マハとダチュラの森(体験版簡易感想)


マハとダチュラの森[つきみたけ]
魔法学園の特待生である男主人公マハが、ある魔族の王を倒すため森を捜索するRPGです。この魔族に友人が殺されており、敵討ちも兼ねています。マハはコンプレックスを持っているようですが、長い髪も併せてすごく男の娘しています。エッチシチュとしては仲良くなった女の子とのラブラブ女性上位シチュと、魔物娘戦で敗北した後の逆レイプ凌辱。と言っても序盤のためか、比較的ライトな内容が中心。一部、主人公の選択次第で魔物娘がリョナ凌辱されるイベントがあります。

作中では人間側勢力の観点から魔族は残酷な生物という観点で説明されていますし、マハもそう信じていますが、「Blood price」をプレイしているなら魔族の知性も人間と変わらないことが想像付いていると思います。森の調査開始時にいきなりラスボスっぽい植物の魔物娘(たぶんアルラウネ系)に出会いますが、口調は柔らかで戦争の気配も見せないほんわかなキャラ。マハはそれでも魔族が悪いと決めつけて戦いを挑むものの、敢え無く敗北。魔物娘はおとなしくさせるため、蔦拘束&手コキ搾精して気を失わせてしまいます。その影響でマハはレベルドレインされているようでレベル1になっており、この状態から本格的な探索が始まります。

基本は村と森を行き来するゲーム。同級生の女の子モリアンと共に村に来ており、マハは森攻略担当、モリアンは村捜査担当。ダンジョンはオーソドックスですが、ワープポイントがある中間地点も比較的多めに設置され、サクサクとレベルも上がるため快適。ダンジョン構造も簡単でありながらマップ構成も綺麗。適度な戦闘と簡単なマップでボス戦まで行けるタイプのダンジョン。

ところどころでマハ関連のイベントも挿入されており、単純な戦闘だけのダンジョンになっていません。また、ダンジョン進行に合わせて、村では友人が本当に殺されたのか捜査するシーンが随所に挿入されます。

ボス戦はハーピー系の魔物娘との戦闘。この魔物娘との戦闘も、相手側は人間と争う気が無いのに強引にマハが攻めちゃっている印象。戦闘関連は特殊な演出無しですが、敗北イベントが2種類あり。どうも男に免疫が無いらしく、間違ってマハの股布を剥がしてしまい、赤面して追い出す第一段階に、免疫が無いけど興味が出てきて、拘束して足コキをする第二段階。

また、勝利した後は、敗れた股布を裁縫で直そうと近づき、思わずフェラをしてしまうイベントも。マハの選択次第では彼女が人間の町に連れていかれて拘束され、処刑される残酷イベントが発生。このイベントのみ、本作のほんわかな雰囲気を壊すリョナ色が強く、十字架張り付けにされ、民衆に監視されている状態で股に焼けた鉄棒を入れられたり、アナル輪姦するようなハードなエロが発生します(Blood priceでも一部の敗北イベントにこのレベルの拷問凌辱があるので、サークル特有のリョナ色)。

村では酒場で依頼を受けたり、賞金魔物の確認を行うことが可能。依頼は森ダンジョンの雑魚討伐も数件ありますが、ペット魔物探しや畑の魔物退治など村で完結するイベント関連も数件。

また、酒場で飲んだくれの魔術師お姉さんと交流することができ、そのまま彼女を師匠と仰ぐ任意イベントが発生。彼女は可愛い女の子好きで最初はマハを女の子と思って接触するも、男と知り、それはそれでありと逆レイプイベントが発生。棒にリングをはめて射精できないような状態にしてからの強制手コキや、彼女の魔力で操作が自在なスライムオナホールによる寸止めなどなど。エロイベントがそのまま魔力上昇イベントにもなっており、イベント後の戦力強化もあり外せません。

また、同級生の女の子や上記ハーピー系魔物娘とは会話やデートが可能。おそらく、魔物娘戦事後に和解するとデートできる相手が増えていくのだと思います。同級生とは村中を歩き回り、場合によっては彼女専用のイベント発生、ハーピー娘とは山ダンジョンを少し歩き回ることができます(こちらもイベントあり)。また、会話を選択するとそれぞれ小ネタの会話が3,4用意されています。結構面白い(おそらくシナリオ進行で増えていくのかな)。

ハーピー娘拷問イベントで扇動者や魔族を悪とする価値観に置こうとする勢力の存在が示唆されており、最初は「人間 VS 魔族」の構図が後半は「人間・魔族 vs 扇動者」に変化していくのかも。体験版時点ですでに殺されたフリをして失踪していることが確定的な親友は、果たして人魔戦争を起こすために隠れたのか、単純に魔物娘とねんごろになったから隠れたのか。

DLSITE24時間ランキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする