堕落戦記ベルフェゴール・サーガ~魔王の媚薬と発情奴隷たち~(体験版感想)

堕落戦記ベルフェゴール・サーガ~魔王の媚薬と発情奴隷たち~_調教9 体験版感想(スクショあり)

堕落戦記ベルフェゴール・サーガ~魔王の媚薬と発情奴隷たち~
堕落戦記ベルフェゴール・サーガ~魔王の媚薬と発情奴隷たち~
[シャレイドGirls]

SRPG大作「奴隷ハーレム解放戦線~解放の英雄と夜伽の戦士たち~」から2年を期して放つ渾身の戦略シミュレーションRPG。ファイアーエムブレム系統の王道戦記で、且つ最序盤で光ルートと闇ルートに分かれることが特徴。

舞台は平和に見えた王国。王が没した後、王女が成人するまでの3年、名君と謡われる宰相(女性)が政治を行っています。主人公は宰相の友人であり王女の騎士になった少年ルート。無口系で一切喋りません。ここに一人の淫魔が王国住民を堕落すべく暗躍しはじめます。(血の繋がりが示唆されている)ルートには、肉欲の喜びを夢で魅せつつ、宰相には「王女がルートを奪った」と王女を害させるための誘惑をかけています。一見平和そうに見える王国に危機が迫っています。
堕落戦記ベルフェゴール・サーガ~魔王の媚薬と発情奴隷たち~_オープニング1 堕落戦記ベルフェゴール・サーガ~魔王の媚薬と発情奴隷たち~_オープニング2 堕落戦記ベルフェゴール・サーガ~魔王の媚薬と発情奴隷たち~_オープニング3 堕落戦記ベルフェゴール・サーガ~魔王の媚薬と発情奴隷たち~_オープニング4 堕落戦記ベルフェゴール・サーガ~魔王の媚薬と発情奴隷たち~_オープニング5
▲ある騎士団長を怠惰させ、町娘をレイプしてしまうように誘導。淫魔の暗躍を伺える一幕。
堕落戦記ベルフェゴール・サーガ~魔王の媚薬と発情奴隷たち~_昔1 堕落戦記ベルフェゴール・サーガ~魔王の媚薬と発情奴隷たち~_昔2
▲主人公ルートと大臣、姫様の過去。平和な時代の一幕。
堕落戦記ベルフェゴール・サーガ~魔王の媚薬と発情奴隷たち~_夢1 堕落戦記ベルフェゴール・サーガ~魔王の媚薬と発情奴隷たち~_夢2
▲夢の中で淫魔からの誘惑を受け、主人公も徐々に怠惰している状態。光闇分岐前の話です。
堕落戦記ベルフェゴール・サーガ~魔王の媚薬と発情奴隷たち~_欲望1 堕落戦記ベルフェゴール・サーガ~魔王の媚薬と発情奴隷たち~_欲望2
▲反乱軍の代表を捕まえてレイプしている主人公。これも光闇分岐前の話。この頃は闇に飲まれそうになるも抵抗しており、あやふやな状態が続いています。

物語はルートが大臣の命令で反乱軍を討伐するために出陣したところから始まります。大臣の行動を怪しいと思いつつも、大臣を信じて反乱軍を討伐する一同、しかし、結果は王女の死亡という情報。急いで戻るとルートは反逆罪で捉えられ牢の中に。そこには大臣が王女を調教している場面に遭遇しました。
堕落戦記ベルフェゴール・サーガ~魔王の媚薬と発情奴隷たち~_ベル1 堕落戦記ベルフェゴール・サーガ~魔王の媚薬と発情奴隷たち~_ベル2
▲討伐時のメンバーその1。妖精らしく性に奔放。後述する主人公が仲間を戦線復帰する密は彼女のアソコから生成されます。
堕落戦記ベルフェゴール・サーガ~魔王の媚薬と発情奴隷たち~_仲間1 堕落戦記ベルフェゴール・サーガ~魔王の媚薬と発情奴隷たち~_仲間2 堕落戦記ベルフェゴール・サーガ~魔王の媚薬と発情奴隷たち~_仲間3
▲その他仲間達。SRPG特有の戦闘前・後の会話パートはエッチシーンを含めてそれなりに長く読めるようになっています。戦略パート同様に力を入れて製作しています。
堕落戦記ベルフェゴール・サーガ~魔王の媚薬と発情奴隷たち~_話1 堕落戦記ベルフェゴール・サーガ~魔王の媚薬と発情奴隷たち~_話2 堕落戦記ベルフェゴール・サーガ~魔王の媚薬と発情奴隷たち~_話3 堕落戦記ベルフェゴール・サーガ~魔王の媚薬と発情奴隷たち~_話4
▲戦記物ストーリーとしても普通に面白い。

ここで大臣と夢の中の淫魔に導かれるまま王女を犯すと、大臣の望みのまま、圧政者となって王女を攫って逃げた且つての仲間達を含む反乱軍を追う闇ルートになります。王女を助けると、大臣や王国から王女を連れて逃亡する光ルートになります。ラングリッサー2,4の光・闇ルートを思い出しますが、似ている部分もあり、例えば同じマップで正反対の立場になったり、敵キャラも反対の立場の相手が立ちふさがったリ。
堕落戦記ベルフェゴール・サーガ~魔王の媚薬と発情奴隷たち~_闇1 堕落戦記ベルフェゴール・サーガ~魔王の媚薬と発情奴隷たち~_闇2 堕落戦記ベルフェゴール・サーガ~魔王の媚薬と発情奴隷たち~_闇3
▲淫魔の誘惑に負けて王女をレイプしてしまうと闇ルートへ。
堕落戦記ベルフェゴール・サーガ~魔王の媚薬と発情奴隷たち~_分岐バトルマップ1 堕落戦記ベルフェゴール・サーガ~魔王の媚薬と発情奴隷たち~_分岐バトル2
▲光ルートでは王都から脱出して逃げるルートへ、闇ルートでは逆に逃げる反乱軍を追うルートになります。マップは同じで進む方向も同じですが、目的は正反対。

ここまでがほぼ体験版のストーリー。基本的には王道戦記です。一見すると大臣の行動が全て悪に見えるのですが、怠惰がキーワードのため、国民が怠惰できるような政策を練っており、国民からの反感情もあまりありません。せいぜい政治上層部の腐敗ぐらい?そのうち税金が無くなって自滅に向かいそうなので危機と言えば危機ですが。そんな状態なので、光ルートのストーリーも勧善懲悪にならない気がします。国民は今の生活を歓迎したいはずだから。
堕落戦記ベルフェゴール・サーガ~魔王の媚薬と発情奴隷たち~_闇4 堕落戦記ベルフェゴール・サーガ~魔王の媚薬と発情奴隷たち~_闇5
▲無能キャラに鉄槌を渡したり、人に怠惰してもらうため、汗かいて敵を倒したり。あれ、闇ってなんだっけ?

さて、まずSRPGの要になる戦略面について。難易度はゲーム開始時に4段階から選択可能。だけどマップ構成で言えば序盤である体験版の時点でもう、普通のSRPGで言えば中盤から終盤レベルの大量敵&広大マップです。本当にじっくりとSRPGをプレイしたい方向けと言って過言では無いと思います。

特徴としてはユニットの分類や武器の分類がしっかり分かれていること。一例を挙げると

  • 剣・槍・斧で3すくみの法則
  • 手斧は3種の武器の上位互換、だけど手斧は特攻などの決め手が一切無し
  • 騎馬兵は歩行兵から反撃を受けないが、弓からの攻撃は100%命中してしまう。
  • グリフォン兵は3マス分の攻撃ができ強力だが、弓からの被ダメージが大きい
  • 魔物は基本的に人間の上位職相当で強力だけど、魔法に弱いなど各魔物ごとに倒すための特徴がある

などなど。
堕落戦記ベルフェゴール・サーガ~魔王の媚薬と発情奴隷たち~_戦闘1 堕落戦記ベルフェゴール・サーガ~魔王の媚薬と発情奴隷たち~_戦闘2

さらに1キャラ1装備というわけではなく、主人公は斧・剣・槍を全て装備することが可能で敵の攻撃により使い分けれる、騎士は槍と斧しか持てないなど装備関連でも戦略を練る必要があります。また、特殊なルールとしては、ルートが所持する妖精の密を使用すると戦闘不能になった味方を3ターン後にHP1で復活できる仕様があります。(1戦場で3回まで)
堕落戦記ベルフェゴール・サーガ~魔王の媚薬と発情奴隷たち~_武器
▲3すくみで且つ武器を選択できる点は興味深いですね。
堕落戦記ベルフェゴール・サーガ~魔王の媚薬と発情奴隷たち~_キャラメイク1 堕落戦記ベルフェゴール・サーガ~魔王の媚薬と発情奴隷たち~_キャラメイク2
▲主人公はゲーム開始時にクラス、成長で上がりやすいステータス項目などをある程度決めることができます。

複雑そうに見えますが、順々に教えられるので、体験版クリア頃にはしっかり理解できるようになっています。また、戦闘バランス関連も敵配置などが練られているなと感じます。

SRPG STUDIO製の中では最も大規模な戦略SLGかもしれません。
堕落戦記ベルフェゴール・サーガ~魔王の媚薬と発情奴隷たち~_バトルマップ1 堕落戦記ベルフェゴール・サーガ~魔王の媚薬と発情奴隷たち~_バトルマップ2 堕落戦記ベルフェゴール・サーガ~魔王の媚薬と発情奴隷たち~_バトルマップ3 堕落戦記ベルフェゴール・サーガ~魔王の媚薬と発情奴隷たち~_バトルマップ4
▲戦略マップ中も会話イベントがどっさり。

エロ系の特徴としては、光と闇で大きく変わることが挙げられます。闇ルートの場合、且つての仲間(おそらく新たなキャラも)を戦闘で捕獲して調教していきます。戦闘中に敵を倒すとカルマと呼ばれる値を取得、この値を使ってドットエロの調教パートを実行し、最終的に快楽に染まると、エロイベント後にそのキャラが仲間になります。また、体験版時点では不可能ですが、魔物を出産させることで魔物を仲間にすることも。
堕落戦記ベルフェゴール・サーガ~魔王の媚薬と発情奴隷たち~_調教1 堕落戦記ベルフェゴール・サーガ~魔王の媚薬と発情奴隷たち~_調教2 堕落戦記ベルフェゴール・サーガ~魔王の媚薬と発情奴隷たち~_調教3 堕落戦記ベルフェゴール・サーガ~魔王の媚薬と発情奴隷たち~_調教4
▲カルマを使用するドットアニメの調教でゲージを溜めて
堕落戦記ベルフェゴール・サーガ~魔王の媚薬と発情奴隷たち~_調教5
▲溜まったらエッチして従属完了。
堕落戦記ベルフェゴール・サーガ~魔王の媚薬と発情奴隷たち~_調教6 堕落戦記ベルフェゴール・サーガ~魔王の媚薬と発情奴隷たち~_調教7 堕落戦記ベルフェゴール・サーガ~魔王の媚薬と発情奴隷たち~_調教8 堕落戦記ベルフェゴール・サーガ~魔王の媚薬と発情奴隷たち~_調教9
▲違う子も

光ルートの場合、「強化奴隷」がキーワードになります。大臣がこっそり研究していた人間戦闘兵器なのですが、仲間達は一度大臣に捕まって、この強化奴隷にされてしまいます。最初から命中率が高く、ターンごとに命中率が上がるという嬉しい仕様なのですが、代わりに敵から淫乱魔法をかけられると一気に発情してしまい、ルートがクンニなどで発散しない限り移動速度に大幅制限がつくことに。
堕落戦記ベルフェゴール・サーガ~魔王の媚薬と発情奴隷たち~_発情1 堕落戦記ベルフェゴール・サーガ~魔王の媚薬と発情奴隷たち~_発情2 堕落戦記ベルフェゴール・サーガ~魔王の媚薬と発情奴隷たち~_発情3
▲戦闘中に発情した場合は、主人公が性欲を解消させてあげることに。

本来は薬で発散させるのですが、大臣から逃げてきた身、そのためルートにお願いして「逆夜伽」でエッチしてもらうことで発散することになります。
堕落戦記ベルフェゴール・サーガ~魔王の媚薬と発情奴隷たち~_夜伽
▲対象ユニットが特定のレベルになると逆夜伽ができるようです。
堕落戦記ベルフェゴール・サーガ~魔王の媚薬と発情奴隷たち~_衣装1 堕落戦記ベルフェゴール・サーガ~魔王の媚薬と発情奴隷たち~_衣装2
▲光ルートでは衣装の変更やクラス替えみたいなことも。

全体的に無駄が無く要点をおさえているストーリー、3すくみなどユニットの相性が大事な戦略マップでSRPGとしての品質は高めです。また、エロ関係は闇だと調教、光だと体験版ではあまり見ることができないのですが、和姦が楽しめるので、エロも性格も違う側面を見せてくれるヒロイン達も注目ポイントでしょうか。

長時間プレイ前提のゲームのため、コスパはすごい良さそう。明らかに最初から本格的なマップで戦略性重視の方は楽しめるかと思います。エロ重視で戦闘が煩わしいと感じる方は、一番簡単なモードにしても相応の時間を取られてしまうことは注意点です。

予約はこちら
DLSITE:堕落戦記ベルフェゴール・サーガ~魔王の媚薬と発情奴隷たち~

コメント

タイトルとURLをコピーしました