-LOVE KNIGHT STORY-(体験版簡易感想)

-LOVE KNIGHT STORY-
-LOVE KNIGHT STORY-[ギンギラドット☆スター]

とてつもないドットアニメを製作するサークルの新作はソシャゲ風RPG。メインシナリオはWave制の戦闘、キャラはガチャで入手、キャラの愛情度を高めるとキャラシナリオが発生、レイドバトルあり、スタミナ消費制。戦闘はオートモードもあり。

あくまでオフラインのソシャゲ風であることを考慮してか、課金通貨はゴールドで購入できスタミナ回復も早め(1~2分で1回復してる?)。とにかく、このソシャゲ感というものが画面UIから操作手順、waveの移動など個人製作オフラインとしては初めてと言えるほど表に出ています。疑似とは言えレイドもまるで他プレイヤーと協力しているような感覚。ここまでソシャゲに似せたことは本当にすごいと思います。

が、やはり見るべきはドットとアニメーションを駆使した技術をこれでもかと披露している点。RPGツクールVX ACE製ですが、プレイするためにスタート画面を開くとそこはすでにアニメーションで驚くことでしょう。戦闘は本当にヌルヌル動くし、メニュー画面が全て刷新され編成・ガチャ・商品購入・シナリオ選択と全てが目を楽しませてくれるドットアニメの世界になります。

気になる点はシナリオ。オープニングで親を殺され復讐を誓うという描写がドットアニメと合わせて行われ、素直にすごいなと思いました。ただ、ゲームがはじまるとシナリオ関連がばっさり。オープニングで仲間になる御三家やガチャ産キャラの背景も無し。過去2作共に良質なシナリオを提供してきたサークルなので、戦闘だけのゲームだとは思えないのですが製品版以後かな。

体験版公開以後も発売まで定期的にクリスマスイベント、お正月イベントなど限定キャラを入手できる期間限定イベントまで開かれていました。これは復刻イベントという形で製品版には導入しているそうです。

DLSITE24時間ランキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする