エリクシル(体験版簡易感想)

エリクシル
エリクシル[ソルネア] (DMMはこちら)
魔形が発生し対魔師が活躍することになった現代が舞台のRPG。ダブルヒロイン主人公型で片ヒロインの弟が不死の病を患っており、何でも治すと言われる霊薬エリクシルがとある島にあるという噂を入手し、弟を助けるためにとある島へ上陸を目指します。この島はどこからか魔形が大量に発生しており、すでに無人となり危険地域として指定している箇所。法律でも禁止されているこの島にこっそり入ろうとするも入り口で巨大な魔形に襲われ、二人は離れ離れになって島に漂着するというオープニングです。

そのため主人公達は準備していた対魔装備をほとんど失った状態で島内サバイバル生活しながらエリクシルを探すことが当面の目標となります。また、2人は別行動でストーリーは進行しますが、各魔形に対してそれぞれのキャラで敗北シーンがあります。体験版の回想数によると9種×2と2種×3(二人同時があり)。回想シーンからは2人が合流するのは相当先であることが想像付きます。

島についてからのシナリオは体験版内でほとんど見ることができませんが、オープニングの雰囲気からシナリオRPGということが想像できます。つまりダンジョン探索よりも話を楽しめるかどうかが購入の決め手になるかと。そして、彼女らが敵に敗れて心が折れるまで凌辱されるエロを楽しむゲームです。