琴子ちゃんはちょっと変。(製品版感想)

琴子ちゃんはちょっと変。
琴子ちゃんはちょっと変。[しなちくかすてぃーら] (DMMはこちら)

家では母から、学校では先生から期待され優等生を演じている主人公の琴子、彼女は周りに言われるがままの人生に嫌気がさしていました。また、彼女は自己出張できる性格でも無く、その思いは外に出ることなく内に溜まっていきます。そんな彼女の楽しみは男達のいやらしい視線に対してちょっとお返しすること。
琴子ちゃんはちょっと変。_オープニング1 琴子ちゃんはちょっと変。_オープニング2 琴子ちゃんはちょっと変。_オープニング3

本作は琴子がちょっと性的なお返しをしつつ、男達の欲望に狙われていくゲームです。一応DLSITE上のジャンルはRPGとなっていますが、実質はツクール製のエロノベル作品です。

さて、本作の魅力はまず琴子の性格です。クラスに一人ぐらいいそうな大人しめで人に言われた事に反論できない女の子。地味で人気グループにも所属していないのに、こっそり男子のファンがいそうな女の子。そして、自分が嫌われることを恐れて無難な返答しかしない女の子。そして地味で良い子ちゃんなため友人もあまりいない。

これに上記母からの期待や父がすでに他界し、父の悪口が好きな母に嫌気が指している状態の母子家庭であり、男に縁の無い生活を送ってきました。また、男の視線には敏感です。そして本人が気が付かない淫乱体質が影響してか、性に無知なためか、男の欲望を「汚らわしいもの」では無く「何故か自分の身体に興味を持つ不思議な男という性」と捉えています。

本人は意図していませんが、いわゆる「させ子」の素質を持ったキャラ像です。求められる実感が欲しくて、断ることが苦手なので、などさせ子特有の理由が前描写でどんどん出てきます。

物語は彼女視点になって、キモ男達を不思議に思いながら、「相手の視線に合わせてこっそりブラウスのボタンを1つ開ける」、「電車で身体を寄せてくる中年相手に眠ったフリで逆に身体を寄せる」などの軽い誘惑(本人にそこまでの意図無し)から続けている内に、男側もそれに気づきどんどん大胆になってくる様子が描かれます。
琴子ちゃんはちょっと変。_いたずら1 琴子ちゃんはちょっと変。_いたずら2 琴子ちゃんはちょっと変。_いたずら3 琴子ちゃんはちょっと変。_いたずら4
▲ほんの少し積極的ないたずら。男の視線などを堪能した夜には思い出してオナニー。

つまり地味で控えめな清楚女子を原型として、ちょっと狂った性的嗜好を持った女の子がキモ男達に狙われるお話。エロゲとしては理想的なキャラですが、実は地味設定のため魅力的に描くことが難しいキャラでもあります。しかし、母との不一致や学校での生活などで本人の環境を教えつつ、性をこじらせた理由付けも適格、そして、このちょっと狂ったピンク脳がより彼女を可愛らしく映しており、魅力的に描かれています。情景描写を判断させる材料作りが上手。

実際の相手男は、基本「用務員のおじさん」「電車の中年男」「ホームレスのおっさん」の3人。琴子の行動(プレイヤーの選択)によって分岐します。いずれも琴子が深みにハマっていくのは男への興味です。

用務員のおじさんは琴子が部活の自主練後に更衣室で着替えている姿を覗き見しています。その事に気づきつつ、わざと着替えの時間を長くしたり、大胆にブラを取って胸を拭く時間を作ったり。電車の中年男は上記で少し語りましたが、琴子の横に必ず座り、寝たフリをしつつ彼女に触れるので琴子は逆に寝たフリで余計に接近します。ホームレスのおっさんは琴子が休憩する公園に登場。琴子の隣で立ちションすることで初めて男のおチ〇ンチンを見ることに。日にちを追うと興味のままホームレスの住処まで行きます。
琴子ちゃんはちょっと変。_胸出し
▲用務員さんが見ていることを気づいている中での胸見せ。ドキドキ感がテキストからびっちりと伝わってきます。

自分に興味を持ってもらう事や何かを求められる事への欲求、そして男への興味でその行動はエスカレート。男達も最初はオドオド様子を見るように接していますが、琴子が通報などの反撃をしないと気づくと欲求もさらにエスカレート。次第に胸を揉んだりだんだん欲望が盛り上がってきます。初めて胸を触られた時などは多少の拒絶をしますが、男に触ってもらう快感が忘れず、家ではオナニーするド変態に。
琴子ちゃんはちょっと変。_エスカレート1 琴子ちゃんはちょっと変。_エスカレート2 琴子ちゃんはちょっと変。_エスカレート3 琴子ちゃんはちょっと変。_エスカレート4
▲どんどんエッチの内容や男の求める内容が過激になりながら、琴子自身も変化していく様子が分かるようになっています。

ついには男は琴子とセックスしようとします。琴子も初めは戸惑うし逃げようとするも初体験は無事終了。その後はルートが決定し、しばらく日にちが立ちます。初体験後はキモ男と何度も身体を求めあう仲に発展している様子が描かれます。すでにセックスにドハマりし、男の欲望を受け止める日々。初体験後のシチュ量は、ほぼ初体験前のシチュ量と同等です。日々満たされなかった承認欲求が満たされて麻薬のようにセックスにのめり込む様子が描かれます。これは3ルートの誰を選んでも同じです。まあ、素質があったのでしょうね。
琴子ちゃんはちょっと変。_初体験1 琴子ちゃんはちょっと変。_初体験2
▲美女が野獣に身体を許してしまう瞬間。

この段階になるとプレイヤーの選択肢でさらに分岐する可能性も。相手はクラスのキモ男、宅配便のおっちゃん、留学生など。興味深い点は最初の相手とは愛するからセックスしているわけではないこと。そのため、間違いなく琴子の貞操観念は緩くなっており、彼女他の男でも身体を許してしまうことがあります。例えばクラスのキモ男の場合、用務員とのセックスを見られたため、口留め目的で近づきます。その時、キモ男は条件無しで口留めを認めますが、琴子は口留めのため仕方ないからとの名目でキスしたりセックスすることまで行います。
琴子ちゃんはちょっと変。_セックス後1 琴子ちゃんはちょっと変。_セックス後2 琴子ちゃんはちょっと変。_セックス後3 琴子ちゃんはちょっと変。_セックス後4

本作のエロの魅力をもう1つ挙げると、常に琴子視線であることでしょうか。奉仕精神や男への興味が前面に出ており、「可哀想だから触らせてあげよう」彼女の手に反応したチ〇ポで「私の身体で反応してくれたんだ」などのような心の描写がしっかりと表現されています。愛情はないはずですが、それでも単純に身体だけ気持ちよくなるセックスでは無く、心のセックスを求めているような心情が見てとれます。この心情がものすごく可愛いんですよね。ちなみにエロテキスト描写もなかなか上手な作者さんで、この心情描写がしっかり伝わってきます。

クリア時間は全てのルートクリアで約2時間30分。CGは全て背景付き。シーン数は中年のおっさん9、宅配便のおっさん3(中年のおっさんから分岐)、ホームレス10、留学生1(ホームレスkあら分岐)、用務員のじいさん10、クラスメイトの根暗男7(序盤に少しと用務員から分岐)、合計40シーンです。なかなかエロゲでは類を見ないエロキャラで彼女の設定にピンときたら、おそらく想像通りのエロが楽しめるでしょう。ちなみに、彼女がキモ男達からの魔の手を逃れるルートはありません。

購入はこちら
DLSITE:琴子ちゃんはちょっと変。
DMM:琴子ちゃんはちょっと変。

サークル関連作感想

【エロRPG感想】紅獄の剣士ティーナ(製品版)
エロRPG「紅獄の剣士ティーナ / しなちくかすてぃーら」の製品版感想です。乱暴&優しげな2人の女剣士が様々な醜男達によって快楽堕ちします。それぞれの竿役にエンディングあり。
DLSITE24時間ランキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする