とあるスラムにて…(体験版感想)

とあるスラムにて…_売春3 体験版感想(スクショあり)

とあるスラムにて…_タイトル
とあるスラムにて…[スパナトルテ]

スラムにいる名も無き女の子(名前はプレイヤーが自由に設定可能)が過ごす日常を描いたRPGです。主人公の様子も「諦めによる諦観」と「スリ行為に罪悪感無し」の2属性が備わっており、オープニングからも虚無感が伝わってきます。この主人公が這いつくばりながらも生きている様子を描いています。

ゲームとしては単純で体力を0にしないようにスラムで生活をすること。体力を回復する食事やお金を入手するため、スラムを歩いてスリや売春で生きるためのアイテムを入手していきます。例えば冒頭チュートリアルでは眠っている男からスリでチョコレートを入手します。チョコレートを食べると体力回復。また、体力は主人公を狙うスラムのレイプ男達に襲われた場合や売春に大きく、スリをした場合に小さく減少します。レイプの場合はアイテムを奪われることも。体験版ではチョコレートが奪われます。
とあるスラムにて…_オープニング1 とあるスラムにて…_オープニング2 とあるスラムにて…_オープニング3
▲銅貨を集めるため、表から外に出たらレイプ魔が、慌てて裏から脱出すると眠っている老人、主人公が老人からチョコレートを盗むまでがオープニング

現状は体験版Ver1であり、各種家の中に入れません。また、男達との会話は大抵「売春」か「スリ」かの選択がでますが、スリで失敗した場合等の処理も現在は未実装です。このあたりはVer2で実装予定。現体験版で登場する男は3人で各1つずつのエッチ。それぞれ選択肢があり、もう一方は体験版Ver2でプレイできるようです。

まずは強面の男。彼に話しかけると「売春」か「スリ」ができます。「スリ」で失敗した場合はVer2。売春を誘った場合は、男性本位のガツガツしたセックスをさせられます。その後は主人公が「これだけ?」と非難の声を上げるぐらいの少量の銅貨を投げ渡す最後まで男性本位な描写でした。製品版では、この種の男性を「少女を襲わない男」扱いで主人公に選択の余地を多少与えるモブキャラになてちます。
とあるスラムにて…_売春1 とあるスラムにて…_売春2 とあるスラムにて…_売春3 とあるスラムにて…_売春4
▲売春だけど、濡れる前から挿れており、ほぼ無理矢理。
とあるスラムにて…_売春5 とあるスラムにて…_売春6
▲貰える量もたいしたことは無く……。

次に主人公の部屋付近で主人公を探している男。彼は主人公をレイプしようとしますが、逃げられてしまいます。そして家の周囲をグルグル。彼に見つかった場合は問答無用で襲われます。ただし、「逃げる」か「受け入れる」の選択肢があり、逃げた場合はそのまま男がいなくなります。受け入れた場合は無抵抗の後背位。
とあるスラムにて…_レイプ魔1 とあるスラムにて…_レイプ魔2 とあるスラムにて…_レイプ魔3 とあるスラムにて…_レイプ魔4
▲表情の嫌がり方が伝わってきます。

最後に、売春を条件に主人公が入手する銅貨を銀貨に変えてくれる商人がいます。売春に同意するとフェラチオイベント。銀貨は「上の町」で使用するアイテムと明記があり、製品版では、スラム以外が舞台になることも示唆。おそらくエンディングに関わる内容。
とあるスラムにて…_交換1 とあるスラムにて…_交換2 とあるスラムにて…_交換3
▲「交換してほしければ売春しろ」とまともな扱いをしてくれません。それでも生きるすべのない主人公は従うしか無く……。
とあるスラムにて…_交換4 とあるスラムにて…_交換5
▲スリに失敗した時は「許してほしければ」と無料で何かしなければいけなさそう。体験版は未実装。

本作はスラムシミュレーションの位置づけであり、エンディングはあくまでイベントの1つのようです。また、5日に一度男の出現パターンやイベントが変化するとのこと。

基本的にエッチは恥辱系の女の子も感じちゃう系統では無く、「嫌々と身体を売る」「レイプされて痛い」系統の描写であり、無理矢理感が強く出ています。多少の身体の反応があっても、心の拒否感も強め。CGも気持ち良さより痛みが伝わってくるような表情。絶望度が伝わってくるエッチです。「本気で嫌がるエッチ」とそれでも「エッチが必要な状況」とエッチ系のコンセプトも明確です。体験版Ver1は5~10分程度の短い内容で、まだ触りしかプレイできませんがポテンシャルは感じます。

予約はこちら
DLSITE:とあるスラムにて…

コメント

タイトルとURLをコピーしました