狐姫(体験版簡易感想)


狐姫[TOFU SOFT]

これまた、とてつも無いリアルタイム3D作品が来たなと。とある温泉旅館にいる狐の神様を助けたことにより、彼女は自分の身体に主人公の好きな女の子を口寄せするというストーリー。2人の女の子と狐の神様3人のメインストーリーがあります。体験版では1人目女の子のストーリーを半分までプレイ可能。口寄せされた女の子は出来事を夢と思っています。性に興味があるお年頃であるためか主人公のチンポに興味を持って……という内容で手コキからフェラまでを行っています。

体験版のメインストーリーそのものは5~10分ほどで終わるので、本編も30分ぐらいかな。ゲームだと考えると少なめですが、動画作品と考えると妥当な分量。3D技術の凄さを考えると価格にもよりますが悪くないものかと。

今作ですごいのはアドベンチャーノベル形式を取りながらも背景の3Dの視点を自由に変更可能なこと。狐娘が喋っている間(フルボイス)、マウスを上下左右に動かすと画面がその方向に移動します。つまり相手が喋っている間、胸を見ていたり、はたまた画面を下げてお股を眺めたりすることが自由に行えます。疑似VRプレイをしているような感覚。これ、たぶんVR対応も行うのでは?

さて、本編とは別に素晴らしいのはフリーモード。猫娘の姿をカスタマイズで好きなように変更可能で水着、下着、衣装、アクセサリなどの着るもの以外に、おっぱいの大きさ、乳首の大きさ、乳首の色、おっぱい・お腹の揺れ、髪形や色、瞳などを変更可能。おっぱいはどれだけ最大にしてもせいぜいBカップで貧乳の範囲で自由に変更可能というこだわり。

このカスタマイズしたキャラを使って浴場内のお散歩とエッチなポーズを取ることができるモードがあります。温泉内でキラキラ光る場所を見つけるとそこはスポット。綺麗な風景の中で狐娘がポーズを取ります。解放されたポーズから好きなポーズを選択して、好きな視点を探します。ストーリーモードとは違い上下左右だけでなく視点中心位置なども移動できるので、こだわりのポーズを探すことができます。そして写真機能。

体験版にはありませんんが、フリーエッチモードも搭載される模様。製品版プレイ予定。

DLSITE24時間ランキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする