いたれりつくせり なんでもしてあげるギルドの話 Ver1.02 サブキャラおねショタアップデート

いたれりつくせり なんでもしてあげるギルドの話_薬2 アップデート

いたれりつくせり なんでもしてあげるギルドの話
いたれりつくせり なんでもしてあげるギルドの話[くろと雑貨]

サブキャラ「クローネ」を主役としたオネショタ系のアップデートが行われました。5話構成で2種のエッチシーン、1種のオナニーシーン(HCGは合計で3枚にクローネ追加ドット)があります。毎日クローネの錬金術工房を訪れるとイベントが発生します。アップデート直後は一度宿屋に泊まってから翌日以降が対象です。

クローネは日々の媚薬を作る錬金作業が好評になるも、仕事に追われ、お手伝いを探すことになります。その折に2人の少年にいじめられている少年アレフを発見。大人の余裕で2人を追い払いアレフを助けます。その後、なりゆきでアレフを弟子にしてお手伝いをしてもらいながら錬金術を教えていくことになります。26歳処女のお姉さんって良いですね♪
いたれりつくせり なんでもしてあげるギルドの話_クローネ導入1 いたれりつくせり なんでもしてあげるギルドの話_クローネ導入2 いたれりつくせり なんでもしてあげるギルドの話_クローネ導入3
▲弟子に誘ったアレフ君はお姉さんから見て、とても可愛い存在のようです。

本編でもおっちょこちょいさと残念な頑張り方で小悪魔にはからかわれ、おっとり系には驚かれていたクローネは主役になったことで、さらに残念具合と、そして弟子を持ったことでの責任感が生まれます。アレフは素直で錬金術も見る見る吸収し、弟子として考えると優秀で理想的な男の子。会話の節々から好少年さが伝わってきます。

クローネもさすがにアレフに対しては媚薬でお金を稼いでいることを濁しつつ、錬金術を教えます。序盤はこのあたりがコメディとなっており、シナリオを惹きつつ、中盤では媚薬ハプニングが発生。エッチ関係は本編が女の子からの「甘えさせてあげる」に対し、今回はどちらかと言えば男の子からの「甘えさせてあげる」に近いかも。媚薬の暴走で火照った状態のクローネを慰めてあげるエロシーンが発生します。これがきっかけで二人の仲が変化していきます。
いたれりつくせり なんでもしてあげるギルドの話_薬1 いたれりつくせり なんでもしてあげるギルドの話_薬2
▲2人の性格を活かしたコメディたっぷり。
いたれりつくせり なんでもしてあげるギルドの話_話す1 いたれりつくせり なんでもしてあげるギルドの話_話す2 いたれりつくせり なんでもしてあげるギルドの話_話す3
▲カナン・紫音操作時に2人やアレフの身の回りにいる方々と話すとシナリオ進行に従って会話が変化。
いたれりつくせり なんでもしてあげるギルドの話_媚薬1 いたれりつくせり なんでもしてあげるギルドの話_媚薬2 いたれりつくせり なんでもしてあげるギルドの話_媚薬3
▲媚薬イベント。

今回のアップデートはクローネとアレフの「成長」がテーマになっています。アレフの錬金術師としての成長、何もできない自分に悩む序盤から克服までの成長、そしてクローネ側も初めて弟子を持ったことによる挫折と成長。恋愛も2人に良い影響を与えて成長のきっかけになります。シナリオ開始時点と終了時点では2人の心は恋愛も精神も大きく変わります。

物語はじわっと心が温かくなる、そして若干の寂しさもありながら余韻に浸りたくなる良い終わり方をします。始めは笑いから入り、次第にテーマを突き付ける相変わらずの良プロットの成長物語です。クローネの残念可愛さも良かったのですが、このアレフの成長っぷりは、特に後半の、女性の心を鷲掴みにしそうなかっこよさが素晴らしかったです。エッチ関連はクローネオナニー、クローネへの手マン、おねショタ王道的な体位のエッチ。物語が恋愛系としても師弟ものとしても、おねショタとしてすごく理想的でした。

いたれりつくせり なんでもしてあげるギルドの話_巣立ち

購入はこちら

DLSITE:いたれりつくせり なんでもしてあげるギルドの話

本編の感想

【エロADV感想】いたれりつくせり なんでもしてあげるギルドの話(製品版)
Sっ気のあるロリ娘と押しに弱い巨乳娘がギルドのお仕事を頑張るドットアニメーションRPG「いたれりつくせり なんでもしてあげるギルドの話 / くろと雑貨」の製品版感想です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました