令和2年2月おすすめエロ同人ゲーム

1ヶ月のまとめ

2020年2月に発売して気になったエロ同人ゲームのまとめです。SLG,ADV,ACTも含めますが管理人の趣味の関係でエロRPGが多くなります。掲載作品は自分の防備録も兼ねているため、私が体験版をプレイして面白いと思ったゲームと人気作が中心になります。

先月のまとめ

令和2年1月おすすめエロ同人ゲーム
2020年1月に発売して気になったエロ同人ゲームのまとめです。SLG,ADV,ACTも含めますが管理人の趣味の関係でエロRPGが多くなります。掲載作品は自分の防備録も兼ねているため、私が体験版をプレイして面白いと思ったゲームと人気作が中心になります。

軋轢のイデオローグAppend


軋轢のイデオローグAppend[ONEONE1] (FANZAはこちら)

体験版無し。軋轢のイデオローグの追加アペンドディスク。

淫魔と裸のお姫様


淫魔と裸のお姫様[レベル1]
前作のIFルート兼アナザーシナリオ。前作と同じシステムを使いまわしつつも今回は戦闘を省いているっぽい(体験版範囲では)。そのため、シナリオ目的ならサクサク進みます。ダンジョンマップは探索や移動、会話が主。リリス・シルヴィア・アメリアなど複数の主要キャラを時系列で視点を変えながらプレイします。

前作を未プレイでもシナリオは把握できましたが、ゲームの紹介文からもネタバレっぽい真相も最初から暴露している点は注意点かな。

DoubleExposure -ダブルエクスポージャー-


DoubleExposure -ダブルエクスポージャー-[雨乞い工房]
2200年代のロシア・クリミアあたり?の架空国の取材に訪れた報道員の男が主人公。いわゆる殺人探偵ものと国の陰謀を組み合わせたアドベンチャー作品。最初は殺人事件で警察が杜撰な操作で無実の少女を逮捕しようとしている事件。屋敷内で証拠を集め、集め終わったら警察と論戦。間違った証拠を提示するとダメージを受け、指定回数以内で正解を選ぶとクリアです。

そして、本来の目的は国の監視をかいくぐり、国の内部を観察・報道すること。かなり読み応えがあり、体験版の序盤からぐいぐいとシナリオにのめり込んでいきます。メインシナリオの他に論戦のないシナリオ付きサブイベントも用意されており、それらをこなすことで屋敷が強化していくシステム。

拠点となる屋敷でのヒロインとの交流や歩行しながらの町中探索などメイン以外にも遊び要素があり、サークルの過去作と同系統の面白さがありそう。

魔法少女と森林学習~負けヒロインはセクハラされる~


魔法少女と森林学習~負けヒロインはセクハラされる~[紅茶辣韭]
シリーズヒロイン「ヒイナ」「アミィ」や各悪役竿役が続投するエロノベルゲー的なツクール作品。前作の短編と同じく並行世界的なアプローチのため、各ヒロインは竿役に弄られていない状態から。さらにルカ(男主人公)というキャラがおり、二人は彼のことを憎からず思っています。もう一つ、前作までは竿役がオタク2人でしたが、不良、科学バカなど竿役が6人ほどに増加。

今回のアプローチは主人公が一人を選ぶと共に行動し、別行動しているもう一人のヒロインがネチネチと他の竿役男達に凌辱されることがテーマのようです。体験版でも、共に行動しているヒロインにチョッカイをかけようとしている竿役は男主人公に退治されヒロインとイチャイチャ。対してもう一人のヒロインはネチネチと竿役からセクハラを受けます。

独特のテキスト感を持っており、エロシーンをねっとりと書きあげるサークル。ただし、ウェイトも多用しているため、ゲームの進行はゆっくりです。

令和DEロリロリホイホイ


令和DEロリロリホイホイ[BLACK PANDA]

女の子がお手伝いで買い物にいくゲーム。ただし、メモ書きやサイフなどを犬に盗まれてしまい、取り返すことがメインとなります。各地で変なロリコン男や犬から「教えてほしければ・・・」の要領で請求され、無知っ子の主人公が要求を飲むことに。エロシーンは巨大ドットで一部アニメーション。

基本無料なので、体験版で最後まで楽しめるようです。

ショタコンサキュバスとパイズリ痴女達


ショタコンサキュバスとパイズリ痴女達[クレイジー二厘]
勇者のショタが魔王軍の頭脳派に狙われ、サキュバスによる篭絡に遭う話。コメディ調だけど、エロシーンはしっかりしてそうなイメージ。おそらくサークル初の男主人公型。今までも女性主人公型のオネショタはよくあったので、この分野は慣れているサークルです。また、登場する女性キャラは全て爆乳。

町のお姉さん達(シスター・道具屋の娘・忍者など数名)には催眠がかけられ、主人公が性的に狙われることに。サキュバスによるパイズリにより体験版は終了なので実際にどんなエッチがあるかは不明。ADVみたいな作りだけど、町中をちゃんと歩けます。

なかなか序盤は面白かった。

DESIRE EATER<デザイアイーター>


DESIRE EATER<デザイアイーター>[テイル・アキ]
おそらくテイル・アキ発の一般的な恥辱RPG(段階差分かは不明)。町はラブホテルなどがある他、エロRPGお約束のスラム街などもあって、その点でも恥辱系の王道を目指していると考えられます。町はスッキリとした3/4画面の複数エリアで構成。RPGツクールの使い方に慣れた作り方をしており、過去作とイメージが変わっています。

悪魔と契約した魔女が人の欲望を集めるためにエッチなことをする話。パラメータに恥辱Lvと魅力Lvがあり、共にエロイベントの発生条件になっています。恥辱Lvはエッチなことで上昇するのに対し、本作の特徴的なのが魅力Lv。

主人公は内気な女の子で見た目も地味子。美容店の店員が主人公を見て一発で気に入り、イメチェンをすると魅力LVアップ。と同時にわずかに美人に。これ以後も美容室でお金を払うごとに魅力Lvと共に立ち絵が変化していきます。「内気が美人に」は一つのテーマで、本作の場合はこのように、シナリオ進行と共にじょじょに可愛くなっていくのがポイント。

キャッスルインザクラウド


キャッスルインザクラウド[ピクセル定食]

らいぶらはーととの共作アクション第二段。メトロイドヴァニアであった前作と異なり複数のエリアがありエリア内が探索要素となっている簡易メトロイドヴァニアです。町でクエストを受けたり武器を購入し、クエストによっては新たなエリアが解放することも。また、今作は敵に野盗などの人間もおり、イベントでは適度にテキストもあります。

ギルド依頼を貰うため、領主に胸を触られるなど対人関係のエロもあります(町の人の話を聞くと売春もありそう)。エロはアニメーションでテキストはほとんどありません。

体験版範囲は割とオーソドックスなアクションなんだけど、斜めに登ったり下がったりと地形関係は前作にも見られない工夫があります。また、PVを見ると様々なギミックが見て取れ、レベルデザイン面ですごい面白そう。

前作よりも難易度は若干だけ高め。

死神娼館 ~ 宿屋の主人に転生して女冒険者にいろいろするRPG


死神娼館 ~ 宿屋の主人に転生して女冒険者にいろいろするRPG[サークル冥魅亭] (FANZAはこちら)
タイトルからは想像がつかないけど冒険者ギルド経営シミュレーション。死神の女の子によって異世界に転生した男が冒険者ギルドを経営します。序盤では娼館は出てきませんし、死神は設定上のことで経営には一切関係ありません。まあ、登場人物のセリフからは後ほどそれぞれ活躍しそうですが。UNITYのエフェクト機能やUI画像などのアセットを豊富に使っており、見た目にも楽しい経営SLGに仕上がっています。また、動きも軽快でストレスがあまり溜まりません。

接客・生産・清掃・防犯・(今後も増えそう)にそれぞれ従業員を配置、お金を稼いでいきます。稼いだお金で新たな従業員を雇い、設備投資で各仕事(接客・生産など)の効率を上げたり盗賊の発生率を下げたり、料理や武具の設備を整えたりします。また、大陸冒険者ギルド連盟などへの献金などは後のイベントに意味がありそう。また、商品の開発、冒険者ギルドとして依頼を受け冒険者へ斡旋なども行います。1日の動きはリアルタイムで変動していきます。毎日ヒロイン1人と一緒に行動でき、行動中はランダムで交流イベントが発生します。ヒロインとの会話も要所要所で発生してイベント的にも楽しい。経営SLGで欲しいと思っている面白さが詰め込まれています。雰囲気はののの通信の「魔王軍へようこそ」などに近いかも。

スノウブランディア


スノウブランディア[circle rin]
女冒険者が町を拠点に冒険する1ライン剣攻撃型の2.5DBeat ‘Em Upタイプの横スクアクション。2人で行動しており、もう1人はAI操作で遠距離から攻撃してくれます。敵の動きがもっささからか、Beat ‘Em Up系の爽快感はそこまで感じられず、ステージも単調。ステージが単調なのはおそらく体験版だからなので、問題はありません。また、画面のカメラワークなど3Dの使い方に関しては巧みで、特にエロシーンの見栄えなどは良好。うちのPCだとGPUがブンブン唸りっぱなしだけど、画面の遅延なども無く操作は良好です。

町拠点型で、町の宿から各ステージに出発。町では宿の他お風呂などの施設が。エロシーンは敵敗北やお風呂などを確認。それぞれ専用の3D視点モードとなり、テキストは無し。衣装や乱れ具合、エッチ内容をボタン一つで変化可能。その他、体験版は紹介的な位置づけのため、町が面白いかシナリオが面白かなどは不明。

悦楽百華アレグリア


悦楽百華アレグリア[サークル・エクセルガ]
淫魔の住む本の中に閉じ込められた主人公が3人のサキュバスと契約を結ぶためにバトルファックをするRPG。過去作のようなアドベンチャーストーリーにバトルファックが加わったイメージ。主人公が特定の血筋を引いているためであり、よくある淫魔の悪意によって閉じ込められたわけでは無さそうです。契約には試練とバトルファックの2段階があり、試練がアドベンチャーパートで本の中の屋敷を探索するようです。世界観に潜り込めるような演出表現やエフェクトです。

その後のバトルファックパートはコマンドで淫魔の弱点部位を探すオーソドックスなもの。ただし、ドットの質が高いこと、適宜ドットアニメがあること、そして体位が前半と後半で一気に変化します。また、スキルにクールタイムや使用制限があるなど、他バトルファック系とも異なる点があります。

戦闘は淫魔の状態により攻撃方法が変化。また、体位が変化する後半は淫魔が恍惚になってきた証拠のため、主人公が一方的に淫魔に攻撃できるという特徴があります。

それぞれの攻撃で淫魔のセリフや状態を表すテキストがそれなりの分量があります。ただ、それでも速度はびっくりするほど早く、戦闘の遅さは感じられませんでした。

お願い!召喚!!使い魔ン


お願い!召喚!!使い魔ン[銘菓!エンゼルまんじゅう]
男は豚型、女は人型の世界観で初期からゲームを提供している銘菓!エンゼルまんじゅうの新作。今回はイベントなどで仲間を獲得しつつ、古いソシャゲのように仲間にコストがあり、コスト内でおさまるようなパーティーを組んで各ダンジョンを冒険するRPGです。

序盤のかぎりではエンゼルまんじゅうらしい戦闘バランスが健在で、簡単だけど戦うだけでは通用しない難易度を提供しています。相変わらずUIやダンジョン・自宅などのマップの洗練さなどRPGツクール作品としては極めて高品質。Hな品物を含めた魔道具店を経営しているため、その系統のエロシーンが挿入されるようです。ただ、このサークルは純粋なRPGの面白さに赴きを置きながら昔からそれなりのDL数を誇るサークルであり、エロはどちらかと言えばおまけに近い。それは今回の体験版でも感じられました(CGは美麗)。

今作は敵キャラなど一部に各種二次創作パロディが見受けられますが世界観じたいはオリジナルなので、改めてサークルの実力が問われそう。

私のママのサキュバスクロニクル


私のママのサキュバスクロニクル[ハム猫タピオカ]

あるヒロインが魔神に挑んで敗れて死亡、そして彼女の子供はヒロインが生きている時代にタイムワープし、何やら彼女をサキュバス化しようと企んでいるという導入部。ヒロインと彼女の子孫の2人が主人公で、メインイベントごとに二人を切り替えてプレイします。

イベント前後で村人の会話は一斉変更し、両ヒロインでも内容が異なります。さらに、3,4回会話内容が変化する充実ぶり。また、内容も面白く、村での生活感が感じられます。体験版範囲ではヒロインは子ヒロインの事を知らない状態で村人達はヒロインに似ている子ヒロインが村に住んでいることを知っているという不思議な感覚も。

子ヒロインはヒロインが向かう先の魔物に発情薬を与えたり、傭兵にヒロインを凌辱するようにしたりとヒロインをエッチにするよう仕向けています。理由は不明ですが、冒頭のヒロインが死亡することと関係がありそう。

戦闘は魔物接触で一発判定。ただし、魔物がエッチな攻撃を仕掛けてきた時はCGが表示されます。また、戦闘こそテキストが無いものの、イベントエロに関しては適度にテキストも用意。

サクサク進むし、村人の会話も面白いし、ヒロインがどんどん堕ちていく姿も可愛いしでなかなかの良作の気配。

死がふたりを分かつまで


死がふたりを分かつまで[Lizzard]
口の悪い天使を救った代償に死亡してしまい、天使と共に魔女を封印するため、魔女の空間を探索するRPG。マップ内に散らばっている結晶をボス戦までに規定数集めることでボス戦に勝利できます。戦闘は選択式のバトルファック。選択は簡単なため、わざと敗北することと選択時のテキストを楽しむためにあるのかな。規定ターンまで射精を指定回数以下に収めると勝利し、イベント進行。逆に敗北してしまうとその魔女に逆レイプを受けることになります。

また、勝利した場合は魔女が自宅に囚われているので、話すことでボス戦とは異なるシチュの戦闘が可能。

特徴としては、天使と魂が繋がっていること。この天使、とにかく口が悪くて、そして周りには聞こえない主人公だけに聞こえるテレパシーのようなものを使用。そのため、バトルファックや戦闘敗北逆レイプでは魔女以外に彼女も会話に参加。とにかく主人公を攻撃的な口調で責めるため、相手は一人でも女性上位系セリフは魔女と天使の2人で行われることになります。

テキストオンリーサークルさんですが、やはりテキストの質はよいため、M系が好きならチェックしたいゲーム。

アルテミスパール~海賊姫ルビナと幻の秘宝~


アルテミスパール~海賊姫ルビナと幻の秘宝~[とらいあんぐる!]

前作以前とは別系統の開発体制で作られたウディタ製の1作。正直、前作までのサークルカラーとは全く違います。前作までがエロを重視し、エロを引き立てるためのRPGだったのに対し、今作の場合は育成や探索などの楽しみとストーリーの面白さに比重を置きながらも、適宜イベントでLive2D製のアニメーションを主軸としたエロシーンを展開するような構成になっています。エロシーンは凌辱系が中心かな。

義賊な海賊船の船長となりお宝を探す海のRPG。基本はRPGだけど、海賊船の強化、水夫探し、水夫の派遣による時間経過の素材自動収集など経営育成的な部分が成長の主となっています。海賊船の強化にお金と素材が必要など素材収集系の要素も。また、水夫の賃金関係での支払い方法や資金が底をついた場合などのエロ要素も。

そして船を強化しながら新たな海域を見つけて先に進んでいきます。メインイベント以外に、賞金首退治、しっかり考えてシナリオも作られたサブイベントなど、間違い無く大作RPGレベルの作り込み。また、タイルの配置の美しさ、UIの操作感の良さ、戦闘やイベント時のエフェクトの作り方などもしっかりしています。

和風美人な幼馴染は凌辱マゾ調教される覚悟があるそうです


和風美人な幼馴染は凌辱マゾ調教される覚悟があるそうです[唐揚げトマト]

ツクール系読み物と簡易的な調教SLGが混ざったようなゲーム。

男主人公に好意を寄せてくる幼なじみの女の子。ストーカー気味にいつも傍におり、食物に睡眠薬を飲ませて逆レイプを仕掛けたり。そんな幼馴染から、2週間何でも言うことを聞くから、私が降参しなかったらもっと私と付き合ってと提案。

幼馴染みの調教度と主人公の我慢度のようなパラメータがあり、先に調教度のゲージを満タンにしたら勝利。基本的には毎日3拓ほどの選択肢で、それぞれの選択によってイベント内容が全く異なり、それぞれのイベントによってゲージが操作。幼馴染みに明確をかけられると我慢度が下がり、エッチ系で調教度が下がります。

カス子絵なので人は選ぶけど、二人の会話が面白いので、印象は悪くありません。朝は一緒に学校に行き、昼休憩は一緒に食べ、夕方は一緒に公園に行き、夜はエッチすることもあれば、昼は屋上で仲間の不良と戯れて幼馴染みが文句を言うなど選択肢によって内容は様々。

Another Island


Another Island[異世界探検団]
異世界の孤島に閉じ込められた先生が生徒の女の子達と共に脱出を目指すRPG。異世界なので普通に魔物(敵シンボル)がいます。その他は一般的な無人島ものかな。ヒロインは生徒3名の女の子。

バージンロード2 アップグレードデータ1


バージンロード2 アップグレードデータ1[ぺぺろんちーの]
「バージン・ロード2」追加パッチ第1弾。2人のヒロインが追加。

サードホーネット


サードホーネット[NormalNeet_Complex!]
久々のノーマルニートコンプレックスさんの新作。今回はフィールド・ダンジョン移動、戦闘などを全て排除して純粋なツクール系読み物として作られています。(ぶっちゃけ、無い方が魅力的なのでこの判断は正解かも)

ある日父親が里帰りをして30人を惨殺後逮捕、娘(主人公)は姉の同僚(オカ)と共に、父親の里で殺人の真相を探るという田舎風習サスペンスもの。エロ風習系では無く真面目な田舎風習です。その他、ヒロイン達との関わりは不明だけど、予知ができる少女がいたり、神隠しを探っている途中で人が神隠しに遭う瞬間を目撃したりと言った何らかの超常的現象は働いているもよう。

推理サスペンスと超常現象がどう結びついていくか。また、登場人物の軽快なやり取りなどもあり、読んでいると時間があっという間に進んでいく執筆力は健在。

エロシーンは凌辱されて殺されるクラスメイトを予知して、その後に予知を使って対処するような内容がありました。画力は過去作より多少上がっています。

喰牢の牙


喰牢の牙[Etching Edge]

ダクソライクな雰囲気の横スクアクション。アセットを使っての綺麗なエフェクトなどダークさと派手さが混在。二段ジャンプと近接攻撃のオーソドックスなアクションながら、ステージも洗練されています。操作感は普通。

各ステージ複数のエリアで構成され、各エリアは複数の鍵と鍵に対応する扉があり、エリア内を動き回り鍵を探す簡易的なメトロイドヴァニアになっています。また、通常は近距離攻撃で、ステージで拾うと銃や連射銃などを使って敵に攻撃が可能。弾制限こそあるものの、銃など武器は各エリアを過ぎると無くなるため溜め起き無しでぶっ放せる特徴があります。各エリア間要所要所で武器はすぐ入手できるため、手頃と言えば手頃。

敵に接触を受けた時にエロシーンに移動、連打で回避。1面のボスシーンなどは接触後にベッドまで押し倒されてエッチがはじまるというちょっと変わった仕様で新鮮でした。

現段階では体験版だけでも上下左右の隅のカメラ間制御やキャラ喪失、敵増殖などのバグがあります。また、執筆時評価3.87と低めな点も気になるところ(体験版だけで言えば面白そうなんですけどね)。

先月のまとめ

令和2年1月おすすめエロ同人ゲーム
2020年1月に発売して気になったエロ同人ゲームのまとめです。SLG,ADV,ACTも含めますが管理人の趣味の関係でエロRPGが多くなります。掲載作品は自分の防備録も兼ねているため、私が体験版をプレイして面白いと思ったゲームと人気作が中心になります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました