WE ARE BANDITS!! ウィーアーバンディッツ ~恥辱に手折られし戦場の花~(簡易感想)

WE ARE BANDITS!! ウィーアーバンディッツ ~恥辱に手折られし戦場の花~
WE ARE BANDITS!! ウィーアーバンディッツ ~恥辱に手折られし戦場の花~[ゴールデンフィーバー] (DMMはこちら)
王道SRPGシナリオの正反対、悪役側として一盗賊の親分になり、子分を従えて王国を蹂躙するSRPG。悪役ですが、戦略の練り方や情勢は王道戦記もののそれ。主人公側情勢の他に敵(正義)側情勢もしっかり描写しています。そして主人公は子分への面倒見の良さと敵対勢力への容赦無さでカリスマ溢れる親分です。こちらが悪役なのでユニット色は赤色、敵側が青色。難易度が分かれているので初心者も上級者も遊べます。

男キャラ、女キャラ共々魅力溢れる個性を放っており、例え見た目はモブ山賊1人とってもバックボーンや性格がしっかり練られています。会話のテンポがいいんですよね。

そして山賊らしいシステムや設定が様々用意されています。ステージ上は様々な女の子が敵として登場。倒すと尊厳や生き様を奪うような精神的にも容赦の無い凌辱イベントが発生します。精神的な追い詰め方がかなり様になっています。また、村を襲うと略奪が可能など山賊らしい設定もあわせて悪役の生き様溢れるゲームになっています。他、逃げる民間人が登場するステージがあるのですが、彼らは逃げるのみで倒すかどうかの自由もプレイヤーにあるのですが、経験値が多いので倒しておきたいキャラとなっています。

また、女の子達はとあるアイテムによる凌辱後に心を屈服させると洗脳(山賊側の行動が正義にみえるなど)するイベントが発生し、心強い仲間にすることができます。仲間になった後は催眠が一つのテーマになっており催眠系のエロイベントもどっさり。

騎士は長距離進んで攻撃すると攻撃力が著しく高くなる、難易度Normal以上は死亡するとユニットロストする等のきまりがあります。

その関係で男共はクズ設定を持つ(例えば詐欺を働くことを自分の正義と思っている聖職者)野郎ばかりなのに対し、女の子は心から自分の行いが正しいと思って、平和な王国を蹂躙する手助けをします。本作単体でも物語としては全く問題ありませんが、前作「ボクのために戦って負けて犯されて!?」をプレイしておくとニヤっとする場面はあると思います。こちらをプレイしてから前作に手をつけても同様ですが。

関連まとめ

ファイアーエムブレム系システムのエロシミュレーションRPGまとめ
ファイアーエムブレム、スパロボ、サモンナイト系統のエロシミュレーションRPGをまとめました。
DLSITE24時間ランキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする