【エロSLG感想】エルフ特教師(製品版)

エルフ特教師_調教3 エロSLG

エルフ特教師_タイトル
エルフ特教師[セルレ部影]

セルレ部は放置機能のあるRPG「マウマウ探検隊」をリリースしており、本作は放置ゲームの第二段に位置付けられます。エルフの「捕獲」「調教」に特化しており、RPG然とした前作と比べてSLGに近いゲーム性となっています。「ウラレタウン」のような売春経営ものに放置要素が加わったゲームシステムと考えるのが一番近いかも。

調教して人間社会に馴染んだエルフを社会に解き放て

エルフが森で暮らしている間に人間世界は発達、エルフに帰属に追い出された元王女は人間の世界を知り、人間に滅ぼされないため、そしてエルフ特権階級のエルフ平民階級差別を止めるために行動を起こします。その手段は特教師を使って森のエルフを捕獲・調教してから人間社会に合流させたり森に返したりして、じょじょにエルフの意識に変化を持たせること。

元エルフの女王はエルフを捕えて調教し、人間世界に馴染ませることを目的として行動を開始します。主人公はそんなエルフ女王と共犯になった調教師です。
エルフ特教師_オープニング1 エルフ特教師_オープニング2

ゲーム進行の流れは森に侵攻しエルフを捕獲→捕獲したエルフを調教や売春→調教したエルフを従業員に加えたり各組織へ出荷、その合間に「開発」や「事務」で機能を強化していきます。

侵攻では主人公がエルフを捕えるため森に侵攻、敵と1VS1で戦います。通常攻撃・クールタイムがある攻撃・自動発動スキルなど。オートによる自動戦闘も快適。相手エルフを倒すと捕らえることが可能。森によってエルフの色や能力が変化し、先の森ほど有能なエルフが揃います。
エルフ特教師_戦闘1 エルフ特教師_戦闘2 エルフ特教師_戦闘3 エルフ特教師_戦闘4
▲スピード感のある戦闘システムです。

捕らえたエルフは調教が可能。フェラやオナニー、正常位などをコマンドを選択すると体力・精神の減少と引き換えに様々なステータスを上昇させます。その時にエロイベントが発生。
エルフ特教師_調教 エルフ特教師_調教2
▲調教メニュー画面

エルフ特教師_調教3 エルフ特教師_調教4 エルフ特教師_調教5 エルフ特教師_調教6
▲各調教ごとにシーンがあります。2度目以降は発生させないようにすることも可能。
エルフ特教師_色違い1 エルフ特教師_色違い2 エルフ特教師_色違い3 エルフ特教師_色違い4
▲各森ごとに捕獲できるエルフが異なり、全てのCGで色差分があります(エロテキストは全て同一)。後半の森では属性に貴族が付いているなど細かな違いも。

各エルフの最初の調教項目は強制フェラLv1、強制パイずり、正常位ぐらいですが、調教をしてエルフの各パラメータが伸びると、強制後背位、三角木馬、アナル責めのようにどんどんプレイ内容が増えていきます。エロイベントはほぼこの調教に集約しています(一部、探索敗北もあります)。一部、開発にて解放するエロ項目もありますが、ほぼ序盤から全てのイベントを閲覧可能です。エロテキストは短め且つ簡潔。

体力・精神は時間と共に自動回復します(放置要素)。ただ、待ちきれない場合は魔力を放出することで即座に1時間分の回復をすることも可能です。放置時は「休憩」で自動的に回復しますが、「接待」させ自動集金や「学習」などで特定ステータスを自動向上させることもできます。
エルフ特教師_時間経過

各エルフごとに最初から調教をする必要がありますが、ctrlスキップを利用すれば驚くほど素早く調教が進んでいきます。また、調教を続けると特教師の調教レベルが上がり効率もよくなります。後述の開発度を上げることでエルフの初期ステータスが高まれば、1回で多くの調教を受けさせることも可能で、プレイすればするほど効率がよくなります。

依頼では常にエルフを募集しており、特定条件を満たしたエルフを納品することでお金や魔力の入手、及び従業員や裏社会・企業界・政治界など各種勢力のステータスが上昇。プレイヤーはこの依頼の条件を満たすように調教をしていきます。
エルフ特教師_依頼

依頼でこなすと上昇する政治・宗教・企業の数値や稼いだお金は、開発や事務で研究や法律作りなどの作業を行うために必要です。メインイベント進行条件の他、調教部屋の数を増やしたり、エルフの知識などパラメータ限界があるステータスの限界値上昇、特定ステータスを持つエルフの優遇処理など解放するごとに、作業効率がよくなっていきます。

開発・事務はそれぞれ選択すると数時間の待ちが発生します。
エルフ特教師_開発・事務1 エルフ特教師_開発・事務2

この、「捕獲 → 調教 → 依頼達成 → 開発・事務 → 調教効率が良くなる」のルーチンワークに加えて、もう一つのルーチンワークがエルフの探索による特教師強化システム。

エルフ特教師_話1 エルフ特教師_話2
▲特定依頼を達成することでシナリオが進みます(エンディングも含めてあっさりしていますが)。ちなみに右側の女の子にもエロシーンがあります。日本語は海外の方の翻訳だと分かるような書き方があるものの、意味はしっかり伝わります。

エルフの探索により特教師を強化

特教師が侵攻できる森は戦闘で勝利すると支配率が20%上昇します。この支配率が60%を超えた段階で、事務の項目の「制圧宣言」を達成可能になり、達成すると次の森が出現します。この時、支配率が高くなるごとに敵エルフのLvが上がり、さらに次の森に移行すると支配率0%の状態でも前の森の支配率60%相当の敵が出現します。また、敵のレベルと同時にWave数が増加し複数のエルフと連続で戦うことになります。

しかし、特教師はいくらエルフを捕えても戦闘ステータスが上昇しません。そこで鍵となるのが「隷石」と呼ばれる装備品。エルフは剣・弓・術・力の4つの「隷石」のうち1つを装備して「探索」することができます。

探索では1Fから順々に敵を倒すことで装備品を入手すると同時に「隷石」のレベルが上昇します。主人公は「マスターの隷石」を装備しており、この隷石の強さは、4つの隷石の合計です。
エルフ特教師_戦闘1 エルフ特教師_戦闘2 エルフ特教師_戦闘3 エルフ特教師_戦闘4

つまり、弓に強いエルフは「弓の隷石」などで得意分野で戦闘させ、各隷石のレベルを上げることで特教師を強化するわけです。そして強くなった特教師で新たな森のエルフをGet。

ここで、「捕獲 → エルフの探索 → 特教師強化 → 新たな森で強力なエルフを捕獲」のルーチンワークが出来上がります。強力なエルフだと、さらに奥地まで進めて経験値がっぽりなため、さらに特教師が強くなるという仕組みです。

さらに、エルフを調教してから森に返すことで、そのエリアの開発度が上昇します。初期ステータスと調教では強化できない武器相性などが高まった状態で仲間になるため、上記ルーチンワークに加えて「捕獲 → 調教 → 森に返す」を行うと、調教による強化よりも効率的に強いエルフが仲間になります。

なお、エルフの探索は、敵を倒すと装備品をドロップする「無界秘林」と。敗北時にその魔物の敗北エロを見ることになる「コロシアム」の2種類があります。
エルフ特教師_敗北エロ エルフ特教師_敗北エロ2

放置ゲームの精神に則った経営シミュレーションとは

さて、本作は事務・開発の待ち時間やエルフの体力回復、依頼の新たな登場にリアル時間を用いるという放置要素があります。ただ、この放置要素は魔力を使用することで全て無効化でき、魔力はエルフを一度体力が0になるまで調教してからすぐ森に返しても相応に溜まります。また、一定時間ごとにお金と魔力を入手できますが、魔力は上述の方法であっという間に溜まりますし、お金は依頼で解決しても入手できます(そして依頼は無ければ魔力を使ってetc)。
エルフ特教師_魔力1 エルフ特教師_魔力2
▲捕らえて、体力が無くなるまで調教、その後は回復することなく森へお帰りの20秒ほどでできる簡単魔力入手手段。 エルフ特教師_魔力3

つまり、放置要素は完全なお飾りです。ただし、それでも放置・クリッカーゲームの精神を組みゲームとして成立しています。

となると、経営ゲームと放置ゲームの違いは何でしょうか?

経営ゲームの場合はやり方を間違うと大きな損益を被りますが、放置ゲームは基本的にプラスの収支のみです。しかも収入を得るためにすることは放置かクリックをして少し収入を早めるか。そのため、デメリットが何も無く頭を空っぽにして適当にプレイしても経営的なインフレを楽しむことができるのが一つの放置ゲームの条件だと思っています。そのインフレの楽しさにはまってプレイ中は止めるタイミングを掴めずひたすらクリックしてクリア、後に「俺は何をやっていたんだ」と時間の無駄さに嘆くことになるのも一つの特徴です。且つ、待つ要素以外の場面では、快適でサクサク進む爽快感があると優良な放置ゲームでしょう。

本作はこの条件を全て満たしています。

まず、本作は調教&経営SLGを放置化したゲームですが、経営関連で恒例の減額要素が一切ありません。手順によって効率の良さは分かれますが、基本は上昇のみです。調教レベルは上がるだけだし、エルフも侵攻を進めることでどんどん強いエルフが仲間になります。ある程度鍛えても容赦なく依頼に使っても、次の森に行き開発度を上げれば、インフレによって、より強いエルフが入手できます

▲最初は3桁前後だった攻撃もこのようなダメージ。この短時間で極度に強くなる面白さは放置ゲー所以です。

このインフレ感によって、プレイ依存度が高まる一方ですが、上述した通り、大きく分けて2通りのルーチンワークがあるため、常にどちらかをプレイしていたくなる麻薬のような依存性もあります。

厳密な意味では放置ゲーではないけど、放置ゲーの精神を受け継いでいるゲームと言えます。

プレイ時間は一応の意味では5時間ほど。とりあえず、エンディングっぽい箇所まで進みましたが、クリア時点でも探索の階層はまだまだありそうだし、開発マップもまだ残っています。

エロゲでもいくつか放置・クリッカーゲーは販売していますが、熱中してついついやり込んでしまうほど夢中になってしまう点で、「高飛車ツリ目な正義の変身ヒロインを~」「Dissolute Daydream」、「The twilight of the tentacles」など他のクリッカー・放置系作品と区別化しています。ただし、売春経営系では当たり前の事ですが、調教画面で一度エッチを見たら、後は全てスキップしてしまうのでエロ重視の作風ではありません。

購入はこちら
FANZA:エルフ特教師

コメント

タイトルとURLをコピーしました