Steel Fist(体験版簡易感想)

体験版簡易感想

Steel Fist
Steel Fist[侍] (FANZAはこちら)
スパロボ二次なエロRPG。

地球進軍中のゲスト軍戦艦に乗っていたエリート兵である主人公は上官に指示を下されている時に突然消え、地上の裏側にある世界リガイアの邪教司教ルオの前に召喚されます。主人公はルオ指示の元、邪教壊滅に力を入れる王国軍を撃退。主人公はルオが生贄として必要としている王国王女を手に入れるため、身分を隠して王国が主催する大会に出ることになります。

王国は多数の地上人を召喚しており、大会では理由は不明ですが彼らを競い合わせることを目的としています。敗者に行われる罰則が不明など闘神都市的なところも。そして、主人公は何故か記憶がありますが、王国に召喚された地上人は全て記憶喪失。かろうじて一緒に召喚された仲間のことがわかる程度。

そのため、スパロボ二次ですが、バックボーンがないエリート兵と記憶喪失のスパロボオリジナル系キャラ達のため、基本的に原作未プレイでも問題ありません。一応体験版で確認できたスパロボキャラはゼゼーナン(オープニングのみ)、アラド、ゼオラ(フェヒト)、オウカ、トウヤ、メルア(ブレイズソード)、テニア、カテュア。私自身は原作をほとんど覚えていません。

さて、本作の魅力はゼノギアスのようなファンタジーロボット世界観かつRPGであること。地上の裏側というラ・ギアスを想像しますが、本作は完全にオリジナルなファンタジー世界観ロボットもの。スパロボ系キャラの機体こそおそらく原作重視ですが、一般の敵や序盤に主人公が乗る機体などは完全にオリジナル。ちなみに主人公にはグランゾンみたいなオリジナル機体が最初に渡されかっこいいのですが、故障して今後は凡用機体に乗ることになります(ちなみに敵キャラも同じ)。でも、1体攻撃型か攻撃力は低めだけど全体攻撃重視か選べて変更も可能。

大会は3人1組、そのため、仲間が2人必要ですが、そのために王国側が召喚した女性を攫って調教することになります。邪教の力で主人公がエッチして精液を流し込むと、主人公に逆らえなくなる呪いがかけられます。また、男性キャラを人質にしており、初回エッチは寝取り風味な凌辱。その後はパーティーにスパロボ女性キャラ2名+ロボットを仲間にし、その後は夜に調教イベントが発生、仲間キャラのエロレベルを上げたり、貢献ポイントをためていきます。

製品版ではその後も女性を凌辱して仲間にしたり新たな機体を入手して乗り換えをしたりと言ったイベントが楽しめるもよう。その他、機兵の強化や装備品なども(ツクールにある機能ですが)。

また、ゲーム序盤で娼館のオーナーに何かを施し、傀儡として仕上げます。その後は、大会で敗北した女性やサブイベントで敵対する召喚女性を調教後、娼館送りにしてお金を稼げるようになります(体験版では未確認)。

音楽はツクールや定番のフリー曲だし、戦闘やフィールドはツクール臭がありますが、ロボット関係の仕様はワクワクさせられるものだし、スパロボ二次と言えどほとんどオリジナル世界観なので体験版は普通に楽しめました。大会以外にはギルドから依頼されて娼館のオーナーをスラムにいる召喚者2人(スパロボキャラ男女)と戦ったり、手配書依頼を片付けるなどのファンタジーらしいサブシナリオもあります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました