無人島脱出サバイバルRPG~野性生活ひゃくぱーせんと~(体験版簡易感想)

無人島脱出サバイバルRPG~野性生活ひゃくぱーせんと~
無人島脱出サバイバルRPG~野性生活ひゃくぱーせんと~[crotch] (DMMはこちら)

お嬢様がメイドと共に乗っていた飛行機が墜落し無人島に流れ着いてしまいました。脱出に向けて無人島の生活が始まります。ということで無人島サバイバルゲーム第二段。常にサバイバルRPGを製作しているサークルですが、純粋に人間がいない閉鎖空間という意味で言えば第二段となります。

オープニング部分に力を入れているサークルですが、今回はお屋敷から空港に行き、飛行機に乗って墜落するまでを一本道探索アドベンチャーとして掲載。メイドの手の平に転がされる主人公や、バシバシとシモ発現をするメイドなど相変わらず綺麗なスチルを使った演出で魅力的なキャラに癒されます。その中で今回はサークルお得意のスカトロネタを大放出。おトイレでのお花摘みもありますが、飛行機上の事故時に主人公はお通じ中で、メイドが急いで主人公を呼び止め中に入るも便がグチャグチャになって飛び散り……というスカトロでグチャグチャネタ。

今回は主人公であるお嬢様以外にメイドさん、飛行機パイロットのおっさんの3人組。おっさんは拠点でお手伝いをしつつ主人公とメイドで島を探索します。歩くと常に体力と水分を消耗し、何かを食べると体力が回復するものの物によってはお腹の調子が悪くなります。そして一定便意が溜まるとぶりぶり。今作はいつも以上にスカトロネタが多いように感じます。

島内は朝昼晩と時が流れ、落ちているアイテムも常に変化します。アイテムと飛行機内の本(サバイバル用レシピ)を島内から入手しつつ、水分補給シートやたいまつなど便利アイテム、進行アイテムを作り島内の探索範囲を広げて……と言っただんだん施設や装備が増えていく感覚を楽しむゲームです。メイドさんは一緒に行動することも手分けすることも可能。島内のカニなどとはエンカウントして倒すとアイテムになります(HP代わりの体力・MP代わりの水分が探索と共通なので無駄戦闘注意)。

日数的なノルマも無さそうで、拠点で体力と水分を回復させることができるので、のんびりプレイができそうです。(体力が0になるとゲームオーバーなので拠点から離れすぎると危険ですが)。また、主人公は「野性の目覚め」というスキル欄があり、探索で経験値が増えてスキルレベルが上がっていきます。すると「その場で排泄する」「野外排泄をする」「陰茎を舐める」など人混みの現代では不可能な野生生活っぽいスキルを覚えていくようです。

何はともあれ、相変わらず楽しそうなサバイバル生活が送れそうなゲームだと思いました。

DLSITE24時間ランキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする