「シェーラと三種の神器」の攻略(ボス戦討伐参考例)

攻略

シェーラと三種の神器
シェーラと三種の神器[アスガル騎士団]

感想と他の攻略情報については攻略まとめの一覧で紹介しています。

「シェーラと三種の神器」の攻略まとめ
当ページはシェーラと三種の神器の攻略記事をまとめたページです。フローチャートや歓楽街の詳細、ボス戦攻略をまとめています。

「シェーラと三種の神器」のボス戦の攻略参考例を掲載している攻略ページです。どうしても倒せないボスがいる場合などにご利用ください。現在はオークの森直前まで掲載。検証は2周目処女ルートにてボス戦のみを倒す縛りを設けてプレイした結果です。装備・スキルはその時点で入手可能な縛りを入れています。ラスボスまで「商業都市ナーハイム」で購入可能な装備・スキルに限定しています。エロイベント限定で入手可能なアイテムやオークションで購入可能なアイテム、最終ダンジョンで入手可能なアイテムは極力避けています。

序盤~中盤

ルナニスの森

ザック×2・リーダーザック
氷が弱点のため、木の杖やタリスマンで魔力を高めてのフリージンでチマチマ攻めれば倒せる。ダメージはヒールで回復。でも、最初のボスなので意識しなくてもレベル4ぐらいで「歩兵の槍」程度の装備していれば簡単。ただ、次のボスも氷が弱点のため、フリージンの購入は推奨(杖やタリスマンを後回しでも)。

デッサオの関所

隊長
ルナニスの森のイベントをクリアしているなら、同じく氷が弱点のため、「フリージン」を主体にすれば同条件で勝てる。ボスが奥義発動の準備をしたら次のターンは防御すること。また、奥義→スタン→連続攻撃のパターンがあるため、HPは一定以上確保しておくこと。

デッサオ警備兵×8

マントを着ている敵と魔術師(後ろ左右)以外の敵はスキル「アビス(闇)」が弱点。まず、盾を持っている敵(後ろ真ん中)は羽交い絞めで拘束攻撃を仕掛けてくるため、真っ先に倒す。その後もアビスが弱点になる敵は一撃で倒せるので、同じように攻撃。とにかく人数が多いので1体ずつ減らすことを優先する。残り2人になったら物理武器(ダンジョンで拾える術師殺しの槍で十分)で攻撃すれば各敵2撃で倒せる。

王都シャブロー

旅の戦士戦
特に弱点も無いので盾装備ができる武器か魔法でチマチマ攻撃していく。毒攻撃をしてくるため、スキル「メディア」かアイテム「サプリメント」を数個回復しておくとよい。

王都地下水路

フランタム
計10ターンまで耐えたら戦闘が終了して勝利。盾「メタルシールド」で防御力底上げ、防御。HPが減ったらスキル「ダブルヒール」で回復。また、資金に余裕があれば「バイタルリング」でHPを底上げしておくとよい。要は「ダブルヒール」なので、これだけは忘れずに王都で購入しておくこと。王都でスキルが購入できない場合(関所監獄で道具屋を助けていない場合)、「ネオポーション」で代用。

ダカームの里

ダカームの門番
カウンターを使うため、杖装備+魔法攻撃を主体にするとよい。風が弱点なのでスキル「トルネ」を購入しておく。ただ、そこまで強い相手ではないので、通常装備+ヒールで小まめに戦っても勝利できる。王都で「水晶の杖」と「鏡の盾」(無理なら「メタルシールド」)を購入。

*敵のレベルから考える攻略順はダカームの里が先だが、先にシャンブラの塔「フィールド上、王都上の塔」を探索し、ボス直前にある「催眠術師の杖」を拾っておくと杖購入の費用を浮かすことができる(ただし、ボス戦になる)。

ダカーム近くの森

グラーヴロ
土が弱点なのでスキル「ガイヤー(港町インダスター)」を購入して、杖装備+魔術主体が楽。
拘束攻撃があるので、なるべく「警戒態勢」を使用する。(所持していない場合は港町インダスターギルドのエクストラ講習を受けることで入手)

シャンブラの塔

キングジャングラー
氷属性に弱いため、スキル「フリージン(港町インダスター)」を購入しておく。ダンジョン内で入手できる「火喰いの盾」で火属性の防御に備え、「催眠術師の杖」で魔力強化をはかる。

アングラー海底洞窟

ボス戦:触手×2、アプサランス
弱点は地なので触手は「ブラムス」の全体土攻撃で、アプサランスは「ガイヤー」で攻撃。黒獅子の盾装備。禁欲の札でハートゲージ抑制 ローズリウムで拘束防御。触手は倒しても1体は必ず復活させるため、一度2体倒した後は無視してよい。

ソモモン山

ビグザ
風に弱い。素早さもあり、拘束攻撃を連発するため、ローズリウムは必須。防御力が高いため、キャスティングなどで補助も必要。全体的にステータスは高いので持久戦になるが、装備がしっかりしていたら苦戦はしない。

ならず者の町ガイア

表の見張り
弱点は聖。特に苦戦する戦闘ではないはず。「クルセイダーソード」を装備しておこう。

裏の見張り
ジンは火、デムーニは地が弱点。拘束系攻撃があるため、「ねこじゃらし」か「ローズリウム」を装備しておくとよい。毒攻撃を使うので、スキル「毒抜き」等の回復手段が欲しい。「クルセイダーソード」を装備して、適度に回復していれば苦戦はしない。

3兄弟
次男は「スリーピン(睡眠)」がよく効く。他2人を倒すまでは常に眠ってもらう。その後は三男、長男の順に個別魔法。長男は風、次男は氷、三男は闇が弱点なので、装備しておく。ちなみに眠っていると、ジェットスクリームアタックも不発となる。睡眠が面倒な場合は、ローズリウムなどの拘束対策装備をして全体魔法で攻めるのもよい。

武闘大会
ライデン
闇に弱いので「ダーク」主体。または、この時点だと武器の方が有用な場合もあるので、クルセイダーソード(人間特攻)+ダブルカット+「肩パッド」+「タイタニア」もあり。雷攻撃で「痺れ」を付与してくるので「海月のグローブ」を装備。
邪法では、相手方控室より色気に弱い情報を得てスキル「スカートを捲る」で相手を沈黙状態にできる。魔術師なのでほぼ完封できる状態に。

クルルス
5ターン後に最大HPを超える攻撃を放つので、それまでに勝利する必要がある。クルセイダーソード+タイタニア+バックスラッシュで倒した。

マツナガレ
闇が弱点。物理攻撃は「居合の構え」で反撃をくらうので、アビス+杖主体で戦う。

グレン戦
物理は防御力が高すぎて無理なのでこだわりがなければ魔法戦で。風が弱点。転倒対策の「鋼のブーツ」と拘束対策の「ローズリウム」を忘れずに。

コング戦
クルセイダーソード。特に強力な攻撃を仕掛ける等もないため、楽に勝てる

リマーダ
 風が弱点なので魔法で攻めてもよいが、クルセイダーソードの方がダメージが上。封印対策の「古い本のページ」と拘束対策「ローズリウム」を忘れずに。娼婦で有名になっていると途中から戦力低下して持久戦になってしまう。

暗殺者
麻痺と毒対策に「花の腕輪」と「海月のグローブ」、1ターン目に「神剣ビスト」を装備。特に苦戦することなく倒せると思う。

勇者ロム
保留。

商業都市ナーハイム

賞金首

ボス戦:シーマン
拘束対策にローズリウム、ハート対策に禁欲の札。通常・魔法ともイマイチ効きにくいが毒が効く。そのため「ポイゾネス」で毒状態にして追加効果を与えると短時間攻略が可能になる。

ボラキニーフ
「古い本のページ」で封印防御、「禁欲の札」でハート上昇を抑制。神剣ビストの通常攻撃のみで倒せる

暴走オートマター
氷弱点、拘束対策にローズリウム装備。魔法に弱いのでフリージン推奨。

変態兄弟
シーマンが拘束とハート、ボラキニーフが封印とハート。そのため、2つしか枠の無い装飾品は「禁欲の札」と「古い本のページ」にして、拘束対策は警戒対策にして2ターンに1度使用する。精神安定剤が少し欲しいかも。シーマンはポイゾネスが効くので毒状態にしてから先に倒す。

用心棒

ジンジンマン
氷が弱点。魔法に弱いのでフリージン推奨。あとは攻撃力が高いので防御力底上げのスキルや装備を。

ゴロツキとか10体ほど
拘束対策のローズリウムと転倒対策の鋼のブーツを装備して、全体攻撃魔法を使うと3ターンで倒せる。

裏闘技場

奴隷剣士ゴッブ
毒を使用するので「花の腕輪」を装備 光が弱点。

闘技場オーク
拘束があるのでローズリウムを。また氷弱点+魔法に弱いので、フリージン主体で戦うと楽に勝てる。

ゲオラルド
魔法全般に弱い。拘束があるのでローズリウムを。

キシリー
拘束対策のローズリウムと転倒対策の鋼のブーツを。攻撃は物理主体で攻めるとよい。

スコンコン
拘束・封印・毒・攻撃力減少・防御力減少などステータス異常専門。装飾品は一番厄介な封印対策の古い本のページと拘束対策のローズリウム。毒はメディアで対処してもいいし、何度も使用するので無視してもよい。Bは倒しても2ターン後に復活させるため、無視が妥当だが、一撃で倒せるようにしておくと復活ターンに敵が攻撃してこないため、いざという時に役立つかも。

アリアブル
魔法が効かないので物理主体で。クリスイヤリングで睡眠を防御。

ザンカノン
最初の選択肢「握手をする」で敵先制、「先制攻撃でパンチ」で敵に少量ダメージから戦闘がはじまる。氷弱点&物理が固いのでフリージン主体。拘束のローズリウムと麻痺の海月のグローブを装備。あとは少しずつダメージを与えながらHPは最大値近くまで保持している状態を維持します。敵の奥義が非常に強力で、運が悪いと奥義を連発されて戦闘不能になることも。現時点でこれと言った対策は思いつかず。

挑戦者

挑戦者×10
各キャラがそれぞれ個別に拘束・封印・転倒関係の攻撃をする。その後は私は「古い本のページ」で封印対策をして、警戒態勢を毎ターン使う。

また、全般的にセクハラでハートを上昇させてくる。特に危険なのがハート上昇のため、「禁欲の札」は必ず装備。装備しないと余裕でハート300を超えてしまう。また、「禁欲の札」を装備してもハート100超えは普通にあるし対処をするターンが勿体ないため、絶頂後の連続攻撃は許容する。基本的に弱点も各挑戦者で異なるため、魔法の属性は気にしない。とりあえず何か全体攻撃を5回ほど行うと2体ぐらいまで減少する。(上位魔法を取得している場合はもっと早く片付く。)

その後、2体ほど残った敵は剣装備のバックスラッシュ。序盤が厳しいが、敵の攻撃力そのものは低いため、適宜回復したらそこまで強敵ではない。

オークの集落

ズルオーク×4
氷が弱点なので歓楽街で「アブソリュート」を入手していたら1発で葬れる。未所持の場合は「ブリザード」を何度か。拘束・転倒攻撃を使用するのでローズリウム、鋼のブーツを装備。

ボス:ジオーグ
拘束・転倒攻撃を使用するのでローズリウム、鋼のブーツを装備。とにかく固い。現時点の装備だと「神剣ビスト」+「バックスラッシュ」が一番ダメージを与えられる。長期戦になるがダブルヒール。防御待機によるMP自然回復と組み合わせれば、長期戦になるが流れ作業で倒せるかと。大剣などで盾が装備できないと、今度は被ダメージが馬鹿にならないため、注意。

黒龍城

ローゼンシード×2、エンジェロ
装飾品はハート防止の「禁欲の札」と封印防止の「古い本のページ」。お供のローゼンシードは2体倒すと復活するため、1体のみ倒す。エンジェロ・ローゼンシード共に物理に弱いため神剣ビスト+バックスラッシュ(ゴッドブリンガー)主体がいい。一定以上ダメージを与えると装飾品関係無しの強制封印攻撃がくる。その後3ターン後にスキルで「黒獅子の盾」を使えるようになる。使用すると強制封印が解け、通常のように戦えるようになる。

フランタム
各種ステータスは高いが、物理攻撃のみでステータス異常も無く戦いやすいボス。レッドコメットの後は必ずクリティカル3攻撃なので防御か居合いの構えで対処。物理主体で攻めるとよい。命中率を高めるスキルや装備だと多少有利かも。居合いの構えは敵も使用するが、ダメージそのものが低いので無視してよい。

シナージュ
ハート対策の「禁欲の札」と精神安定剤を。フランタムと同じく弱点も無く好きに料理してよいボス。私は物理主体で攻めた。ただし、HPは2500以上を常に確保しておくこと。アクセサリで防げない強力な魅了攻撃を仕掛けてくる。

ラスボス
ほとんどイベントボス。3種の神器を装備してエクストラスキルを使用すると変身する。その後はシナージュ戦と同等。

購入はこちら
シェーラと三種の神器

コメント

タイトルとURLをコピーしました