セイディといにしえの森(体験版簡易感想)


セイディといにしえの森[Cotton Candy]
冒険者の主人公が様々な冒険をするRPG。森で迷って倒れた女主人公はとある薬剤師の女性に助けられます。なりゆきで女性と共に森を冒険するという内容。体験版範囲では森の一部のみですが、複数のダンジョンがあり最大4人パーティーを組むことになるようです。メインイベントは全年齢RPGとして作られているため、エロ関係が一切登場しません。現時点の体験版では主人公がどんな冒険者か?などシナリオは深く掘り込んでおらず理解していないのですが、ほんわりした女の子達の会話でメインイベントが進みます。ただ、キャラはあまり立っていません。そのため、もう少し個性や背景を練るとぐっと良くなりそうな気がします。

また、ハクスラ系のゲームシステムですが、全年齢RPG部分で独自のシステムをふんだんに盛り込んでおり、ダンジョン探索や戦闘・成長が好きな方が楽しめそうな内容です。例えばダンジョンは複エリア構造になっていて各エリアにはボスがいます。このボスを規定レベル内で倒せば豪華な報酬(希少アイテムは無しですが、まとまったゴールドなどメリットは大きい)をもらえます。私は難易度「かんたん」でプレイしましたが、本当に簡単にボスも倒せます(RPG苦手でも安心)。

ダンジョン内は(わかりやすい位置に)隠し通路があり、敵もサクサク倒せます。敵数も適度でマップは一つ一つ作り込まれており、一言で言えば丁寧に作られたダンジョン上をストレス無く動くことができるバランスで移動でき、1エリアもそこまで大きくないため適度にボスとも戦えます。純粋にダンジョンが楽しくプレイできるよう配慮されています。

ハクスラ系としては、ダンジョン内で入手するアイテムは町で鑑定してから入手、敵を倒すとたまるポイントでスキルを入手。スキルには通常のスキル以外にパッシブスキルも数多く用意されています。実績解除でもらえる報酬やガチャ券(敵ドロップやボス規定レベル以内討伐で入手)を使ったボックスガチャ、クエストシステム(執筆時点では、まだ利用できません)などが用意されており、成長関係は様々なことができそうです。それでいて、操作感もよく快適な点も一つのポイントかと。その他、現段階では用途がわかりませんが、村や森にレベルの概念があるなど数値的に凝った冒険システムになりそうです。

全年齢部分がエロと独立した流行りからは少しズレる形式ながら、なかなか楽しそうなシステムです。また、それでいてエロはどうかと言えば悪くありません。エロ関係は基本的に敵敗北時か村で怪しいNPCに何度も話しかけると発生します。体験版では裏でこそこそ何かをしている男に何度も話しかけると犯されるイベントが発生。そして、再度話しかけると気絶→奴隷堕ちゲームオーバーの2段階イベントや薬剤師の女の子が患者に薬を渡す際に患者に頼まれて、断れない雰囲気になり嫌々パンツとおっぱいを見せるイベントが発生します(こちらも差分あり)。戦闘敗北は見ていません(敗北エロがあると気づいた時にレベルが上がりすぎて全滅できなくなりました)。回想シーンによると段階差分系はだいたい4段階まで用意されているようです。

同人としてはレベルの高いCGであること、女の子の心情を意識したテキスト、そしてクリックすることで表情差分など以外に吐息などのエフェクトを使っていることなどで独特のエロシーンを形成しています。また、このエッチが幸せな行為か不本意な行為かでその後バッドステータスやバフ効果が付随するなどハクスラらしい試みも。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする