狐忍退魔伝このは(体験版感想)

狐忍退魔伝このは_オイルマッサージ4 体験版感想(スクショあり)

狐忍退魔伝このは
狐忍退魔伝このは[はちみつサンド]
狐耳をした女忍者「このは」がお供である狐のぽん吉と共にある町の要請により瘴気が発生するダンジョンを探索する和風ローグライクRPG。このダンジョンは前任者、その前の前任者etcと失敗続きで退魔忍にも行方不明が続出しています。オープニングで犯されている誰かがいる描写もあるので、おそらく前任者関連の救出イベントもありそう。
狐忍退魔伝このは_このは1 狐忍退魔伝このは_このは2 狐忍退魔伝このは_ポン吉1 狐忍退魔伝このは_ポン吉2
▲真面目系で堅物な印象がある女忍者のこのはと若干くだけているぽん吉。

ツクール製ですが、画面全体で見える歩行マス目は7×10と大幅に狭めてドットを拡大。ドット拡大によるスーファミライクなグラフィックと和風な雰囲気、そしてUIのデザインなどから、どことなく「風来のシレン」をオマージュしているようにも見えます。
狐忍退魔伝このは_ダンジョン1 狐忍退魔伝このは_ダンジョン2

ダンジョンから流れてくる薄い瘴気の影響により、町の住人は性に開放的。体験版で確認できたのは、このはがダンジョン探索の影響で身体が火照っている時に町の代表から提案されマッサージを受けることに。ところがマッサージという名目のセクハラを考えており、乳首をいじられイってしまうシチュがあります。その他、防具屋さんなど製品版以降に何かをしそうなキャラが何人か。
狐忍退魔伝このは_オイルマッサージ1 狐忍退魔伝このは_オイルマッサージ2 狐忍退魔伝このは_オイルマッサージ3 狐忍退魔伝このは_オイルマッサージ4
▲性に開放的なので村人には注意してくださいとアドバイスしつつ、真っ先に身体を堪能してしまう町の代表。
狐忍退魔伝このは_村人1 狐忍退魔伝このは_村人2 狐忍退魔伝このは_村人3
▲製品版でのエロフラグ達。

ローグライクダンジョンは再突入時、毎回Lv1から開始。町にレベル上げ屋がおり、彼に料金を支払うとその回のみ支払った料金分のレベルから開始。ダンジョンからはいつでも脱出可能、死亡した場合もデメリットは無く脱出。アイテム・所持金の消失等はありません。レベルは毎回1からですが、装備品の所持が認められています。装備品はダンジョンドロップせず、ドロップするのは素材や回復アイテムのみ(罠系や魔法系のアイテムも体験版では確認できず)。装備は素材を集めて防具屋で購入する方式です。武器はありません。つまり、実質的には防具がレベルの代わりになる概念です。
狐忍退魔伝このは_結果
▲結果画面。

満腹度の代わりに正気度という項目があります。歩行で自然減少する他、魔物がエッチな攻撃を仕掛けても減少。少なくなってくるとエッチ攻撃に抵抗できなくなってくるようです(未確認)。レベルアップでHPと一緒に全回復するため、序盤に無くなることはほとんどありません。

その他、モンスターハウスに該当するシステムもありません。また、ミニマップがありません。トラップは暗闇・封印など状態異常、トラップ床を増やすなどを確認。隠れていて前方にて攻撃すれば出現するようになっています。1歩1歩攻撃は面倒なので、大抵はトラップ床を踏んで発動のパターンですけどね。町人の話を聞くと製品版にトラップ床を無効化させる防具がありそう。

同じ階で敵が無限に沸くことも特徴。前の階でレベルアップしてから次の階に進むことが容易です。ただ、同じ階に長くいつづけると死神ユニットが現れて強力で無慈悲な攻撃をしてきますが。

ローグライクとしての当たり前の機能はいくつか排除されているのですが、雰囲気やゲームバランスが良いゲーム。

購入はこちら
DLSITE:狐忍退魔伝このは

コメント

タイトルとURLをコピーしました