おねショタACT スマッシュボーイ(体験版簡易感想)


おねショタACT スマッシュボーイ[excess m]
おねショタアクションシリーズの元はラインスクロールアクションの「王様はおねショタの夢を見る」からはじまりました。その後、サッカーボールを使ったトリッキーなラインスクロールの外伝作「[おねショタACT] 狩人の夢守る旅」、対面型アクション「おねショタ剣戟ACT パレードバスター」とシステムを変えつつ続き、最新作はベルトスクロールアクションとして帰ってきました。

初期2作はエロいのですが、格闘ツクール2ndという縛りのためどうしても制限がありました。対して本作はウディタ製で一からプログラムを組みマウスのみで簡易的に遊べ、簡易操作でド派手な演出。美麗なエフェクトも相まって、steamに転がっている近年のベルトスクロールと比べても引けを取らない実力を感じる面白さがあります。

キモはマウスのみで操作できること。プレイヤーは中央に配置され右の矢印クリックで右に左の矢印クリックで左に移動します。そして十字ホイールの上下で奥行3マス分を移動可能。通常攻撃はボタン4つで簡易コンボ。クリックしっ放しで溜めてからの協力攻撃やそして右クリックでエネルギーを消費するド派手な全体攻撃。さらに敵のエッチ攻撃に対してはカウンターを放つことができ、カウンターコンボからの右クリックで超必殺スキル。特にこのスキルが派手なエフェクトとキャラの動きを伴っており見応えあります。

説明だけだと小難しそうですが、一瞬で理解できて難しい操作も必要なくドシドシとスキルが放てるため、非常に快適で爽快感も高いアクションゲームとなっています。

ベルトスクロールですが、敵は全て女性モブです。前作をプレイしていたら似ているようなキャラも。今のところ確認している敵は素手のいじわる女、遠距離からエッチなビーム銃で攻撃する銃火器士、警棒で攻撃する警備隊の3種。ベルトスクロールらしく集団で襲ってきます。ボス戦は少し特殊で、主人公の攻撃に対してダメージも少なく仰け反りません。そのため単純に攻撃しているだけだと反撃されます。また、敵の攻撃を受けた場合はすぐさま拘束。画面左下のゲージを動く3つの靄を払わないと脱出できません。あまりノロノロしていると逆レイプされます。また、何度も攻撃を浴びせると怯み、その間は大ダメージを与えられる変わった挙動を示します。

インターフェース画面を介して次ステージに進む方式を取っており、過去ステージや連続〇HITせよなどのミッション形式ステージを何度もプレイ可能。サブミッションはクリア後に資金やスキル・攻撃技の報酬が貰えます。同じく資金を使ってスキル・攻撃技を購入することも可能。入手したスキルを自由に設定することで4連コンボの内容を1つ1つ変更したり、溜め技、必殺技の内容を変更可能。スキルはステータスアップ系の他に、主人公のステータスアップや射精時のダメージ増加、敵の強化など役に立つスキルからエロを盛り上げるスキルまで様々。

敵は雑魚含め非常によく動きます。被弾やダウンに加え攻撃・エッチ攻撃・おさえつけ攻撃などはそれぞれ2種類、さらに挑発や追い打ち攻撃など。また、エッチ関係はその場に何人敵がいるかでも内容が変化。順当におねショタACTシリーズの進化が伺え、同傾向の集団お姉さんに逆レイプされちゃうシチュになります。そしてアニメーションも従来以上に滑らかに。

これ、スマホでプレイしたいなと思ったのですが、ウディタだと移植は無理そうかな……。

DLSITE24時間ランキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする