淫層の洞窟(体験版簡易感想)


淫層の洞窟[URURUC]

ダンジョンにお宝を探しに来た女冒険者が主人公。ところがダンジョン内は男ばかり、原因はダンジョン内のエロトラップでした。主人公はエロトラップに負けることなくダンジョンを突き進みます。WWAパズルを採用したダンジョンのエロRPGです(WWAの解説は控えます)。ウディタ製WWAエロRPGも増えてきましたが、本作はその中でもエロさがしっかり表現できている作品かなと。

イージー・ノーマル・ハード・製作者向けの4難易度を選べておりイージーは適当プレイでもクリアできるほど簡単、逆にハードは軽くプレイしただけでは悩む箇所が何度もでてきます。(まだちゃんとした難易度は未調整とのこと)。

特殊なルールとしては鍵は数値で扱い数値以上だと数値を使用して開けることが可能。また、攻撃すると回数分のEXポイントがたまり、100回になると追加攻撃できる仕様になっています。つまり追加攻撃発生時は1ターンに受けるダメージが大きい相手と戦うとお得ということですね。

もう一点ダンジョンにエロトラップが仕掛けられており、その場所を通るとエロイベントと同時にHPの代わりに淫値が上昇します。触手拘束やスライム乳首いじりなどを確認。それぞれ2段階の段階差分になっています。もしかしたら淫値によってさらなる段階があるかもしれませんが体験版では確認できず。またエロトラップとは別に対人イベントも存在します。体験版では穴に突き落とされて睡眠姦されるイベントがありました。凡用のエロトラップだと淫値上昇が少なめですが、このイベントは25(つまり1/4)も持ってかれます。その代わり凡用エロトラップはその場所が通れるようになるだけなのに対して、ステータスアップや鍵など褒美も沢山。

つまり淫値上昇イベントは大きければ大きいほど、報酬が良くなるお助け措置となっているわけです。しかし淫値が100になるとゲームオーバーとのこと。ただしEasyの場合は救済措置あり。エロ系発生有無に対しても既存システム同様にジレンマと戦うWWAらしいゲームになりそうです。一点だけ懸念点があるとすればエロ系がゲーム攻略の面ではデメリットしかないため、エロを発生させながらプレイできるのかという問題があります。ノーマル以降のプレイ感触だとジレンマからHP消費を避けるため見ざるを得ないようなバランスに感じましたが。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする