オークものがたり(体験版簡易感想)

オークものがたり
オークものがたり[Bohemian]
オークとして村で平和に暮らしていたところ、謎の人間達が襲い掛かり村は壊滅、妻も目の前で犯されたあげく行方不明になってしまいます。主人公は復讐のため、そして妻を見つけるため冒険に出ることになります。紹介文、タイトルから地雷と敬遠されそうで損をしていますが、プレイしてみると真面目に作られたストーリー重視のドラクエ型エロRPG。様々な町やダンジョンを訪れ、それぞれの町で最低1つ大きな事件があります。そして主人公が関わることで事件は変化を見せます。

選択肢によってその後の展開が変化することが特徴で、襲われている女の子がいる場合に救出するを選択するとその女の子と知人になり次のイベントに進行しますが、見ているを選択するとその女の子が凌辱されてしまい関わることができなくなります。体験版だけでこの種の選択肢は3種ほど。また、選択肢によっては主人公が縄で拘束されている状態の中で仲間の女の子が暴漢2人に凌辱されるような寝取られイベントもあり。翌日は何事も無かったかのように振る舞る気丈な仲間です(この時、縄を破る選択肢もあるので見ているを選択した場合はわざと見ていること)。また、ちょっと悩む選択肢としては妖精の町に着くのですが主人公を町に導いた妖精は友人の妖精に嘘を教えていじめている場面を目撃します。その時にいじめている妖精に説教するか、いじめられている妖精に説教するか分岐します。

随所に選択肢が出ますが基本的には人に善行を重ねていくか、それとも例え悲惨なことになろうとも無視するかの2拓です。おそらく後半で内容が変化していくのではないかと。

エッチは随所で様々な女の子と発生。メイン関係では女の子が襲われている時に無視した場合のNPCによるヒロイン凌辱イベントですが、酒場の女の子にフェラをしてもらう、病気で弱っている女の子の布団にもぐり込みパンツを脱がし鑑賞するなどのイベントも。エロイベントは各町が1,2、ダンジョンが1くらいの割合ですが、ゲームもサクサク進むため定期的にエロイベントも堪能できるシナリオ設計です。エロシーンの一部は差分3,5枚を使った簡易アニメもあり。

ダンジョン関係としては通常のシナリオダンジョン以外に不思議なダンジョンも登場。ランダムや武器・防具や敵が出現するハクスラ風味なシステムが搭載されています。処女作故のうんぬん……という部分も確かにありますが、少なくとも人を楽しませようと製作していることは随所から分かります。

基本的にはオークの主人公が様々な女の子の出会い・別れを繰り返しながら冒険する物語となっています。世界も広大で冒険しながら適度にエロイベントも堪能できるゲームがプレイしたい方向け。

DLSITE24時間ランキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする