魔術師エリシャのさいみん貸出奮闘記(製品版感想)

魔術師エリシャのさいみん貸出奮闘記
魔術師エリシャのさいみん貸出奮闘記[妄想エンデミック]
売れない商人の男主人公が客としてきた宮廷魔術師さんの女の子に偶然催眠をかけてしまい彼女の身体を使ってお金儲けをしようとする話。冒険のテーマは金稼ぎ。エロのテーマは寝取らせ。ヒロインはオープニングで主人公に従うような催眠をかけられるため、本編以後は何でも主人公の命令に従います。
魔術師エリシャのさいみん貸出奮闘記_オープニング2 魔術師エリシャのさいみん貸出奮闘記_オープニング3 魔術師エリシャのさいみん貸出奮闘記_オープニング4 魔術師エリシャのさいみん貸出奮闘記_オープニング5

ヒロイン「エリシャ」は内気で良い子な委員長タイプ。好感が持てるとても良い子です。そして巨乳。主人公のいじられキャラと化しており、やり取りも漫才みたいで良い子ちゃんのようなイメージがすごく伝わってきます。冒頭で彼女が主人公の言うことを全て従うよう無意識化に植えつけたため、そんな彼女が普段しないことも命令なら行ってしまいます。現実的には偶然宮廷魔術師をクビになった時期と重なっていたので新たな雇用主&恋人のように刷り込まれているようです。

ただ、催眠はエリシャが主人公の命令に逆らえない理由付の意味合いが強く催眠シチュを活かしたエロやドラマはあまり期待しない方がよいと思います。胸を触らせないとバイトはクビだみたいな場面で一歩踏み出すあたりは催眠の効果を感じますが、どちらかと言えば主人公が好きすぎて捨てられないように主人公の命令を何でも聞いてしまう女の子像になっています。まぁ好きになった理由がおそらく催眠の整合性ですが。

なので寝取らせセックスの後に男に汚された後、主人公に捨てられると想像して絶望する場面などに、主人公がお前は俺の物だと言われた時に嬉しそうな顔をしたり、主人公が他の女に靡きそうになると、キッと睨めつけたりといった可愛らしい一面も見せてくれます。
魔術師エリシャのさいみん貸出奮闘記_愛情1 魔術師エリシャのさいみん貸出奮闘記_愛情2 魔術師エリシャのさいみん貸出奮闘記_愛情3 魔術師エリシャのさいみん貸出奮闘記_愛情4
▲性格もエッチをしても一途に主人公を思う心も可愛らしいエリシャ

主人公の目的は金稼ぎ、そのためには彼女の肉体を使うことが一番。エリシャを自分の精液便所兼金稼ぎの道具としか見ていません。ということでそんな彼女に(エッチなおねだりをされそうな)家庭教師をしたり、セクハラを働くことで有名な屋敷のメイドさん募集に応募してみたり。エリシャが汚されそうと思われるような仕事を敢えて行わせる寝取らせセクハライベント満載です。主人公はセクハラ系バイトだと気づいており、エリシャは気づかないまま仕事を開始、途中で違和感を感じるも主人公のために命令に従うというノリでエロイベが発生します。2段階目や中盤以降はあらかじめエッチなお仕事と分かっているものの主人公に命令されて仕方なく働くことに。終盤はある程度、主人公のために割り切ってエッチを仕掛けるようになります。
魔術師エリシャのさいみん貸出奮闘記_悲鳴
▲主人公の変態さを際立てるシーン。主人公はヒロインの報告によってオナニーで発散してしまいます。その時のエリシャのセリフ。ごもっともです。

1つ1つのイベントの作り方が丁寧。普段は主人公&エリシャパーティーですが、セクハライベント開始時はエリシャがパーティーから外れます。その後自宅に戻るとエリシャも帰宅して主人公の命令で報告タイム。歩行キャラの動きや場所移動なども混ぜながら回想エロシーンが展開します。最後に主人公が簡潔にまとめてエリシャが恥ずかしがる構成になっています。エリシャの恥辱を直接男主人公が聞くという2段構えのエロシチュ。
魔術師エリシャのさいみん貸出奮闘記_メイド2 魔術師エリシャのさいみん貸出奮闘記_メイド7 魔術師エリシャのさいみん貸出奮闘記_メイド3 魔術師エリシャのさいみん貸出奮闘記_メイド4
▲回想パートでは歩行キャラのイベントからエッチまでドラマイベント形式で進みます。
魔術師エリシャのさいみん貸出奮闘記_メイド5 魔術師エリシャのさいみん貸出奮闘記_メイド6
▲そして簡潔にまとめた内容にエリシャが悶絶するという組み合わせ。

魔術師エリシャのさいみん貸出奮闘記_危険信号1 魔術師エリシャのさいみん貸出奮闘記_危険信号2
▲エリシャが貞操を訴えるも主人公は「ばっちり抱かれてこい!」。基本的にこのノリがデフォです。

製品版以後もエッチな酒場やコンドーム販売などいくつかの単発、又は2段階差分のイベントが追加されます。エロの分量は少ないのですが、それでも実用性もある作品です。まず一見正常に見えるような催眠にかかった状態がデフォのエリシャそのものが珍しい題材であり、その題材を活かしたようなエリシャの心境を考慮してシチュを作られていること。そしてエッチの前フリからエッチの最中までエリシャの個性が立っているため没入感がありこと。最初は嫌々とアルバイトを行っていた彼女も終盤は「ご主人様の命令だから」を名目に精液とお金を吸い上げるキャラになります(でも性格はそこまで擦れていなくてエッチの時だけほんの少し変化する点がGood)
魔術師エリシャのさいみん貸出奮闘記_イベント1 魔術師エリシャのさいみん貸出奮闘記_イベント2 魔術師エリシャのさいみん貸出奮闘記_イベント3 魔術師エリシャのさいみん貸出奮闘記_イベント4
▲主人公の行動に振り回されながら、様々な表情を見せるエリシャ。

また、Jカップ巨乳を活かしたシーンも意識しており、パイずりなど巨乳を扱うシチュや巨乳を見せつける構図のCGなど美乳・巨乳好きには満足できるエロシーンかと。セクハラアルバイトで行ったシチュは後に自宅で主人公が命令して主人公×エリシャでも行うことが可能。。
魔術師エリシャのさいみん貸出奮闘記_おっぱい
▲見応えばっちり。

そしてイベントによっては新たな衣装を入手していつでも着れるようになります(ただ、エロ衣装を着てもNPCのセリフに変化は無かったかな)。

また、自宅内ではスキンシップを図って会話を行ったり、コミュニケーションを取ることが可能。会話は今までにクリアしたクエストの小ネタや彼女に纏わる設定話など。全般的に会話は自宅内・イベントなど含めて全てコミカルで面白いです。コミュニケーションでは今までエリシャが受けたセクハラと同シチュが選択できるようになっています(エリシャの報告で主人公が興味を持ったという設定)。
魔術師エリシャのさいみん貸出奮闘記_選択1 魔術師エリシャのさいみん貸出奮闘記_選択2 魔術師エリシャのさいみん貸出奮闘記_訪問販売1 魔術師エリシャのさいみん貸出奮闘記_訪問販売2 魔術師エリシャのさいみん貸出奮闘記_訪問販売3 魔術師エリシャのさいみん貸出奮闘記_訪問販売4
▲枕営業はセクハラアルバイトと同種ですが、二束三文の売れないアイテムに付加価値を付けてぼったくり値段で売るサービスです。そして、何度でも選択できるため金銭関係で困ることはありません。

同じ体位CGながらもセクハラアルバイトとは全く異なったシチュとなっています。主人公×エリシャシチュは主人公がエリシャを性欲処理目的で使うのに対し、エリシャは主人公好き好きオーラが全開で気持ちよいエッチを楽しめます。この時は客と違って主人公を慕っている状態のため、恥ずかしがりながらも積極的に受け入れるようなエッチを行います。そして事後のエリシャ心内も含めて可愛さが前面に出ているんですよね。なお、この自宅でのエッチはエリシャの服装が全てのCG差分に反映しています(CGは全ての衣装差分があり、代わりに表情差分が少なめです)。

そしてゲーム内のポイントはエリシャに仕事をさせる(エロイベを発生させる)とお金に困らないことでしょうか。敵から入手するゴールドは微々たるものですが仕事さえすれば装備の購入などは悩まずにすみます。むしろお金稼ぎが一つのテーマなので目に見えてお金がどんどん増えていくことを実感させるようなバランスにしたのかな。また、イベントが進むと町にあるカジノがオープンするのですが、ここでとある客にエリシャがパイズリ奉仕すると確率変動機を入手して実質カジノ景品が無料に。
魔術師エリシャのさいみん貸出奮闘記_カジノ
▲永久に当たりばかり出るスロットマシン。

RPG部分としては一攫千金を狙って古代遺跡を奥深く進むことになります。エリシャが主人公のエッチなアルバイト命令を聞きたくなくて積極的に違う方法で利益を得る手段として紹介します。また、近所にも森があり冒険者ギルドから依頼を受けてアイテム採取やボス討伐をすることも。戦闘の難易度は簡単です。たいてい1,2撃で勝負が付くスピード戦闘。古代遺跡は4,5階層ごとに計3体のボスがおり、1,2体目は倒すと町で新たなクエスト発生や仕事の段階差分、新規のお仕事が発生する仕組みとなっています。基本的にはエロのスパイスとして作られているため、簡単&サクサク進み金銭的に困ることもありません。敵からの逃亡もほぼ100%です。

クリアまで2時間30分ほど(うち、体験版部分が1時間30分ほど)。シーン数は15(段階差分を含んだ数)、基本CG枚数は体感7~10枚。購入の際は同価格帯の他ゲームと比べるとボリュームが少ない点には注意する必要がありますが、委員長タイプ・命令に逆らえない・寝取らせ風味(シチュは寝取らせだけど主人公がヒロインに好感を抱いていないので風味を付けました)という一風変わった組み合わせのニッチなシチュと個性豊かなエリシャとの会話は一見の価値があります。

購入はこちらから
DLSITE:魔術師エリシャのさいみん貸出奮闘記

DLSITE24時間ランキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする