【エロRPGレビュー】淫魔ふれーばーダンジョン(体験版)

淫魔ふれーばーダンジョン
淫魔ふれーばーダンジョン[ばおばぶ]
発情期に入った獣人に逆レイプされる女性上位系エロRPG「発情ふれーばークエスト」。簡単でサクサクだけど正統派RPGのような冒険ができます。世界観もライトで会話のノリもライト。エッチは戦闘敗北で獣人と、村や町でのイベントで町の娘達と完全女性上位でいじられる連続射精系、女の子の言葉攻めが簡単な言葉なのに容赦無いので、その系のシチュが好きならばしっかり楽しめるRPGでした。

本作「淫魔ふれーばーダンジョン」は獣人の代わりに淫魔に犯されるエロRPGです。ライトなノリや戦闘敗北エロのノリなどは前作を完全に踏襲しつつ、小じんまりした一つの村とダンジョンが舞台になります。ただ、回想数に関して言えば前作程度があるため、町系は1キャラで複数のシチュがあることが想像できますし、冒険関係を薄くしたため逆に密度の濃い会話が楽しめそうな仕様です。

とことん前向き、ポジティブなフェアリーと町の人々達

スクショ映えしないゲームで、一見するとウディタの基本機能やデフォの素材に頼った凡作RPGに見えます。ところが遊ぶと村人との会話やエロシーンの責め具合など細部が丁寧に作られており、ガラリと印象が変化するライトM連続射精嗜好向けの良作RPGです。

旅人の主人公は淫魔に犯されているところをフェアリーに助け出され、村の宿で目覚めたところからはじまります。この世界の淫魔はダンジョンが住処で、男を麻痺化してから搾り取り、命は奪わずダンジョンの外に返します。そのため、淫魔に絞られるためにダンジョンに入る男が多数、だけど麻痺化するためダンジョンの探索ができず。そのため、たまたまフェアリーの加護(淫魔の麻痺弱体化)を受けた主人公がダンジョンを探索することになります。

淫魔ふれーばーダンジョン_オープニング1 淫魔ふれーばーダンジョン_オープニング2 淫魔ふれーばーダンジョン_オープニング3 淫魔ふれーばーダンジョン_オープニング4

▲いきなり強制敗北の逆レイプから始まるオープニング

こういう設定なので、淫魔に犯される場合は徹底的な連続射精、だけどそれは男も淫魔もwinwinみたいな関係がゲーム内で出来上がっている点が特色です。
淫魔ふれーばーダンジョン_自ら1 淫魔ふれーばーダンジョン_自ら2
▲ちょっと甘々な設定の淫魔もいいですよね。

1つの村とダンジョンを行き来する構造ですが、この村の人達がとにかくポジティブ。NPCから立ち絵有りのキャラまで性格が前向きで、村人全員仲良しの如く協力体制があり、会話も明るめの話題ばかり。プレイしていてにっこりします。立ち絵有りのキャラは宿屋の娘、道具屋の女主人、鍛冶屋の女性、ホームレス孤児の少女。全員いい子でノリが良く気持ちいいキャラばかりです。
淫魔ふれーばーダンジョン_サブキャラ1 淫魔ふれーばーダンジョン_サブキャラ2 淫魔ふれーばーダンジョン_サブキャラ3
▲笑顔が可愛い

淫魔ふれーばーダンジョン_サブキャラ4 淫魔ふれーばーダンジョン_サブキャラ5
▲そしてロリっ娘も。本作の世界観だと彼女達も積極的に主人公を絞ろうとする展開があるはず。

主人公は個性無し無口系ですが、代わりに付き添っているフェアリーが村人との会話からナビゲーターの役割までよく喋ります。おそらく終始フェアリーが会話に参加するのでこの子を好きになれるかはゲームの楽しさを決める一因になりそうです。

NPC達と会話する楽しさはRPGとして重要要素だと思っていますが、本作はその点をとても重視している気配があります。様々な個性を持ったサブキャラやNPCとフェアリーの「会話のキャッチボール」が心地良く、全員に話しかけるのが楽しい系統のRPGです。また、同じ人に連続で話しかけると、会話の内容も2,3度変化します。基本的にどの会話もキャラやゲーム内の社会性を生かしたコメディちっくな内容です。
淫魔ふれーばーダンジョン_会話1 淫魔ふれーばーダンジョン_会話2 淫魔ふれーばーダンジョン_会話3 淫魔ふれーばーダンジョン_会話4
▲補足:3,4枚目は子供を守るために武装しなきゃと言った主婦に対してのコメント。彼女の会話も変化しますが、毎回主婦に必要なの?と思うスキルを求めています。

ここまでは前作プレイ者なら想像が付く範囲なのですが、実は今作の場合、1つの村に限定したことでシナリオ進行に従った会話内容の変化が長所として取り上げられます。体験版範囲では初めて村を訪れた時と一度ダンジョン攻略後の1回会話が変化します。前作は複数の村町があり、適度にゲームを進めて1,2回変化する程度ですが、今回は体験版の段階で変化しています。おそらく製品版は、頻繁に会話が変化するゲームになるのではと思っています。

町の中やダンジョン入口前は不自然な空き地があり、シナリオ進行と共に何らか新たな施設が立ちそうですし、村の鍛冶屋、道具屋の品揃えも変化します。つまり、村は一つですが、施設の拡張や、会話・立場の変化があるゲームになりそうです。

また、クエストシステムがあり、体験版では2種の受注が可能です。どちらも、依頼を受ける→依頼人と会話(立ち絵あり村人女性)→洞窟で会話有りイベント(戦闘有り)→依頼人にアイテムを渡し報酬を受け取りクリアの流れです。つまりどちらもしっかりしたイベントがあったことです。そして嬉しいことに報酬は片方がその時点で最強の武器、片方がヒールとエッチ。前作の傾向を考慮すると、町の女性とのエロも基本的には女性上位オンリーのはずです。
淫魔ふれーばーダンジョン_クエスト1 淫魔ふれーばーダンジョン_クエスト2 淫魔ふれーばーダンジョン_クエスト4 淫魔ふれーばーダンジョン_クエスト5
▲クエストで発生する会話はどれも面白かったです。錬金素材の収集クエストでしたが、あと素材に精液が必要なので、フェアリーに隠れて依頼人は主人公のチンコをシコシコ。一度出してもご褒美に数回シコシコ。

ダンジョンは淫魔の住処、逆レイプしてもらおう

ダンジョンは淫魔の住処です。人間を見たら、性的な食事タイムなので襲ってきますが、一部会話できる淫魔がおり、生活感が漂っています。町と同様に初回の侵入と翌日の侵入で会話が変化し、淫魔の考え方もエッチして気持ち良くなろうと軽く考え、ポジティブさが目立ちます。町と同様ですが、この元気になるようなポジティブさはサークルの特色です。
淫魔ふれーばーダンジョン_淫魔1 淫魔ふれーばーダンジョン_淫魔2 淫魔ふれーばーダンジョン_淫魔3 淫魔ふれーばーダンジョン_淫魔4
▲可愛い淫魔達。彼女達の会話も癒されます。

1階層に住んでいる淫魔はピクシー、インプ、シープ、そしてボス(体験版では対戦不可)。イベントで襲ってくる時もあれば、基本はランダムエンカウントです。雑魚戦は100%逃走可能。戦闘中も淫魔はキスなどエロ攻撃をカットインと共に行いますが、エロ関係は敗北後が本番。
淫魔ふれーばーダンジョン_バトル1 淫魔ふれーばーダンジョン_バトル2
▲ダメージを半分与えると敵立ち絵に怪我のイラストが。可愛い。

敗北時、ピクシーは小さな身体でチンポにまとわりつき、インプ、シープは手コキでした。主人公がエッチに反応しちゃうのを見て、言葉攻めでさらに恥辱を与えながら射精させます。そして射精後も「もっと気持ち良くなりたいでしょー」と言って何度も何度も。最後に気絶するとダンジョンの外で目を覚まします。
淫魔ふれーばーダンジョン_敗北エロ1 淫魔ふれーばーダンジョン_敗北エロ2 淫魔ふれーばーダンジョン_敗北エロ3 淫魔ふれーばーダンジョン_敗北エロ4
▲敗北エロは淫魔のセリフオンリーで言葉責めされながら生かされます。難しい言葉を使わず精神年齢が低そうな淫魔に無理矢理レイプされているような感覚を意識してテキストを書いています。

また、上記で紹介した収集クエストでは淫魔の生活感を活かしたようなイベントが発生。ある意味、町の生活と淫魔を結び付ける役割がクエストかなと想像。それぞれピクシー、インプと戦闘になりますが、ここで敗北した場合、通常エンカウントとは異なるエロが発生。ピクシーだと3匹が同時にチンポに群がる妖精コキ、そしてインプは素股(同じ淫魔で異なる敗北シチュを作る手段としてクエストを考えたのかな?)。
淫魔ふれーばーダンジョン_フェアリーとピクシー1 淫魔ふれーばーダンジョン_フェアリーとピクシー2 淫魔ふれーばーダンジョン_フェアリーとピクシー3 淫魔ふれーばーダンジョン_フェアリーとピクシー4
▲フェアリーであることに誇りを持つリエットとピクシー3匹との会話。こういうやり取りが面白い。

体験版はボス戦直前で終了ですが、各階に住む淫魔でそれぞれの生活がありそうで、淫魔の生態を眺めるのも面白そうでした。(そしてくどいけど、これも前作の踏襲。前作はダンジョン毎に生活感と生態がありました。)

あと、体験版では詳細不明ですが、ダンジョンに鳥居があり、くぐると不思議な場所へ。そこには何故か二人の女性が暮らしています。

淫魔ふれーばーダンジョン_鳥居1 淫魔ふれーばーダンジョン_鳥居2
▲ここが何かは不明ですが、とりあえず彼女達も主人公と女性上位セックスするんでしょうね。

回想は淫魔38と町19の計57。ポジティブな村人、淫魔と会話しながら女性上位オンリーエッチを楽しめるゲー、ムです。雰囲気は完全に前作を踏襲しているため、前作でファンの方は安心できる作品だと思います。基本的な違いは世界各地のフィールド移動がない代わりに町の人達との交流に重点を置いてそうなことですね。また、ライトな女性上位連続射精系シチュが好きな方は前作と合わせてチェックしても良いゲームかと思います。

なお、執筆時点で前作「発情ふれーばークエスト」は半額セール中です。

購入はこちらから
DLSITE:

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする