淫紋の契約者サバス ~処女の私が搾精なんて出来るわけないじゃないっ! (製品版感想)

淫紋の契約者サバス ~処女の私が搾精なんて出来るわけないじゃないっ! _エルフ4 製品版感想(スクショあり)


淫紋の契約者サバス ~処女の私が搾精なんて出来るわけないじゃないっ![妄想エンデミック]

攻略ページはこちら

「淫紋の契約者サバス ~処女の私が搾精なんて出来るわけないじゃないっ」の攻略
「淫紋の契約者サバス ~処女の私が搾精なんて出来るわけないじゃないっ!」の攻略ページです。攻略フローチャートと回想回収を掲載しています。

妄想エンデミックは1作目「魔術師エリシャのさいみん貸出奮闘記」では男主人公が催眠で操った女の子がヒロイン、2作目「新妻ゼフィラ ~寝取られたエルフ嫁~」では、若エルフ妻主人公の3パターンの寝取られが楽しめる作品をリリースしています。どちらも既存の女主人公系とは少し異なったパターンながら、女主人公恥辱系の流れを引き継いでいて、発想が良い作者だと思っていました。今作もまた、過去2作とは全く雰囲気が異なるテーマである、且つ今回は女主人公系ド直球の内容です。

内気で自分に自身が無い女の子サバスが、おばあちゃんの遺品を調べたところサキュバスを封印している本の封印を解除してしまいます。サキュバスはサバスに「定期的に精液を摂取しないと生きられない淫紋」をつけてから逃げてしまいます。エロRPGでよく見かける「呪われてエッチなことをしなければいけない身体になったので、呪いを解くため冒険する」というエロRPG王道パターンとなります。
淫紋の契約者サバス ~処女の私が搾精なんて出来るわけないじゃないっ! _オープニング1 淫紋の契約者サバス ~処女の私が搾精なんて出来るわけないじゃないっ! _オープニング2 淫紋の契約者サバス ~処女の私が搾精なんて出来るわけないじゃないっ! _オープニング3 淫紋の契約者サバス ~処女の私が搾精なんて出来るわけないじゃないっ! _オープニング4

サバスは身内とはよく喋れるけど、初対面の相手とは話すのも苦手という人見知り。表情は豊かで、イベント中は顔差分が頻繁に変更されます。また、サキュバス封印解除と同時に、一緒に暮らしていた猫が実はサキュバスの使い魔(サキュバスを恨んでいる)だったため、立ち絵ありキャラに。有能な彼は宿屋を経営することに。ゲーム中では一定時間ごとに収入を得られるようになります。
淫紋の契約者サバス ~処女の私が搾精なんて出来るわけないじゃないっ! _クロム1 淫紋の契約者サバス ~処女の私が搾精なんて出来るわけないじゃないっ! _クロム2
▲この子が宿屋を経営してくれます。
淫紋の契約者サバス ~処女の私が搾精なんて出来るわけないじゃないっ! _スタータス

本作は2つの町と4つのダンジョンを舞台にしたフリーシナリオ形式の冒険RPGです。オープニング終了後は搾精とフリークエストを自由にこなし、いつでもラスボスに挑むことが可能。ただし、ラスボスに敗北すると処女を失ってしまいます。分量は前作「新妻ゼフィラ ~寝取られたエルフ嫁~」のシナリオ1本分+αほど。ということでRPG部は短いことと、体験版で80%ほど遊べてしまうことを念頭に置く必要があります。そのため、製品版の価値はエンディングと後述のエロシーンに特化したものとなります。

元々、妄想エンデミック作品には短く太くという傾向があり、本作はその長所と短所が大きく出ています。確かにRPG部は短いのですが、オープニングを含めてクエスト中は会話イベントが豊富です。元々、キャラの特徴をとらえたコミカルなシーンを描くのが上手いサークルであり、各クエストの会話が楽しく、その長所は全てのクエストで実感できます。短編RPGとして、物足りなさこそあるものの普通に楽しめる内容。

また、クエスト1つとっても、その時に登場するサブキャラとの結末もつけています。例えば序盤のクエストで盗賊のアジトを襲撃する魔術師女性から依頼を受けるイベントがあります。その魔術師は残念ながら盗賊に輪姦されてしまうのですが、クエスト終了後はサバスが見守りながら、女性が立ち直るまでの追加イベントがあります。また、一部はエロイベント枠キャラの関係者が依頼することもありますが、クエストクリア後はスムーズにエロイベントの導入になります。
淫紋の契約者サバス ~処女の私が搾精なんて出来るわけないじゃないっ! _サブキャラ1 淫紋の契約者サバス ~処女の私が搾精なんて出来るわけないじゃないっ! _サブキャラ2 淫紋の契約者サバス ~処女の私が搾精なんて出来るわけないじゃないっ! _サブキャラ3 淫紋の契約者サバス ~処女の私が搾精なんて出来るわけないじゃないっ! _サブキャラ4
▲盗賊団の位置を調査してツンツンした女の子に伝えるイベント。単純なクエストかと思ったら、クエスト終了後も彼女と仲良くなるイベントが続いていました。

戦闘は前作「新妻ゼフィラ ~寝取られたエルフ嫁~」を踏襲しており、敵を倒すと必ずランダムな装備品を落とします。店売りより強力な装備もあり、雑魚で戦力強化→ボス戦が成り立つようになっています。

ランダムな装備品による武器強化の他にも、武器鍛錬、宿屋の収入など本作独自のシステムも。戦闘バランスは全体的に簡単なため、あまり意識しなくてもクリアはできます。
淫紋の契約者サバス ~処女の私が搾精なんて出来るわけないじゃないっ! _戦闘1 淫紋の契約者サバス ~処女の私が搾精なんて出来るわけないじゃないっ! _戦闘2

さて、メインはサバスが精液を集める町エロです。本作の根幹となるのが「渇精度」。歩行数などで減少していく値で、これが0になると強制ゲームオーバーで所持金減少+宿まで戻されます。この渇精度を回復する手段は精液採取。そのため、サバスは町にいる男達に精液を下さいとお願いすることになります。

エロ対象の男性は道具屋・武器屋の親父、怖そうに見えてぶっきらぼうに優しい闇商人、奥さんがいる奥手の若者、鉱夫、引きこもりの学者エルフ、貧乏人で疑りぶかいけど義理固いお兄さん、サバスへの欲望を隠した叔父さんなど計9名。

ほとんどの対象男性とは話すことで条件を満たしますが、一部はクエスト時に知人となってクリア後からお願いが可能なキャラも。それぞれ初回時に自己紹介をかねた事前イベントがあるため、モブキャラでありながら性格描写関係はしっかりしています。
淫紋の契約者サバス ~処女の私が搾精なんて出来るわけないじゃないっ!_事前イベント1 淫紋の契約者サバス ~処女の私が搾精なんて出来るわけないじゃないっ!_事前イベント2 淫紋の契約者サバス ~処女の私が搾精なんて出来るわけないじゃないっ!_事前イベント3 淫紋の契約者サバス ~処女の私が搾精なんて出来るわけないじゃないっ!_事前イベント4
▲立ち絵の変化とコメディ的な会話なのでスムーズに事前イベントが進みます。

自分自身の体に自身が無く、また男性の性に対しても無知なため、「相手が仕方無く精液を提供してくれるのでは」という考えを前提にお願いをします。対して各々の男性が欲望を隠しながらサバスにエッチなことをしてもらうことになります。そこにはエッチに対して無防備な初々しさと、淫紋に支配された淫乱さが合い混ぜになったエロさが出ています。性に関して奥手でむっつりでも無かった女性がむっつり化してしまい、我慢できずに男性にアプローチするような感じ。
淫紋の契約者サバス ~処女の私が搾精なんて出来るわけないじゃないっ!_否定
▲自分の体に自信がないため、エッチ前は男性が弱みを握りやすそうなことを考えています。

なお、サバスは「私服」と「淫魔の衣装」の2つ服を持っており、いつでも切り替えれるのですが、各男性はそのうちのどちらかしか反応しません。
淫紋の契約者サバス ~処女の私が搾精なんて出来るわけないじゃないっ! _着替え1 淫紋の契約者サバス ~処女の私が搾精なんて出来るわけないじゃないっ! _着替え2
▲サバスには普段着とサキュバスの戦闘服も2種類の衣装があります。町中で着替えるとそれぞれに応じてイベントが変化することも。
淫紋の契約者サバス ~処女の私が搾精なんて出来るわけないじゃないっ!_服の違い1 淫紋の契約者サバス ~処女の私が搾精なんて出来るわけないじゃないっ!_服の違い2
▲エッチ対象の服ではない場合も、それなりの反応を示してくれます。

各男性は全4段階で3段階目で大きく変化します。ですが、全ての段階でテキストは総入れ替わりしており、初対面、一回エッチなことをしただけの関係、初セックス、セックス関係にあるキャラとのエッチとそれぞれ内容が変化します。男性がサバスにエッチしたいのを隠しながら交渉など駆け引きこそありますが、全てのシチュが和姦であり、段階が進むごとに変な信頼関係が結ばれていくかのようにテキストが変化します。エッチ前の交渉や会話、エロ後のやり取りなども細かく描かれており、どの男性ともエッチを通して関係が親密に変化していくことが分かるようになっています。
淫紋の契約者サバス ~処女の私が搾精なんて出来るわけないじゃないっ! _道具屋1 淫紋の契約者サバス ~処女の私が搾精なんて出来るわけないじゃないっ! _道具屋2 淫紋の契約者サバス ~処女の私が搾精なんて出来るわけないじゃないっ! _道具屋3 淫紋の契約者サバス ~処女の私が搾精なんて出来るわけないじゃないっ! _道具屋4
▲最初は何も分からない状態でアタックをかけ、2回目は余裕ができて笑いながら交渉をしかけるサバス。こういう変化、良いですね。
淫紋の契約者サバス ~処女の私が搾精なんて出来るわけないじゃないっ! _エルフ1 淫紋の契約者サバス ~処女の私が搾精なんて出来るわけないじゃないっ! _エルフ2 淫紋の契約者サバス ~処女の私が搾精なんて出来るわけないじゃないっ! _エルフ3 淫紋の契約者サバス ~処女の私が搾精なんて出来るわけないじゃないっ! _エルフ4
▲引きこもりエルフさんと恋人ごっこプレイで交渉。そしてぱいずり奉仕をすることになります。

主に3段階目以降はセックスシーンになります(一部例外の男性もあり)。この頃になるとサバスが男性を信頼するようになったこともあるけど、エッチの気持ち良さにのめり込んでいき男性を刺激するような言動をするように変化していきます。
淫紋の契約者サバス ~処女の私が搾精なんて出来るわけないじゃないっ!_初セックス1 淫紋の契約者サバス ~処女の私が搾精なんて出来るわけないじゃないっ!_初セックス2
▲セックス時もその男性と初セックスの時の事前会話のサバスは可愛らしいです

また、各段階でも細かな変化があります。まず、全ての段階にゴムあり・ゴム無しの選択が可能であること。システム的にはゴム無しの場合はエッチ後に渇精度が回復、ゴムありの場合は精液を保存しておき任意のタイミングで回復可能との違いがあります。そしてエロ的にはCGにもゴムあり・無しの差分があり、精液が飛ぶかどうかも異なります。それに合わせてテキストも変化します。例えばゴムありなら「怖いから」、ゴム無しなら「気持ちよくなりたいから」など。同じ段階でも印象がかなり変わります。また、ゴム無しばっかりだと男性が我慢できずにゴム無しを請求してくることも。

全ての男性の3段階目のセックスシーンに処女差分があります。その差分は単なるエロ時だけでなく、事前の会話も処女の時は緊張感を伝えたりするような場面もあります。

その他、サブキャラエロやラスボス敗北エロなどがあります。こちらは盗賊やサキュバスにやられちゃう凌辱が中心。メインが和姦オンリーのため、変化が大きいです。
淫紋の契約者サバス ~処女の私が搾精なんて出来るわけないじゃないっ!_サブキャラ
▲サブキャラはサキュバス、上記盗賊クエストで被害にあう女性に加えてマッドサイエンティストで百合なお姉さんがいます。各サブキャラの出番は1度だけなので、個人的にはもう少し掘り下げてほしかったかな。

プレイ時間は3時間、回想は24(差分含めて42)。冒険RPGとしては物足りない感じもしましたが、エロシーンは丁寧で和姦恥辱を貫いており良かったなと思います。あと、妄想エンデミックさんは細かな差分や町のモブの会話の面白さなどにしっかり手を入れているため、短いとは言っても隅々まで会話を探すと実は時間をかけて制作しているんだなと納得できる作り込みをしています。前述しましたが、この短く太くがこのサークルの売りだと思っています。実際はプレイ時間が短編というには少し長いのですが、テキスト換算でいけば、ボリュームがあるためです。

また、エンディングは3種類ありますが、それぞれ綺麗にまとまっています。恥ずかしがりの女の子が淫乱に育つ様を、ちょっといけない関係で表現するエロさは、恥辱段階差分でありながら、他のサークルと差別化していて良かったです。

攻略ページはこちら

「淫紋の契約者サバス ~処女の私が搾精なんて出来るわけないじゃないっ」の攻略
「淫紋の契約者サバス ~処女の私が搾精なんて出来るわけないじゃないっ!」の攻略ページです。攻略フローチャートと回想回収を掲載しています。

サークル関連作の感想

新妻ゼフィラ~寝取られたエルフ妻~(製品版感想)
寝取られ系女主人公エロRPG「新妻ゼフィラ~寝取られたエルフ妻~ / 妄想エンデミック」の製品版感想です。ロリ巨乳な新婚エルフが3人の間男に弱みを握られ凌辱を強制されます。
魔術師エリシャのさいみん貸出奮闘記(製品版感想)
催眠で何でも言うことを聞くようになった委員長タイプの女の子にセクハラバイトをしてもらいお金を稼ぐエロRPG「魔術師エリシャのさいみん貸出奮闘記 / 妄想エンデミック」の簡易感想です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました