【エロRPG・同人エロゲの歴史】その1:ツクール製エロRPGはアングラから生まれた

歴史

後半部、バトルファックゲーの項目を大幅修正しました。

本企画の目次はこちらです。

エロRPG・遊べる同人エロゲの歴史 目次
エロRPGと遊べる同人エロゲの歴史を追ってみる企画です。2000年代以前にも任天堂ライセンスの無いスーファミソフトの発売などは、ほぼ同人と見ても良さそうですが、現代のエロRPGに繋げたいので、とりあえずのところ2000年代から記載しています...

今回の話は私がまだツクール製エロRPGの存在を知らない頃に起こった話を資料などからまとめた記事です。もし間違いや情報追加があればコメント欄やお問い合わせ、私のツイッターへのDMなどで情報をいただけると助かります。

女主人公となって、セクハラ・レイプされつつ冒険する女主人公エロRPG、男主人公となって多数の女の子とイチャイチャするエロRPG、男主人公となって淫魔達とバトルファックするエロRPG、現在は年700本を超える様々なエロRPG作品が生み出されています。ここまで市場が成長するようになったのは、先人達が切磋琢磨に作品を磨き続けてきたからであり、積み重ねの歴史があります。その歴史をざっくりと追ってみようという企画です。

さて有償同人エロRPGの歴史を語る上での爆発的起源となったのは、2006年発売の「Succubus Quest」と2010年発売の「パロゴンクエスト」の2作です。

Succubus Quest
Succubus Quest
▲男勇者が淫魔達とバトルファックを繰り広げるエロRPG。現在のバトルファックものの起源となる作品。有償エロRPGの可能性を与えた。

パロゴンクエスト -トロの勇者と運命の花嫁- Ver1.03
パロゴンクエスト -トロの勇者と運命の花嫁- Ver1.03 (FANZAはこちら)
▲ドラゴンクエスト1の二次パロであり、エロRPGブームの火付け役となった作品。

同人エロRPGの歴史はRPGツクール2000と匿名掲示板からはじまります。今でこそ、DLSITEやFANZAなどデジタル同人販売サイトが仲介する健全な市場となっていますが、始まりは一部で流行する影の存在でした。この2作は有償同人エロRPGのブームとなると同時に、それまで脈々と受け継がれてきた歴史の結果生まれてきた作品とも言えます。逆に言えば、匿名掲示板でのエロRPGが無ければ、現代のエロRPG界は2,3年遅れていた可能性があります。

インターネットの暗黒時代

インターネットの90年代後半から2000年代はSNSは無く、個人サイトと掲示板から成る今では考えられない世界でした。そしてアングラが簡単にGoogle検索で引っかかりアクセスしやすい時期にもなります。2000年代後半に出現したYoutubeは、海賊版アニメが毎日投稿され、削除も遅いアングラ状態でした。今でこそ日常的に使われている音響圧縮技術MP3は、音楽の海賊版の配布に利用されてきたためアングラ扱いされていました。

フリーゲームの世界では、2000年初期、当時はBM98というビーマニの複製ゲームが場を賑わした時代です。BM98用に多くのオリジナル楽曲が産まれ、CRANKY、ONOKENなど多くのプロを輩出しています。その反面、光の部分があると同時に、CDからリッピングした原曲にそのまま譜面を貼るような今の時代なら確実にアウトな楽曲もあります。もう1点、当時はコナミが海外産の音ゲー開発企業に著作権裁判を起こしていた時期で、BM98そのものが著作権、特に特許に侵害しないかも話題になっています。当時のネット上での結末は「海外企業は利益を追求したから訴えられた、BM98は趣味の範囲で無料提供しているから訴えられない」に落ち着いています。現在はやねうらお氏本人が著作権にどれだけ配慮したかをブログに残していました(削除済み)。

企業も黙認する・しないの考えも企業によって様々で、例えば今は二次創作やゲーム実況に寛容な任天堂は、ポケモンの二次創作同人誌を即売会で販売した一製作者を訴え、刑事罰を与えています。現在はこれが、二次創作を許可する・黙認するの2拓に変化しています。

大事なのは今では一般的になった「趣味の範囲なら多少の著作権違反は見逃してもらえる」考えが浸透しはじめた時期であることです。

これを踏まえてRPGツクールの話。2000年に突如発売されたRPGツクール2000。家庭用RPGツクール3の成功により、ツクールの知名度は高くなり、この2000は大成功を収めました。同時に定期開催していた、エンターブレイン主催で行われたフリーゲームのコンテスト企画「コンテストパーク」が、RPGツクールの名作を多々生み出していきます。冒険者&盗賊の男女が冒険する「女神の涙」を製作し2001年に銅賞を得たアルファナッツは、現在WhiteCuteとして「すごろくネイキッド」を発売しています。その他、フリゲで実力をつけてエロRPG界に参入した同人作者は何名かいます。と、このあたりはまだ先の歴史になりますのでおいおい。フリゲ・RPGツクール作品はコンテストパーク衰退により、一時ブームは減少するも、RPGツクールの知名度は2000年代初期にフリーゲームの常識となるほど上がります。

すごろくネイキッド
すごろくネイキッド (FANZAはこちら)
▲RPGツクール製のすごろくゲーム。強制露出を全面にだし人気作となります。

RPGツクール2000はインターフェースがドラクエを模しています。RPGツクール2003は戦闘がFFを模しています。するとゲーム製作者として、「本物のドラクエやFFを模して作ったゲームは面白いだろう」という考えが出ることは自然だと思います。そこでドラゴンクエストやファイナルファンタジーを模倣したゲームが作られることになります。

私は「趣味の範囲なら多少の著作権違反は見逃してもらえる」の拡大解釈がどこまで許されるかの挑戦が入った時期だと思います。例えばゲーム音楽の二次創作にJASRAC登録楽曲を使うと請求がくるため、それ以外の音楽を使ったゲーム音楽二次が人気となります。「ポケモン」二次創作作者が任天堂に告訴され刑事罰を受けたため、「任天堂」と「ディズニー」の二次創作は姿を消します。その一方で表ではBM98はさらに過熱し、裏ではドラクエパロが次々と新作を投下することになります。

人気となった初のエロRPGはドラクエ系作品

この流れの中で、RPGツクールとエロの共存を行う者が現れます。接触したらエロCGが閲覧できるゲーム、下ネタオンリーの絵無しRPGなど。これらが個人サイトに細々と掲載されます。初期に生まれたRPGツクール製エロゲは本当に簡単なミニゲームが主流で、「ちょっと遊べる」程度のものです。RPGツクールでエロゲを作る下地が生まれた時代です。

RPGツクール製エロゲで大きな動きがあったのは2003~4年。クローンゲームの流れを組んだ大作が現れました。いわゆるドラゴンクエスト1のクローンのゲームです。村人とエッチして強くなってドラクエ1の世界を冒険して最終的に竜王と戦うオーソドックスなドラクエパロ。エッチシーンはCGが表示され、連打するとエッチが終了する本当に今では簡易的なものです。どちらかと言えばエロはおまけの収集要素で、本編を楽しむゲーム。そして本編が面白いことも拍車をかけたのでしょう。それまでコンパクで賞を取るレベルのフリゲと張り合う名作が無かったこともあり本作は一躍有名になります。旧来からエロRPGをプレイしている方は軽く名前を聞いたことがあるかもしれません。当時は各レンタルサーバのコンプライアンシーも弱かったのか、一般的なフリーゲーム紹介ブログやリンクで紹介されることもありました。

本作の重要な点は面白いエロRPGを作ったことにもあるのですが、著作権上問題がある代わりにRPG製作者がイラストを描かずにエロゲを作れることを証明したこと。

フリーのRPGツクラーには常にイラストが描けない問題があります。特にエロ絵はエロRPGを作る上で必須ですが、2000年前半にエロ用のフリー素材・有償素材も無いため、イラストの描けないツクラーはまともに作品を作り上げることができません。また、当時はRPGツクール作品の有償販売は売れない常識があるため、ツクール製作に原価をかけることもできません。

執筆現在の2019年の考えでは確実にアウトなのですが、当時は「趣味の範囲なら」の範疇に収まるグレーと考えられていたフシがありました。なにはともあれ、この手法で匿名掲示板でのRPGツクールのエロゲ製作ができる環境が整います。また、本作で提示したのは、男主人公のドラクエ型や男主人公フリーゲームでの恋愛和姦や、敵を犯していくゲームです。これ以降「男主人公」のエロRPGが常識になります。今では考えられませんが当時の女主人公型は男主人公型より少なく希少でした。

なお、本作を製作した同氏は、それ以前にも小さなドラクエパロバトルファックゲームを2作、他童貞を守るためにバトルファックを行うゲームなどもリリースしています。

この後、ドドラクエパロのエロゲはまだ数種類リリースしたようですが、ゲームラボの紹介などでどちらかと言えばエロゲというより、全年齢アングラの方面で流行が続きました。ドラクエパロの話についてはひとまず終了とします。

Mシチュバトルファックゲーの盛り上がり

その間にドラクエパロとは別に小説分野でじわじわと盛り上がりを見せたジャンルがあります。バトルファックです。匿名掲示板にバトルファックスレが初めて立ち上がったのは2001年の9月13日。鶴亀孔明氏「QUEEN BEE」のような「セックスで戦う漫画」は他にないかと1氏が質問したところ、多くの方が様々な漫画や小説を取り上げたところから始まりました。その後匿名掲示板では、バトルファックを扱う漫画・小説などの情報交換が活発になります。

その翌年である2002年12月、エロダンジョンで魔物娘や女人間とセックスバトルをして敗北すると絞られてしまう小説を専門に扱うサイト「ないと・めあ」が開設します。相互リンクは「アマゾネスの宴」や「妖女回廊」など逆レイプ系や魔物娘系と繋がっているため、そもそもがM系シチュから派生したサイトであると言えます。これ以前にバトルファック専門サイトは無かったため、バトルファックスレにも大きな影響を与えたかと思います。

そして2003年4月、匿名掲示板でも初のバトルファック小説が投稿されます。ここでバトルファックの基本的概念が完成します。すなわち淫魔が男を絞り殺し、女を淫魔化する世界観で、人間の中で性を武器に淫魔と戦う男達が出現する世界観。これ以降、匿名掲示板アップによるバトルファック小説が盛んになります。この流れの中でゲームでバトルファックを表現しようとする層が現れます。

サキュバスクエストの前身

その1つで、エロRPGブームが始まるきっかけとなったのが「Succubus Quest」の前身となる作品です。あくまで個人サイトでの公開であり、匿名掲示板の流れとは別扱いです(匿名掲示板で話題になったのも確かですが)。

RPGツクール2000製。勇者が魔王を倒した影響で魔王が封じていたサキュバス女王が復活、手勢を世界各地に放ちます。物理攻撃が一切効きません。そんな中、サキュバス女王を倒すため、勇者が再度旅立ちます。戦闘はセックスバトルのみ。このゲームは当時、革新的でした。

戦闘をエロに置き換える発想、敗北した場合サキュバス達に犯される逆レイプ、エロ重視であり、常にエロシーンが発生している、且つシナリオも良く総合的に質の高い作品です。

この当時は数少ない商業エロRPGでさえ「RPGのおまけにエッチがある」、「RPGとシナリオが分離している」、「全年齢RPGをベースとして部分ににエロを用意する」などを特徴としており、シナリオ重視作品が中心でした。その中で、今のエロRPGにも繋がる抜き特化した作風は初となります。今までに無いエロとシステムが結びついたM系作品としてドラクエパロ以上に覆いに盛り上がります。ほぼRPGツクールRTPデフォ&運に頼る超高難易度の鬼畜戦闘。

本作のホームページをInternetArchiveで確認すると2004年4月に初のバックアップがあり、2004年9月にはすでにサイトは閉鎖しているので、短い期間しか公開されていません。有償版を製作するにあたり全てを削除したからです。

淫魔を狩るゲームの衝撃

折しもドラクエパロエロゲの影響があるのか、小説投稿の水面下で着々とゲーム作りの話が出ます。そして匿名掲示板でも2004年2月ほぼサキュバスクエストと同時期に上記世界観を体現したようなゲームがスレに投下されます。淫魔退治を生業とする男主人公が様々な淫魔を狩っていくゲーム。サキュバスクエストも高難易度らしいのですが、こちらは鬼畜と言ってもよいほどのさらに高難易度。当時のプレイヤーの言葉を借りると「最初の雑魚キャラにさえ苦戦」「バランスがマゾくていい」「LVアップしても能力がわずかしか上昇しないのが素敵」。

この後、ゲーム作りが活発になるのですが、まずは特徴として、この淫魔退治ゲームの世界観を真似た、又は似たシステムを採用したブームがきます。小説に関しても当ゲームの二次創作があるようです。その影響で上記のマゾ仕様はバトルファックゲームの不可欠な常識要素として成り立っていきます。

これら似たゲームが常識化した頃にオリジナルのゲームがポツポツと投下されるようになり、そして2005年に大作が現れます。それまでの常識として、高難易度・男主人公が淫魔を狩るが基本方針でしたが(例外もある)その常識を吹き飛ばすことになる作品です。情報が少なくてちょっと曖昧なのですが、淫魔の王子が主人公で、成人の儀式のため淫魔界を世界一周することが目的。その間に淫魔の女の子とバトルファックしたりラブラブになって最終的に結婚相手を決める?のかな。難易度が適正であり、シナリオも丁寧らしく完成度の高さから一躍人気となります。この作品はシリーズ化し2013年頃に4がリリースされて人気を博しました。初期の淫魔を狩るゲームとは設計思想から異なり、それでいて淫魔世界を男淫魔の視点から描いている貴重なゲームだと思います(プレイしてみたい)。

淫魔を狩るゲームの設計思想は現在のバトルファック系エロRPGに引き継いでいるようですが、この作品の思想を受けついだようなゲームは見当たらなくて、伝承が途切れているのかな。

このように匿名掲示板で様々なゲームの投稿に加えて、BFゲーム制作のためのシステムを投稿するもの、バトルファック小説も加えて一種のブームになっている頃の2006年、「Succubus Quest」がとうとうエロ同人として発売されます。

ラブレジェンド

本ページをツイッターで投稿したところ女の子を口説くRPGツクール2000製の恋愛RPG「ラブレジェンド」に触れる必要があるとのご指摘を見かけました。本作そのものは全年齢ゲームですが、口説くのは戦闘限定で、褒めたりキスしたりして、女の子にダメージを与えていくシステムそのものはバトルファック系と近似しています。バカゲーとしての面白さがあるゲームで現在でもダウンロードが可能です。

続く。

[PR]
夢魔の街コルネリカ
夢魔の街コルネリカ (FANZAはこちら)
▲淫魔の世界に迷い込んだ少年がこの世界で暮らすエロRPG。逆レイプ系ですが、それ以前に淫魔の世界観をしっかり表現できています。

幻想世界マインディア ~ドキドキ誘惑マインドバトル~
幻想世界マインディア ~ドキドキ誘惑マインドバトル~ (FANZAはこちら)
▲淫魔・バトルファック・高難易度などセックスバトルの伝統を受け継ぐゲーム。

スーパードラモンクエスト~町と金と女と史上最大の戦い~
スーパードラモンクエスト~町と金と女と史上最大の戦い~ (FANZAはこちら)
▲個人的にドラクエ二次最高峰だと思っている作品

コメント

タイトルとURLをコピーしました