト](予約中

主人公「佐倉茜」がVRMMO RPG「VREA」にログインしてダンジョンを攻略していくRPG。アバターをカスタマイズできるゲームですが、美男美女の場合は補正無しプレイヤーとして、カスタマイズ不可で現実を模したアバターが形成される特殊なメイキングシステム。茜も現実そのままの姿でログイン。補正無しプレイヤーが1人いるだけでログイン率やユーザー増加で貢献するとかで、茜はゲームのスポンサーからお仕事としてイベント参加契約を受けることになったのでした。
VREA 少女と仮想世界の秘密_町1 VREA 少女と仮想世界の秘密_町2 VREA 少女と仮想世界の秘密_町3

しかし、特定条件化、中ボスやボス戦で敗北してしまうと何らかが起きるという噂が。実は運営側4人が結託して、中ボス敗北になった女性を催眠状態にし、エッチするという外道極まりない行為がまかり通っていました。しかも中ボスで2回頂かれてから3回目にダンジョンボス戦で敗北してしまうとその相手を好きになってしまうというお墨付き。
VREA 少女と仮想世界の秘密_運営
▲いろいろと企みが。
VREA 少女と仮想世界の秘密_エロ1 VREA 少女と仮想世界の秘密_ダンジョン2 VREA 少女と仮想世界の秘密_ダンジョン3 VREA 少女と仮想世界の秘密_ダンジョン4 VREA 少女と仮想世界の秘密_ダンジョン5
▲特定条件化で、運営者に喰われてしまいます。運営は4人で攻める順番をじゃんけんで決めていたので、多分……。
VREA 少女と仮想世界の秘密_前作キャラ1 VREA 少女と仮想世界の秘密_前作キャラ2 VREA 少女と仮想世界の秘密_前作キャラ3 VREA 少女と仮想世界の秘密_前作キャラ4
▲前作キャラも運営と敵対という形で本作にも登場します。オープニング(時系列的には体験版よりも後)で茜との戦闘が示唆されていますが、陰謀渦巻く運営とどのように関わるのでしょうか。

そんな中で、運営からわざと敗北してバグを検証したいという依頼を任意で頼まれることになりました……。

ゲームシステムは現実とVR世界を行き来するRPGです。カードバトルが主体となっており、敵を倒すと初回に限り相手のカードを入手できます。茜の心が強くなる(ゲームが進む)たびに茜のカードが強くなり、戦闘デッキの枚数が増加、最大5枚+1枚の補助をセットして戦闘します。主人公・敵側ともデッキにセットした順番に1VS1のカード対決を行い、全てのカードが無くなった方が敗北。

カードの性能は固定で、敵のカードも戦闘前に予め分かります。また、ランダム要素は一切排除されているので、戦闘前のデッキ組みが全て。

体験版範囲は序盤のためか、強ステータスのカードをセットすれば力押しで勝てます。カードはそれぞれHPや攻撃力、タイプや属性、そしてスキルが異なっており、適正バランスになった頃から戦略性が一気に増して面白くなりそう。
VREA 少女と仮想世界の秘密_戦闘1 VREA 少女と仮想世界の秘密_戦闘2 VREA 少女と仮想世界の秘密_戦闘3
▲ツクール戦闘で言えばメンバー順に攻撃方法が完全に決まったオート戦闘を行う戦闘。ビジュアルが素敵。

そして、メインはダンジョン探索。プレイヤーやダンジョンの敵(強制戦闘はボス戦のみで、全てのシンボルは接触後の選択肢で任意)とカードバトル。勝利すると敵のカードのコピーを頂けます。また、中ボスを倒すまでに戦ったプレイヤーの数に応じて、運営から報酬が貰えます(実質ストーリーを進めると茜カードが強くなったりデッキに組み込める数が増えたりするのですが、中ボスを倒すまでという条件にやり込み要素があります)。
VREA 少女と仮想世界の秘密_ダンジョン1 VREA 少女と仮想世界の秘密_ダンジョン2 VREA 少女と仮想世界の秘密_ダンジョン3

使い道の無いカードが多いのですが、全てにイラストがあるのでカード一覧を見るとコレクター要素が疼きます。
VREA 少女と仮想世界の秘密_カード1 VREA 少女と仮想世界の秘密_カード2
▲辞典があります。

また、一部のプレイヤーは茜に一定以上の魅力が無いと戦闘に応じないため、下着やアクセサリ、(おそらく後半になると衣装も)を整える必要も。現実とMMOを繋げることが運営の方針らしく、それらは現実のお店でデータとして購入します。体験版時点だと現実で行ける場所は少なそうですが、後半になると分からず。
VREA 少女と仮想世界の秘密_現実1 VREA 少女と仮想世界の秘密_現実2 VREA 少女と仮想世界の秘密_現実3
▲レストランで食事をすればステータス回復など。MMOの町は会話が主で実質的な町施設効果は現実の方で行います。また、現実でイベントが発生する場合も。

他、ダンジョン内は最大HP・MPの増加など(カードバトルをする度に減少する茜の体力。0になると強制ログアウト。)ステータスアップ系が素材のように落ちています。

現時点での懸念点は、エロ要素が中ボス、ダンジョンボス(体験版は不可)に敗北した場合に限定されているため、ほぼ全年齢RPGとなっていること。モブNPCが1行の簡単なセリフのため、話しかけがいがないこと。そして主人公をサポートするAIが今作も登場しますが、前作までは女の子に安心な援交を勧めるという皮肉さとコミカルさを合わし持ったAIに対して、今作は普通の説明AIに近く会話の面白味が半減している点など。
VREA 少女と仮想世界の秘密_AI1 VREA 少女と仮想世界の秘密_AI2 VREA 少女と仮想世界の秘密_AI3
▲今作も勝手に茜の友人にメールを送信するなど、暴走気味ではあるけど前2作ほどのコミカルさが無い点は課題かな。一番会話が多いキャラなので。

カードバトルは戦略性次第ですが、バランスさえ練れば普通に面白そうでした。本格的なカードバトルほどの複雑さも無く、簡易的に楽しめ、その割にパズル的な戦闘が楽しめそうな点が気に入りました。

予約はこちら
DLSITE:VREA 少女と仮想世界の秘密

コメント

タイトルとURLをコピーしました