Rule of Succubus(体験版簡易感想)


Rule of Succubus[TechnoBrake]
船旅中、淫魔に遭遇して遭難、謎の島についた男主人公のサバイバルRPGです。島には淫魔がいっぱい。いちおう仲間(船メンバー達)を探す目的もありますが、作風は1人旅のサバイバル&スローライフ。TechnoBrakeは、ムチムチCGや独特のアヘシチュを武器としながらも様々なジャンルのRPGを手掛けていますが、男主人公逆レイプは初だと思います。今回は淫魔島のため、ムチムチ人外(スライム娘など)を拝めます。体験版でプレイできる範囲だと森やダンジョンの探索ができますが、全体マップを見ると館や村、町などのシンボルも。現時点では無人島かどうか判断はできません。

水分を補給し、適切に食事をとり、適宜睡眠します。斧で木を倒し、ピッケルで鉱石を入手、雑魚モンスターを倒したり花を採取して素材を入手。時には焚き木で一時的な拠点を作成。料理したり錬金でアイテム入手……といった一通りのサバイバルシステムが用意されています。食事は空腹を満たすだけでなく、健康的な食事を取ると最大HPが増加するメリットも。代わりに淫魔戦に敗北すると最大HPが減少するデメリットがあります。また空腹・喉の渇き・睡眠・清潔などが一切無関係になるEasyモードが用意されており、サバイバルに興味が無い方も安心(サバイバルを楽しめないとプレイする意味があまり無いようにも感じますが)。

フィールドには通常モンスターと淫魔モンスターが彷徨っています。戦闘は普通モンスターだとフィールド上の体当たりで勝負が決まり、淫魔戦はコマンドバトルに移行します。オーソドックスなバトルファック戦ですが立ち絵は状況によって変化し、拘束された場合のコマンドも変化します。また、戦闘中に説得することで仲間にすることも可能です。実際の戦闘メンバーになるのではなくパッシブスキルを習得します。ただ、主人公を餌として見ているため、なんらか仲間専用のイベントもあるようです。

DLSITE24時間ランキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする