【エロSRPGレビュー】奴隷王女シャルロット(体験版)

奴隷王女シャルロット
奴隷王女シャルロット[ルさんちまん](まだ予約中)

戦略SRPGは製作面で考えるとレベルデザインやバランス調整が恐ろしく難しいと思っています。それこそRPGの数倍の。なぜなら、ちょっと難しくするとクリアまでの時間が膨大になり、ちょっと敵の配置が厭らしいとプレイのイライラ度が増し、逆に簡単すぎると物足りなさを感じる……。イベント設定も戦略面前後の会話だけならノベルゲームの方がよいと考えるユーザーも多いでしょう。

「奴隷王女シャルロット」は、この製作面における相当な手間が想像できるゲームです。戦闘は適度に楽しみながら、いつの間にかクリアしている難易度、エロ関係もSRPGでないと実現できないようなエロ、そして快適なプレイ環境。

ある意味、SRPG STUDIOを使ったエロSRPGとして、後の模範的になるようなゲームだと思っています。

正義の心を持ちながら悪の軍団を率いる英雄譚

主人公の王女はクーデターに遭い父親を殺され、姉に濡れ衣を着せられ、冤罪で捕らわれます。処刑寸前に救ったのは悪徳大臣。服従の首輪を付けることを条件に主人公を助け、この大臣の命令に従って(首輪の魔力で逆らえない)、姉と対決するストーリー。

奴隷王女シャルロット_ストーリー1 奴隷王女シャルロット_ストーリー2 奴隷王女シャルロット_ストーリー3 奴隷王女シャルロット_ストーリー4

▲王道的なシナリオと凌辱のための下造りの両者を満たしたようなシナリオ。

SRPGの王道的なシナリオである「クーデターを行った姉を倒す大義名分」に混じって「正義の主人公が悪役軍団(盗賊)を率いる」という変則的なシナリオを混在させていることです。気分はラングリッサー2の「闇の軍勢」や「帝国軍」ルートをプレイしている気分。

シナリオは普通によくできています。王国への侵攻方法を練る戦略や政治的背景、過去の確執などはFE系SRPGのそれと言ってもよいほど本格的。だけど、盗賊だから凌辱描写が次々登場して正義がどちらの陣営にあるのか不明。

味方として利用できるユニットも、王女含め服従の首輪を付けられた女の子達と盗賊キャラといったカオスな状況。

全13章で1章の構成は、「会話パート」→「調教パート」→「会話パート」→「戦略パート」→「会話パート」。会話パートは読み応えがあるほど長く、調教パートもしっかりしたエロイベが存在、戦略パートはターン進行での会話や特定の敵と戦闘する時の会話など、とにかく会話、またはエロイベが豊富。

遊びやすさを意識した安心してプレイできる戦略パート

SRPG STUDIO製で武具購入とレベルでパワーアップ(調教でも?)でパワーアップ。地形の補助効果やユニットの相性などがありますが、複雑なシステムはなく、オーソドックスで単純。
奴隷王女シャルロット_SRPG1 奴隷王女シャルロット_SRPG2 奴隷王女シャルロット_SRPG3

敵味方のパラメータ、敵ユニットの動作条件、町(回復やアイテム入手)の位置などレベルデザインやゲームバランスがびっくりするほど整っています。私はEasyでプレイしていますが、回復ユニットを活用しながら、ユニットを敵に近づけたり後退するだけで、安定した戦略を取ることができました。

また、どこでもセーブ&ロード、安価に購入できる装備、2~3撃ぐらいで倒せる敵キャラ(Easyの場合)と、SRPGとしては、とにかく快適です。

なにより良かったのが、その時の戦争配置に従った敵配置や敵の行動。マップの戦略は全てノベルパートの会話で説明され、それが、しっかりと敵ユニットの行動に表れている点でシナリオとも融合しています。

例えば砦の占領でクリアできるあるステージ。主人公の策略でゲーム開始時、強力な敵キャラが撤退しますその後数ターンで策略に気づいて援軍として登場するのですが、場所は遥か後方、そこから守るべき砦に近づきます。その間に主人公達が攻め抜いたら勝ち。近づかれると消耗を強いられると分かりやすい勝敗条件です。

もし強くてニューゲームがあるなら、援軍も撃破できるかも。
奴隷王女シャルロット_策略1 奴隷王女シャルロット_策略2 奴隷王女シャルロット_策略3
▲主人公の策略により、強敵は、退却し、急いで戻ってきても盗賊の伏兵でその場で2ターン足止めと翻弄されます。それから行動するので、戦略的にはかなり余裕があります。

奴隷王女シャルロット_脱獄
▲大臣の手引きによる脱獄ステージ。各味方の牢屋に近づくと、その味方が脱獄し仲間が増えます。そして脱獄に気づいての援軍。大臣に眠らされている兵士の目覚めなど、こちらもシナリオと配置がマッチしています。

敵ユニットが不自然に見えない程度の少なさを維持しており、適度にSRPGを楽しみながらストーリーを楽しむ構成としては理想的なゲームです。これに加えて、ターン毎に発生する会話(結構長い)、特定の女敵を倒した時のエロ、因縁の対決時のテキストなどが豊富です。

首輪の強制命令で意思に反して動いてしまう身体

本作のエロは(少なくとも体験版では)凌辱オンリーで、ハードさは過去作以上です。サークル公式としては「趣味全開」と述べられていますが、そのおかげで絶望的な凌辱・輪姦系が好きな方の嗜好を満たしているシチュばかりです。

主人公が装着する「服従の首輪」。これを装着してしまうと、二度と外せず大臣の命令に一切逆らえなくなります。それは、戦闘方針や盗賊を戦力にすることなど以外にエロ方面に関してもです。知人のマ〇コを舐めろと言われれば、心で拒否しても身体はその通りに舐めてしまいます。

体験版で分かるエロは大雑把に2種類に分かれていて、首輪の装着を強制するため、心を弱らせる輪姦凌辱パート、それから首輪装着後に強制命令などを発する調教パート。主人公だけでなく、多数のキャラが被害に遭います。戦闘パートと連動しているため、服従の首輪装着後は戦闘ユニットとして活躍し、その後のエッチはユニット強化に影響するのかなと。

調教パートは、戦闘で敵を倒すと入手するポイントを用いて行います。調教する女キャラを選択と調教のノベルパートに。ただ、ここでノベルパートだけで終わらず、SRPG風の凌辱パートが登場。女騎士が盗賊共に囲まれている様子がユニット配置でわかります。そしてコマンドはエロ関連のみ。カットインや盗賊テキストを使いつつ輪姦されている様子をSRPGパートで行い、そして気絶寸前にヒールで回復(戦闘パートと同じヒールエフェクトあり)、さらに輪姦……といったようにSRPGでしか実現できなさそうなエロパートでした。その後は1枚絵を使ったノベルパートでトドメの屈服をさせ、首輪を付けられます。
奴隷王女シャルロット_調教1 奴隷王女シャルロット_調教2 奴隷王女シャルロット_調教3 奴隷王女シャルロット_調教4

また、イベントでも同様のエロパートが発生する時があります。主人公が首輪を付けられる時ですが、絶望的なSRPGパートが発生します。牢屋の中、武器もない状態で盗賊に囲まれて決闘、その後の処女喪失エロ。ユニットが囲まれる絶望感や圧倒的ステータスで敗れる状態など、上手にSRPG風前フリを作り上げています。
奴隷王女シャルロット_牢屋1 奴隷王女シャルロット_牢屋2 奴隷王女シャルロット_牢屋3

また、戦闘の敵キャラで顔ありキャラ(敵将など)は基本的に女性です。その女性を撃破した時は凌辱イベントが発生します。目的は凌辱で屈服させ、服従の首輪を装着させやすくすること。そのため、主人公達が倒した女の子を盗賊が輪姦凌辱するサイクルが出来上がっています(主人公も首輪の影響で逆らえない)。
奴隷王女シャルロット_コレル1 奴隷王女シャルロット_コレル2 奴隷王女シャルロット_コレル3
▲女キャラを倒し確保した後は盗賊による輪姦凌辱エロ。

単純にノベルパートで発生するエロもありますが、基本はこのようにSRPG Studioでしか不可能なエロスを貪欲に取り入れています。快適に楽しめるSRPGと個性的なキャラが行う戦略的なシナリオ、SRPG Studioでのみ可能なシステムで実現したエロの3点が混ざり合い、1ステージ1ステージにボリュームと面白さが詰まったゲームになりそうです。

購入はこちらから
DLSITE:

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする