FalseMyth~謀欲のサクリファイス~(体験版感想)

FalseMyth~謀欲のサクリファイス~_戦闘4 体験版感想(スクショあり)

FalseMyth~謀欲のサクリファイス~_タイトル
FalseMyth~謀欲のサクリファイス~[不志陀羅亭]

本作は元は女性、毒によりオープニングで男性化してしまった剣士ルージュが、はじめて訪れた都市ライアンにて生活を送るRPGです。

前作と同じく全面的に背景からタイルマップ、歩行キャラまで全てが綿密なドットで描かれています。エロRPG関連でドットを語らせると外せないサークルの一つ。(他には「-LOVE KNIGHT STORY-」のギンギラドット☆スターや「異次元屋敷怪異録」のSprite Hillsなどが外せないサークルと思っています。)

そして会話時は豊富なアニメーションパターンを使って、テキストだけでなくドットの動きでも魅せて物語を盛り上げます。今回は長編になったためか、イベントは立ち絵での会話もありますが、重要場面はドットアニメが用いられています。メインシナリオのシリアスと日常場面のコメディの匙加減もよく、物語の面白さは折り紙付き。特に作者さんは相当頭が良いと思われ、キャラの機転やアイデアには目を見張るものがあります。UI関連もプロの配置であり、エロを抜いたとしても2D-RPGの最高峰とも思える表現力を示していると思います。
FalseMyth~謀欲のサクリファイス~_オープニング1 FalseMyth~謀欲のサクリファイス~_オープニング2 FalseMyth~謀欲のサクリファイス~_オープニング3 FalseMyth~謀欲のサクリファイス~_オープニング4
▲冒険中に辿り着いた町でヒロインに冤罪で逮捕されるところから物語がはじまります。
FalseMyth~謀欲のサクリファイス~_TS1 FalseMyth~謀欲のサクリファイス~_TS2 FalseMyth~謀欲のサクリファイス~_TS3 FalseMyth~謀欲のサクリファイス~_TS4
▲敵に怪しい薬を投げられ、性転換。そのまま助かった後の性チェックで手コキ射精を受けてしまいます。

ゲームは前作「性拓三妹~ポルルカ色欲物語~」と同じく、町中で発生するイベントを追っていく方式。ヒロインの好感度などで制限しており、「共に戦闘をする」「プレゼントをする」「一緒にカフェに行く」などで好感度を上げていきます(体験版範囲は必要ないけど)。
FalseMyth~謀欲のサクリファイス~_町1 FalseMyth~謀欲のサクリファイス~_町3 FalseMyth~謀欲のサクリファイス~_町2 FalseMyth~謀欲のサクリファイス~_町4 FalseMyth~謀欲のサクリファイス~_町5
▲綿密なドットで描かれた町を動き回ります。
FalseMyth~謀欲のサクリファイス~_マップ
▲マップ画面。メインシナリオの行き先は下のテキストに、サブイベントはマップに記されるので迷いません。
FalseMyth~謀欲のサクリファイス~_メニュー1 FalseMyth~謀欲のサクリファイス~_メニュー2
▲メニュー関連もUIが洗練しています。

ルージュは面倒見がよく、お節介焼き、そしてヒロインの心理面を考慮して配慮した言葉遣いなど、元女性であるためか女の子のハートをキャッチしそうな性格をしています。身体が男性化した直後のため、早漏、敏感のM体質、且つ女性の身体に欲情するようになってしまい、どんどんヒロインの身体に溺れていきます。彼女の過去に言及はありませんが、明らかに戦闘も、政治も慣れきった心理状態で、敵対勢力との会話時の鮮やかな言葉返しと政治戦略の練り方、闇の部分も深く知っているような戦い方で、明らかに裏の面も持つことが分かります。そもそもライアンに来た目的も明かされていません。また、一度だけヒロインを傷つけられそうになって暴走する場面が。恐ろしい目つきと殺気を放ち、主人公自身にその時の記憶はなし。殺伐とした過去以外にも謎がありそうです。
FalseMyth~謀欲のサクリファイス~_主人公1 FalseMyth~謀欲のサクリファイス~_主人公2 FalseMyth~謀欲のサクリファイス~_主人公3 FalseMyth~謀欲のサクリファイス~_主人公4
▲対面も性格もおだやかな女性(身体は男性)
FalseMyth~謀欲のサクリファイス~_経験1 FalseMyth~謀欲のサクリファイス~_経験2 FalseMyth~謀欲のサクリファイス~_経験3 FalseMyth~謀欲のサクリファイス~_経験4
▲その裏で相手のことを冷静に観察して対処する能力を持っています。
FalseMyth~謀欲のサクリファイス~_主人公裏1 FalseMyth~謀欲のサクリファイス~_主人公裏2
▲豹変するリュージュ。過去に何かがあったのか、それとも薬の効果なのかは不明。

対するヒロインの一人は主人公を師匠と慕う正義馬鹿の突撃女、悪と見れば何かれ突撃して失敗します。物語開始以降はルージュによって何度か救われています。正義感はあるけど、それ以外が見えていない女性として描かれており、今後はルージュの教えや挫折で、精神面での成長を果たしていきそうなキャラです。その他、メインヒロインが2人いますが、体験版では1人との顔合わせがある程度。
FalseMyth~謀欲のサクリファイス~_リタ1 FalseMyth~謀欲のサクリファイス~_リタ2 FalseMyth~謀欲のサクリファイス~_リタ3 FalseMyth~謀欲のサクリファイス~_リタ4
▲正義一直線。典型的な熱血馬鹿。スクショの決めポーズは何度も見ることになります。
FalseMyth~謀欲のサクリファイス~_ミリア
▲人見知りで男性恐怖症のミリア。だんだん懐いていくことが想像できます。

そしてサブキャラの多さ。リタの母であり、現在政治を取り仕切っている女性(20代前半と思えるほど若作り)。娘を見守る一方で、主人公に娘を任せようと頭を働かせ、政治の面でも敵の権力者相手に対決(結果的には負けていますが)。
FalseMyth~謀欲のサクリファイス~_クロナ1 FalseMyth~謀欲のサクリファイス~_クロナ2
▲ヒロインの母親ですが、そうは見えない若さ。

そして宗教面で圧力をかける大陸に普及している宗教の教皇や全国統一を裏でコソコソ動いている男など。また、拠点とする町の隣は、ヤクザが取り仕切っており、不穏な影がちらついています。
FalseMyth~謀欲のサクリファイス~_サブ1 FalseMyth~謀欲のサクリファイス~_サブ2 FalseMyth~謀欲のサクリファイス~_サブ3

政治的に妥協してライアンに立った教会は一人のやり手女司祭がおり、微笑みを絶やさず正統的に布教する一方、(その場面は一切ないけど状況的には)政治面を有利にすべく裏で主人公達を言葉の誘導で操っています。行動は味方のフリをした悪役なのに、彼女の役割が最終的に味方になりそうなドットで先が読めないキャラ。
FalseMyth~謀欲のサクリファイス~_ナギ1 FalseMyth~謀欲のサクリファイス~_ナギ2 FalseMyth~謀欲のサクリファイス~_ナギ3 FalseMyth~謀欲のサクリファイス~_ナギ4
▲明らかに表も裏も「やり手」のエリート感が出ています。

そして、今作も不志陀羅亭世界観の繋がりがあります。対象となるのは全作に渡って登場する商人、及び前作ヒロインの一人(むしろメインヒロイン)だった「ルドゥ」。住む世界観は異なるのですが、商人の手引きによりライランの一角に自堕落堂ポルルカを経営することになります。出会い頭はゴロツキとの衝突イベントで威勢のよい啖呵をはき、以後もたびたび交流イベントが発生、ファンサービスに留まらず、がっつり住人の一部となっています。前作未プレイでも体験版範囲では問題なし。
FalseMyth~謀欲のサクリファイス~_ルドゥ1 FalseMyth~謀欲のサクリファイス~_ルドゥ2
▲明らかなファンサービスを超えた扱い。
FalseMyth~謀欲のサクリファイス~_ルドゥ3 FalseMyth~謀欲のサクリファイス~_ルドゥ4
▲商人たちも。今作の物語、過去作を含めた案外世界の秘密にまで切り込む可能性があるかも。

今作は表の日常面でのホワホワした雰囲気も前作同様にあり、さらに政治面での対立やヤクザとの対決など、シリアスなやり取りが大幅にあります。かなりドロドロとしており、魑魅魍魎の中で主人公やヒロイン達がどう足掻いていくのか興味深い話になっています。また、ヤクザの一部に宗教側の裏で動く人物と繋がりがあるも、お互いに微妙に利益的立場が異なるなど、単純な善悪話にもなっていません。冒頭に記した通り、作者はかなり知能を持つ方と思われ、政治の駆け引きは絶妙な言い回しや対処を双方が行うため、緊張感が高く、その系統の話が好きな方ががっつり楽しめそうな気配。これは過去作にない傾向ですね。
FalseMyth~謀欲のサクリファイス~_政治1 FalseMyth~謀欲のサクリファイス~_政治2 FalseMyth~謀欲のサクリファイス~_政治4 FalseMyth~謀欲のサクリファイス~_政治5

前作は探索ADVですが、今作はさらに戦闘も導入しています。主人公に経験値の概念は無く(ヒロインにはある)、お金を釣り、アルバイト、フリーダンジョンで稼ぎつつ、店で装備を購入したり、ダンジョンドロップを狙ったりして強化します。
FalseMyth~謀欲のサクリファイス~_釣り1 FalseMyth~謀欲のサクリファイス~_仕事

戦闘システムはFATE GOの属性関係をFATE EXTRAの戦闘システムに組み込んだような仕組み。相手の出方が分かる「上段」・「中段」・「下段」からなる3すくみです。その上でこれら3つを通常攻撃とすると、「通常攻撃」「スキル」「反撃」の3すくみがあります。1ターンに3回の攻撃をするシステムで、敵の行動は解禁・一部解禁しています。敵に合わせて自分の手札から3枚選んで、攻撃します。それぞれ同じ属性の場合は数値(攻撃力?)が大きいカードが勝ちます。つまり後出しじゃんけんのようなシステムです。ただ、自手札はランダムな7枚(素早さにより変動)から3枚を選ぶため、後出しだから勝てるわけではありません。敵・味方の手札から最適な解を見つけ出す戦略パズル的な面白さがあります。

また、戦闘ドットアニメも、びっくりするほどよく動き、派手な3Dエフェクトも多用しています。コマンド選択も直感的に短時間で選べ、戦闘スピードも高速でかなり快適な戦闘システムとなっています。
FalseMyth~謀欲のサクリファイス~_戦闘2 FalseMyth~謀欲のサクリファイス~_戦闘1 FalseMyth~謀欲のサクリファイス~_戦闘3 FalseMyth~謀欲のサクリファイス~_戦闘4

ダンジョンもこれまた特殊で、カードを選んで数字だけマス目を進む一本道のスゴロクのようなシステム。カードには鍵を開ける、HPを回復するなどの効果があり、「宝箱があるのに鍵カードがない」「宝箱マスに止まりたいけど、どれも数字が大きくて先に進んでしまう」ようなこともあります。
FalseMyth~謀欲のサクリファイス~_ダンジョン

カードは戦闘と共通していることが特徴で、ダンジョンでは「戦闘のためにこのカードを保存して」、戦闘でその逆もしかり、で何を残して戦闘やマス目移動を行うかが非常に重要です。

エッチシーンはまずは、男としての勃起に我慢できずヒロインの母に手コキやオナホールこきをされてしまうシチュ。彼女は性に慣れているのか主人公を手玉に取るように激しく攻めていきます。
FalseMyth~謀欲のサクリファイス~_フェラ1 FalseMyth~謀欲のサクリファイス~_フェラ2
▲手を掴まれ身動きできない状態でのフェラ。
FalseMyth~謀欲のサクリファイス~_風呂1 FalseMyth~謀欲のサクリファイス~_オナホール2
▲オナホールでもルージュは手玉に取られます。実は一度出した後も……。

そしてリタの場合はルージュに憧れての和姦。ヒロインの乳首をいじりながらの手コキを受けたり、お風呂で洗い流しをしつつ、そのまま触り合いに発展したり。また、母がルージュを拘束した上で娘がフェラをするような内容もあります。
FalseMyth~謀欲のサクリファイス~_触り合い1 FalseMyth~謀欲のサクリファイス~_触り合い2
▲初々しいエッチです。
FalseMyth~謀欲のサクリファイス~_風呂1 FalseMyth~謀欲のサクリファイス~_風呂2
▲お風呂でイチャイチャ馬鹿っぷる。
FalseMyth~謀欲のサクリファイス~_親子丼1 FalseMyth~謀欲のサクリファイス~_親子丼2 FalseMyth~謀欲のサクリファイス~_親子丼3
▲属に言う親子丼ですが、主人公側が手玉に取られる珍しいシチュ。

また、今作ではヒロインを1人連れて歩き回るのですが、その時に特定場所だとエッチ歩行モードに。じらしつつテクテク歩きながらソファなどイベントが起こりそうな場所にいくとミニエッチが行われます
FalseMyth~謀欲のサクリファイス~_歩きエッチ1 FalseMyth~謀欲のサクリファイス~_歩きエッチ2

やはり流石と言うべきか、ドットアニメの動きが何コマもありスムーズ。擦る動き、表情の変化、イきそうになる時の格好の変化など1ループも細かく、さらにシーン内でも2,3種別のループアニメを用意しており、パターンが非常に多くなっています。精子が飛び散りぶっかけする動きも滑らか。サークルの傾向から女性主導が多めですが、今作の場合はお互いに触り合うような初々しいシーンも用意しています。

物語面でもエロ面でも気になっている本作。体験版の最後は続きがはやく見たくてたまらない終わり方をするため、もう期待感が高まっています。この引きの上手さも才能なのだろうなと感じます。

予約はこちら
FalseMyth~謀欲のサクリファイス~

コメント

タイトルとURLをコピーしました