性技のアゲハ姫(体験版簡易感想)

性技のアゲハ姫
性技のアゲハ姫[くらげ水族館]
女主人公バトルファックRPG。主人公の世界は性行為に寛容で、わりと平和なバトルファック(スポーツのようなイメージ)をしている世界観。衣装屋には卑猥な衣装が売られており、性技屋はエッチなバイブル書(スキル習得)が売られています。デフォ装備の姫様ワンピース以外の衣装(スケスケ魔法衣)などを着ると立ち絵が変化。そして町で人物名が「エロ男」となっているキャラや特定のサブクエスト発生と話すとデフォ装備の時は普通の会話だけど特殊装備だとエロイベが発生。性欲や露出欲のパラメータがあり性欲はクエストイベの発生条件、露出欲は露出スポットでの露出条件になっているようです。

ここのサークルはビッチ主人公の傾向がありますが、今作は序盤から経験人数が数人程度。実はこの世界では少ない人数で冒険の目的には性技を磨くことも含まれています。王女自らが謎の穴の調査?をするうちに性奴隷など性を悪しきことに利用する者がいる世界からきた男達と対峙することになります。

戦闘は女主人公では珍しいバトルファック戦。足コキ、腰振り、パイズリ、フェラチオなどの性技を使って攻撃し、相手もエッチな技を主人公に仕掛けてきます。戦闘では主人公を主体にしたCGが表示されます。敵の弱点は分かりやすく、その表示されたCGで描かれている攻撃を仕掛けると大ダメージ。例えばアゲハ姫がフェラをしていたらフェラを選択すると大ダメージになります。発情、痙攣などBF系状態異常も完備。戦闘は攻撃時防御時に主人公敵キャラ共にセリフあり。

ここのサークルは海外製で日本語がちょっと不慣れな点が大きな欠点です。補足すると日本語レベルはひどいというほど悪くはなく、意味は普通に通じるけど単語や文法の使い方で多少違和感を感じてしまう程度。海外産全年齢RPGなら許容範囲レベルはありますが、エロ部分に変な言葉が混じることに抵抗ある方はちょっとというレベル。

DLSITE24時間ランキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする