されど姫騎士は歩みを止めず(体験版簡易感想)

されど姫騎士は歩みを止めず
されど姫騎士は歩みを止めず[くろごまソフト]
とあるダンジョンの魔物を討伐しに姫騎士がやってきました。罠や魔物を仕掛けてほどほどひどい目に遭ってもらいましょうというコンセプトのゲーム。魔物視点で自ら作り出すエロトラップダンジョンゲームです。ツクール製ですが、ゲーム性はダンジョンメーカー、勇者の癖になまいきだ系統のシミュレーションゲーム。

敵側のリーダーとしてダンジョンに罠や魔物を設置していきます。ただし、すぐに帰ると安全と思われ、多くの人間がきてしまうかもしれません。強力な魔物などで倒してしまうと危険とみなされ強力な軍隊が来るかもしれません。そのため、ほどほどの魔物を配置し、空腹には食料、HPダメージにはポーション、そして適度な休憩なども入れて、安全ではないけどほどほどという認識をしてもらい、ダンジョンの奥深くにきてもらいましょう。また、各階層に必ず1つボスモンスターを入れないと帰ってしまうので、姫騎士を倒さないレベルのモンスターを配置します。ボスモンスターを安全に倒すため、弱い魔物でレベルアップさせることも忘れずに。

また、MPを消費して魔物にアイテム探索をさせたり、魔物と何か(アイテムや同じく魔物)を合成して新たな魔物を生み出すなどの要素も。入手した魔物や消費したMPは次の層に持ち越しなので1Fから計画的に魔物を配置したり合成・探索を行う必要があります。

こうやって設定後は自フェーズを終了すると姫騎士が自動的に動き出します。罠で水びたしになったり、服をはぎ取る罠にかかったり。すると次以降の戦闘での衣服に罠の影響が現れます。戦闘も同じく完全オート。魔物は主にエロ攻撃を仕掛けてきてスライムが服の中に入り込んだり、膣内挿入したり。罠は通常イベント時、魔物は戦闘時という違いはありますが、共に2~4のカットインを用いてのエッチシーンで見応えあり。オート進行します(繰り返しプレイ推奨ゲームなので一度見たシーンの早送り・スキップ機能などは欲しいと感じました)。

そして、おそらく姫騎士を特定の階層まで送れば良いのですが、HP0、ボス魔物が1匹もおらず配置できないなどの理由で見切りをつけられることになるでしょう。すると状態により実績ボーナスを入手し、再び1Fから初期状態で開始するシステムです。つまり、何度も繰り返しプレイし、実績を解除することで姫騎士もだんだんと先に進むことができるようになるのでしょう。

ツクール製ですが、アイデアに優れていると思います。

DLSITE24時間ランキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする