精液中毒(体験版簡易感想)


精液中毒[カサイ屋本舗]

花屋を経営していた女の子が与儀なくスラム街に住む事になり身も心も汚されるカルミア経営難のサークルさんが出す新作。前作では多少抑え気味だった性癖が2作目の本作では全面に表れています。

魔力が高い主人公は強制的に国の研究所で実験体となることに。内容はモンスターの精液を受け止めること。そのため身体をモンスターとエッチしてもいいよう機械で開発し、研究員からは精液を吐き出され、食事は常に精液が振り掛かっている状態。食ザーや全身ぶっかけ、男の精液をつけたままの着衣といったお下品シチュが序盤からどっさり。

また、実験体の先輩方はすでにエッチの気持ち良さに目覚めちゃって美味しくザーメンを食べたり、オーガをS側で調教プレイしたり輪姦されたりすることの良さを主人公に語ったりして、すでに体験版の時点で異常な雰囲気であることがわかるようになっています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする