JUNK-PUNK KNIGHTS(体験版簡易感想)


JUNK-PUNK KNIGHTS[HOTLINEしまへび]
オークにより蹂躙された王国の元騎士がレジスタンスとなって30日後に処刑される姫を助けるツクール製の戦略シミュレーションゲーム。フィールドで「情報収集」を行うことで敵の砦が判明し、「拠点襲撃」で判明している砦に攻め込むことのよって砦を守っている魔物と戦闘、勝利すると魔石を入手します。ただし、敗北するとリーダーが攫われて敗北凌辱シチュが発生、彼女は捕らわれたままになるので、魔石を使って救出作戦を行う必要があります。また、魔石を使うことで拠点施設の強化が可能で、例えば武器庫を解放すると敵への攻撃命中率が増加など明確なメリットがあります。そして、情報収取を繰り返すことで情報Lvが増加してさらなる砦が判明していきます。

戦闘は最大3人の騎士をメンバーに加えて行動開始。RPGツクールの戦闘では無く完全オリジナルです。味方共にライフは各キャラ3あり、敵の種類や数は砦によって変化。0にすると勝利。それぞれの騎士で個別のスキルを所持しており、ランダムでスキルが選ばれます(プレイヤーが選択できないので完全に運)。プレイヤーができることはスキルのターゲットを指定すること。

また、砦攻略後やターン経過で新たな騎士が仲間になることも。基本的に騎士は1ターンに1つのことにしか行動ができません。また、戦闘を行った騎士は次ターンの行動も不可です。他、セーブするにも魔石が必要なため、魔石の管理が非常に重要となります。一種のリソース管理ゲームに近いかな。このような状況で30日以内に姫の奪還を目指すことになります。

エッチは体験版内だと魔物やオークからの敗北強姦(体験版だと騎士が3人いますが、1人1人に別のCGやテキストが用意されています)、姫を裸体にしてオークによる町中歩行見世物プレイ。テキストは短め。ヘタウマ系ですが、CGが妙にエロくて好きな方は充分実用的かと。前作は凝ったシステムながら価格の割に分量が短かったため、今作がどうなるか心配している面もあるのですが、今作も凝ったシステムだけに気になっているゲームです。

DLSITE24時間ランキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする