天使の少女と淫魔の森で(体験版簡易感想)

天使の少女と淫魔の森で
天使の少女と淫魔の森で
薬師の男性が患者の薬に必要な希少素材を入手するため淫魔の森を探索する謎解きADV。Mシチュ系ゲームです。冒頭で淫魔の森に男が入らないように見張っている天使が協力してくれることになります。ただ、この天使はおっちょこちょい。ループ構造のエリアでひたすら真っ直ぐ進んだり、主人公が静止する前に催淫効果のある葉を食べたり。ちなみに、この後は麻痺拘束された上で延々とフェラをしてしまうシチュです。そして、行為後に自己嫌悪に陥る天使ちゃん。

脱出ADVの体裁を整えていますが、謎が分からなくても力技で解けるように作られています。森のループ構造は花が矢印となっており一瞬で解放がわかりますし(それを間違える天使なので、どれだけへっぽこかは想像がつきやすい)。その他、左右どちらかがアルラウネの家、片方が先に進む道でどちらが正解か周囲を探す謎解きがありますが二捨一択。猫の集落で猫たちのお願いを聞くミニゲームがありますが、わらしべ長者なので話し続ければいつかクリア。それでいて、謎そのものを真面目に解こうとすると頭を捻って考える必要がある良バランスの謎解きです。

ただ、本作は謎解きよりもストーリーパートがしっかりとしています。会話パートが多め。探索の中でだんだんと主人公と天使が仲良くなっていく様子が描かれます。おっちょこちょい天使も何か過去にトラウマを抱えている様子。

その一方、ここはサキュバスが管理する淫魔の森。中には魔物娘がいっぱい。アルラウネの巣に入ってしまえば蔦での拘束後の凌辱、猫に失礼を働けば猫娘によるお仕置きフェラ、とある猫に大事なものを拾ってあげると猫娘による大好きフェラ。基本的に全て女性上位逆レイプ系です。謎解きに失敗すると搾り取られて、その後は監禁ゲームオーバーになります。

お話が気に入れば買い、気に入らなければ会話シーンが長いのでちょっと……という作品ですね。

DLSITE24時間ランキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする