エルフ特教師(体験版感想)

エルフ特教師_調教3 体験版感想(スクショあり)

エルフ特教師_タイトル
エルフ特教師[セルレ部影]

セルレ部は放置機能のあるRPG「マウマウ探検隊」をリリースしており、本作は放置ゲームの第二段に位置付けられます。エルフの「捕獲」「調教」に特化しており、RPG然とした前作と比べてSLGに近いゲーム性となっています。「ウラレタウン」に放置要素が加わったゲームシステムと考えるのが一番近いかも。

エルフが森で暮らしている間に人間世界は発達、人間に滅ぼされないため、そしてエルフ特権階級のエルフ平民階級差別を止めるため、元エルフの女王はエルフを捕えて調教し、人間世界に馴染ませることを目的として行動を開始します。主人公はそんなエルフ女王と共犯になった調教師です。
エルフ特教師_オープニング1 エルフ特教師_オープニング2

ゲーム進行の流れは森に侵攻しエルフを捕獲→捕獲したエルフを調教や売春→調教したエルフを従業員に加えたり各組織へ出荷、その合間に「開発」や「事務」で機能を強化していきます。

侵攻では主人公がエルフを捕えるため森に侵攻、敵と1VS1で戦います。通常攻撃・クールタイムがある攻撃・自動発動スキルなど。オートによる自動戦闘も快適。相手エルフを倒すと捕らえることが可能。体験版は緑髪のエルフのみですが、製品版は色違いが数種類存在するようです。
エルフ特教師_戦闘1 エルフ特教師_戦闘2 エルフ特教師_戦闘3 エルフ特教師_戦闘4
▲スピード感のある戦闘システムです。

捕らえたエルフは調教が可能。フェラやオナニー、正常位などをコマンドを選択すると体力・精神の減少と引き換えに様々なステータスを上昇させます。その時にエロイベントが発生。調教を続けると調教レベルが上がり効率もよくなります。
エルフ特教師_調教1 エルフ特教師_調教2 エルフ特教師_調教3 エルフ特教師_調教4 エルフ特教師_調教5 エルフ特教師_調教6

体力・精神は時間と共に自動回復します(放置要素)。ただ、待ちきれない場合は魔力を放出することで即座に1時間分の回復をすることも可能です。

放置時は「休憩」で自動的に回復しますが、「接待」させ自動集金や「学習」などで特定ステータスを自動向上させることもできます。
エルフ特教師_時間経過

依頼では常にエルフを募集しており、特定条件を満たしたエルフを納品することでお金や魔力の入手、及び従業員や裏社会・企業界・政治界など各種勢力のステータスが上昇。
エルフ特教師_依頼

こうして上昇した調教レベル・侵攻した箇所の支配率・エルフを各勢力に送り込んだ人数などにより開発・事務などで新たなコマンドを追加したり、調教コマンドを増やしたりします。特に依頼の一番左上はメインイベントになっているようで、条件を満たすことでシナリオが進むようです。
エルフ特教師_開発・事務1 エルフ特教師_開発・事務2

一応、調教&経営SLGの要素を満たしており、面白いのですがバランス調整はまだ甘いかなという印象。というのも依頼がランダムであり放置要素にもなっているため、開発や事務に必要な依頼が全くこないこともあるからです。このあたりの調整が肝になるかと思います。

予約はこちら
FANZA:エルフ特教師

コメント

タイトルとURLをコピーしました