常識改変して町を徘徊できる女主人公エロRPGまとめ

常識改変してエッチなことを無条件で実行してしまう女主人公、又は町が常識改変されており、どこか非現実な日常を見ることができるエロRPGをまとめました。

はじめに述べておくと、ニッチすぎたのか、この分野をテーマにしたエロRPGはほとんど無いことが判明した結果となりました。「プロナント・シンフォニー」も常識改変に当てはまりますが、町を徘徊しながらその変化を楽しむ催眠ものとはちょっと異なるので、今回は対象から省きました。また、未プレイですがPAPER HEARTSの「催眠文化祭へようこそ! ~狙われたお嬢様学園~」も常識改変に該当するかもしれません。この2作は除外したまとめになります。

なお、今回紹介するゲームは、常識改変をテーマとした作品ではありません。そのゲームのほんの一部分に常識改変が混じっているぐらいのゲームです。もし購入を検討する場合、プレイ時間のほんの一部分であることをご了承ください。

露出女騎士ウルリカ

露出女騎士ウルリカ
露出女騎士ウルリカ[みるきーうぇい]
露出の呪いにかかった女騎士が呪いを解くために世界を旅するRPG。恥辱、機械姦、セクハラ系など作者が好きなシチュを詰め込んでいるゲームだけど、その1つに常識改変催眠の町がある。あくまで複数ある街の一つなのでシーン数は5,6程度だったけど、それでも満足できる良さがあった。

町に入ると女性だけ、男の言うことになんでも従ってしまう催眠にかかってしまう。銭湯で女湯が壊れているから男湯でと言われれば男性と一緒に男湯に入る。

町の中に女性がいるのも特徴で、例えば少子化委員会という建物の受付で女性が「男性には街の外で勧誘をしてもらって、女性会員には無料でおまんこの貸出しをしてもらってるわ」など常識改変が当たり前で日常生活を送っている姿が伺える。

また、3作目の「AVない国のアリス -街と貧民街と淫魔の塔-」は街の一部に小さなスラムが存在するが、ここのシチュが丸々常識改変催眠関連の内容だ。本当に小さなスラムで、シチュ的にもウルリカの30%程度で男が数人いるのみの場所だが、気になる方はこちらもチェックを。

感想はこちら

【エロRPG感想】露出女騎士ウルリカ(製品版)
露出女騎士ウルリカ 「みるきーうぇい」さんはセクハラ・恥辱エロの街、常識改変催眠のスラム街、機械姦オンリーのダンジョンと3種のエロ...

WITCH ACT

WITCH ACT
WITCH ACT[クリメニア] (DMMはこちら)
クリメリアの3作目。ちょっと強気な魔法使い少女が冒険しながら、だんだん淫乱になっていくエロRPG。4つの町が舞台なのだが、一番最後の町が常識改変の町になっている。私が知る限り、エロRPGで初めて本格的に常識改変と町徘徊を組み合わせた例。昔にプレイしたゲームなので記憶違いがあるかもしれないが、主人公も常識改変している、主人公は常識改変していないけど、(主人公の)友人など他の女性は常識改変しているの2パターンが存在した覚えがある。

他にもクリメニアは、男主人公が女領主とその娘への常識改変催眠に特化した「催眠貴族」も発売している。こちらはピンポイントで2人に常識改変させ、町で露出させたりする。こちらはRPGというよりADVに近いスタイルのゲーム。

純情娘と小旅行

従順娘と小旅行
従順娘と小旅行[未確認飛行なまもの]
男主人公と女主人公の両立場から冒険するネトラレ風味なエロRPG(ネトラレというよりは浮気エッチゲームとも取れる)。女主人公の時、一番最後の町で一種のみ常識改変催眠のイベントがある(終盤)。

エロな神父が主人公を催眠にかけ、付近の町人へ性的奉仕させたり全裸で徘徊させるという内容。普通状態に戻った後、町人の言動が変化しており、それに首を傾げる主人公が描かれるなど、細かなところで常識改変の良さが出ている。

まりもエクステンション

まりもエクステンション
まりもエクステンション[どくりんごサワー]
マザーリスペクトなエロRPG。全て自作タイルを使用するなど世界観の作り込みがすごい。序盤、無防備にあるマンションに入ると、そのマンション主のことを敬愛しているよう常識改変させられる。マンションの住人全員がその状態のため、NPCと話すと「主への奉仕は私が一番」のような女の言葉での戦いがあるなど常識改変の異常さが出ている。また、2人パーティーなのだが、お互いに奉仕を協力しあうようなシチュもあり。

実は体験版でも確認できる範囲に含まれているエロなので、この部分のみに興味があるなら体験版をプレイすると半分以上の内容が楽しめる。(体験版だと最後までは見れないけど)。

アミィの催眠間違い探し

アミィの催眠間違い探し
アミィの催眠間違い探し[紅茶辣韭]
元気一杯の可愛い女の子が醜男に催眠をかけられる話。ノベル+パズル(超簡単な間違い探し)、時々短めの校舎を徘徊といったツクール製のADV。醜男に騙されて自らが暗示で催眠をかけるという設定でパズルの間違い探しは間違った(醜男が壊してほしいところ)を自ら壊すというシチュの変わりとして機能している。

間違い探しを進めるたびに主人公の常識がエロ系に変化していき、学内で暴走していく。この作者はとにかくテキストが上手。官能をくすぐる間合いの取り方、言葉使い、とにかくエロ系文章に関しては私が知るかぎりでもトップに位置する能力がある。常識改変の洗脳系としては、とても質が高い短編。

その弊害と言ってもいいかもしれないが、客観的に見るとだんだん不幸になる様子が粒さに分かり、ラストも悲惨さが伝わってくるため、バッドエンドが駄目な場合はプレイを控えた方がよい。

感想はこちら

【エロADV感想】アミィの催眠間違い探し(製品版)
エロADV「アミィの催眠間違い探し」の製品版感想です。特徴「女の子が自らの心を改変していく間違い探し」「眠っている主人公に対して行われるセクハラ」「セックス = 訓練? 常識改変された主人公の異常な日常」「百合、逆レイプ、NTR……催眠姦に関係のないシチュもマニアックな高品質さ」女の子が催眠によって堕ちていく様をじっくりネットリ描いたゲームです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

『常識改変して町を徘徊できる女主人公エロRPGまとめ』へのコメント

  1. 名前:匿名 投稿日:2017/07/12(水) 09:15:38 ID:5a7e15e26 返信

    やっぱ露出するにしても恥じらいが無いとエロさが感じられないんだよなぁ

    • 名前:さたける 投稿日:2017/07/12(水) 09:41:55 ID:7345ec53a 返信

      常識改変がニッチな理由は、頂いたコメントに集約されそう。
      露出+常識改変は、「恥じらいを感じない異常」がシコるポイントなので、露出好きとは正反対の嗜好です。

      反対に、単純な露出は、人に見られるか分からずドキドキする行動そのものがエロく感じるので、コメントの通り恥じらいが一番大事なポイントだと思います。