売春宿の店主ジョディ(体験版簡易感想)

売春宿の店主ジョディ
売春宿の店主ジョディ[しょく] (DMMはこちら)
いつも冒険系の女主人公RPGを製作してきたしょくとしては珍しい売春宿経営もの。システムは「ディリア戦記」を継承しており冒険もののシステムを売春系で流用したような感じのゲーム。

老舗の売春宿を引き継いだ主人公ジョディですが、店員は店長である主人公(魔王の血がほんの少し流れておりステータスが高い)とヴァンパイアの副店長のみ。彼女は売春宿の従業員を集めて店の運営をはじめます。ちなみに魔物娘系統のゲームではありません。主人公も副店長も外観は人間です。ジョディの笑っている立ち絵がなんとも言えないコミカルさを出していますが、実際のゲームも真面目な売春ストーリーなのにどことなくコミカルさがあります。

従業員の集め方は体験版では2種類提示されており、奴隷商から奴隷を購入、又はモグリ(国家に無断で営業)の売春宿を摘発してそのまま主人公のものにすること。後者の場合はフィールドを進んで売春宿ダンジョンで敵と戦う日露があるためレベルもそれなりに必要です。主要キャラが仲間になることもあればランダム娼婦が仲間になることも。1日睡眠をとると娼婦の数(おそらく技術度なども考慮して)によってお金を入手することが可能。ただし、90日間の日数制限があります。

主要キャラ6名(体験版ではヴァンパイアの副店長と奴隷売買で仲間になるウェイトレスの娘の2名のみ)にはそれぞれ稼いだ金額、淫乱度、出産回数、本番技術度などのエッチステータスがあります。また、6名以外は元町娘、元少女兵士、元メイド少女、元アサシン少女、元教師、元シスターと6タイプ別にそれぞれ稼いだ金額などのステータスがあります。ジョディに関しては世間の評価や露出壁・処女膜などさらに詳しい項目も。ウェイトレス娘については処女膜売買の相手を主人公が見繕ったり(なんと相手の予定はウェイトレス娘を奴隷に落とした店長)とそれぞれで固有のイベントがありそうです。

雑魚戦は敵に触れるだけの1瞬勝負、ボス戦のみ高速戦闘のエンカウント、ダンジョンは1フロアマップ、フィールドも簡易的でありエロRPGとしてはとても快適です。エロ敵の場合はハートマークを付けており接触するとエロが発生、その後は淫乱度が増えてそのまま敵を倒します。

主人公に関しては凌辱自由ルート、処女ルート、完全清楚ルートを初回に選択可能。その他エンディングに関しては国王即位、魔王転身ルートがあり、売春経営からどのように国王や魔王に職チェンジするのかは気になるところ。サブキャラについては処女クリアでなんらかのエンディングが解放されるようです。

エッチに関しては相変わらずのしょくクオリティですが、ちょっと構図に変化があり下品さが若干マイルドになり万人向けになっています。また、序盤で仲間になるキャラは全員ロリ系です(紹介文によると美人系が3人いるとのことですが)。テキスト関係は少なめでアニメーションに力を入れています。身体全体が動くシチュではお尻や胸の動きをより強調させ、ピストン関連は中速度と高速度を採用しています。一部分がゆっくり動いたり選択肢によっては高速にピストンしたり。そしてゲームプレイ中、小まめにエッチシーンが挿入されます。主人公は基本的にハ-トマークのモンスター姦なので売春があるのかは不明。変わりにサブキャラ達は基本的に売春オンリーでした。

DLSITE24時間ランキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする