天空神殿の機械姦自壊オナニー生活。(体験版簡易感想)

天空神殿の機械姦自壊オナニー生活。
天空神殿の機械姦自壊オナニー生活。[zerobyteorbit]

機械姦自壊オナニーシミュレーター第二段。自らオナニー器具を設置してオナニーしその様子を3Dリアルタイムとして眺めていき、オナニーで溜まるポイントを使用してさらにオナニー器具を解放していくゲームです。自壊オナニーと書いている通り、機械で拘束され気を失っても延々とオナニーが強制的に続くような機械姦オナニーがテーマ。

前作「地下迷宮の機械姦自壊オナニー生活。」は、「文明が滅びた町で退廃的に機械姦オナニーに明け暮れる」ことが目的でしたが、今回は「オナニーで溜まるエネルギーで世界を復活させる」目的がいちおうはあります。まあ、機械姦オナニーする言い訳ですが。

基本的には前作同様にベースの生贄祭壇(拘束機械)を設定した上で口、膣、肛門、胸、頭へ責めるピストンマシン、ふたなり用ペ〇スプラグ、寄生虫など器具の設定をします。そしてフリーモードを実行すると主人公ナギの体力が減少し、その他エッチな項目が上昇。同時に新たな器具を解放するためのポイントが溜まっていきます。全ての器具を解放して使用した時に、世界を救うヒントが見つかるかもしれない……となっています。

前作との違いは単純に器械や祭壇の数が増えており、様々なプレイができる点もありますが別にシステム関連でも2点ほど。1点はハードモード。これは自虐オナニーを極めるようなもので、体力が0になるまでプレイを辞めることができないモード。そしてもう一つが主観視点。ナギの視点になって自分を見下ろす形での映像になります。機械により常に揺れている箇所も再現されており、ナギになりきってのオナニーが捗りそうです。

また、今作はVRモードも搭載。新機能を活かせそうです。

DLSITE24時間ランキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする